3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

みずいろの雨 


 

 みずいろの雨 歌手:八神純子 作詞:三浦徳子

 歌詞はこちらで。

 1978年9月リリース、八神純子5枚目のシングル。シングルセールス60万枚で彼女をメジャーへと押し上げました。

 スティービーワンダーを意識したであろう躍動感のある16ビートとサンバホイッスル。これが切ない歌詞とは不釣り合いと思いきや、聴きこんでいると不思議な事に曲の主人公の女性の鼓動に感じてくるのです。

 八神純子の緩急をつけた歌唱力のなせる技だと思います。恐らく彼女以外の人間には歌いこなせない曲ではないでしょうか。

みずいろの雨

 16ビートのリズムが主人公の女性の激しい鼓動に感じると書きましたが、彼女が今相当なプレッシャーに晒されているからです。それが分かるのが1コーラス目のAメロ部分。

やさしい人ね あなたって人は 見ないふりしていたの 私のあやまち

ひとときの気まぐれ 通りすぎるまで 忘れてよ 忘れてよ 愛したことなど

 「私のあやまち」…彼女は恋人を裏切ってしまったのでしょう。「ひとときの気まぐれ」という様に、つい魔が差した浮気だと思われます。それを見ないふりしてくれた彼。その優しさが彼女にとってのプレッシャーになっているのではないでしょうか。

 その彼の態度を彼女はどうしても受け入れる事ができなかった。それが分かるのが2コーラス目のAメロです。

とがめる言葉なら素直に聞けたわ ほほえんでいただけのなつかしい日々

傷ついたその分 淋しい目をしてた もどれない もどれない あの日の二人には

 見ないふりをする彼の優しさに対して、逆ギレしてしまったのではないでしょうか。むしろ彼女にとっては責められた方が気分的に楽だったのでしょう。何も言わないその態度は、返って彼を傷つけてしまったことが浮き彫りにされて彼女を苦しめているように見えます。


 あやまちを犯した彼女を責めない優しい彼。表面上はそう感じても、実はもっと根深いものがあるのではないでしょうか。

 この彼はあえて何も言わない事で、彼女が自責の念に駆られるように追い詰めているようにも見えます。優しいようで実は物凄く冷酷な男性ではないかと思うのです。

 彼女はその事に気づいていて、もがき苦しんでいます。それこそが彼女のハートを16ビートのリズムのように激しく揺り動かしているプレッシャーの正体なのでしょう。


 彼女の肩に降り続く雨は一見ピュアなみずいろに見えても、降り続くうちに体を冷やし、心の結界をも崩してしまう怖さを秘めています。表面的に優しく見える彼も心の奥に同じような怖さを秘めている事を彼女は分かっているのです。


 実は男女間の怖い駆け引きを綴った歌詞であるという解釈ですが、考えすぎでしょうか。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: みずいろの雨  八神純子  三浦徳子  あやまち  浮気  優しさ  冷酷 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

真夜中のドア 〜Stay With Me 


 

 真夜中のドアStay With Me 歌手:松原みき 作詞:三浦徳子

 歌詞はこちらで。

 1979年11月リリース、松原みきのデビューシングル。16ビートのアレンジが格好いい、30年以上経った今でも古さを感じさせないナンバーです。

 真夜中のドアという想像を掻き立てられるタイトル。それに並列されたStay With Me(行かないで)。メインタイトルでクールさにこだわる分、サブタイトルが主人公の本音を表現していると思われます。

真夜中のドア

 舞台は3つの時(とき)が登場します。時系列順に並べると

 ① 真夜中のドアをたたき 帰らないでと泣いた昔

 ② 私は私 貴方は貴方と言っていた昨日

 ③ ショーウィンドウに二人映った今

 これらを頭に入れて、推測していきたいと思います。


 偶然、元彼と街角で再会した女性。③の部分ですね。その時、彼女の心にある想いがフラッシュバックしてくるのです。

 グレイのジャケットに見覚えのあるコーヒーのしみ

 この文体だと見覚えのあるのはグレイのジャケットではなく、コーヒーの染みのほう。二人の間で印象的な出来事が起こった時に出来た染みだからでしょう。

 サビにある帰らないでと泣いた時に、こぼしてしまったコーヒーが付けた染みのような気がします。だから彼女はその染みを見た瞬間、①の記憶が一気に蘇ってきます。

 しかし、彼女は①の記憶を無様で格好悪いものだったと思っていました。それが分かるのが②の昨日の出来事。

 私は私 貴方は貴方と 昨日言ってたそんな気もするわ

 感情的だった①の自分を否定するように、冷静な自分を演出する②の彼女。でも「そんな気がするわ」と言ってしまう程、蘇ってきた想いは熱かったのです。

 それが分かるフレーズは曲のあちこちに登場します。

 二人の瞬間を抱いて まだ忘れず 大事にしていた

 ふり返ればいつもそこに 貴方を感じていたの

 二人の瞬間を抱いて まだ忘れず 暖めていた


 ①から③の時系列の間、彼女の中にあった本音はサブタイトルのStay With Meであり、それは簡単には封印できるものではないですね。


 クールでお洒落な雰囲気と熱い情熱が同居した名曲だと思います。

 亡くなられて今年で10年。動画サイト等で見ることができる松原みきさんは本当に美人ですね。


 

ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 真夜中のドア    Stay  With  Me  松原みき  三浦徳子 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。