3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


銀の龍の背に乗って 


 

 銀の龍の背に乗って 歌手:中島みゆき 作詞:中島みゆき

 歌詞はこちらで。

 2003年7月リリース、中島みゆき38枚目のシングル。フジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」(第1、第2シリーズ)の主題歌。

 印象的なイントロを聴くと今でもドラマのシーンが頭の中に浮かんできて涙腺がウルウルしそうになります(笑)

銀の龍の背に乗って

 歌詞に登場する主人公は、自分の未熟さ・非力さを嘆きもがいています。そんな今日までの自分と決別し、明日からは勇気を持って動いていこうという決意の歌だと解釈できます。

 夢が迎えに来てくれるまで 震えて待ってるだけだった昨日

 明日 僕はの足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」


 主人公は常に受身だったのですね。何かトラブルが起こっても、誰かが解決してくれるのを待つだけの存在だったのでしょう。

 歌詞に登場するは、主人公の中に眠っている「勇気」を象徴しているのではないでしょうか。に「さあ、行こうぜ」と声を掛けるのは、降りかかった問題に自ら立ち向かう為の決意の表れだと思います。


 では、主人公に決意をさせたのは一体何だったのか?それは歌詞の冒頭にあります。

 あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷(いた)んでいる

 苦しんで主人公へ助けを求めている人がいたのです。人は誰かに必要とされて、自分の存在価値を見出す場合があります。主人公もきっとそれが眠っていた勇気を目覚めさせるきっかけになったのでしょう。


 急げ悲しみ 翼に変われ 急げ傷跡 羅針盤になれ

 助けを求めている人の苦しみが、主人公を飛び立たせる翼になり、方向性を決める羅針盤になったのですね。


 それでもまだまだ未熟な主人公。

 わたボコリみたいな翼でも 木の芽みたいな頼りない爪でも

 明日 僕はの足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」


 翼も爪も龍としての体をなしているとは言えません。それでもやると決めたらやらにゃいかん(笑)勇気を振り絞って「さあ、行こうぜ」と声を掛ける主人公なのです。


 この主人公の姿を自分に置き換えてみると、共感できる部分が多いと思います。最初から強い人間なんて存在しません。誰しも不安と戦いながら、若干の虚勢を張って生きているのではないでしょうか。

 プラス、困難に遭遇して痛みを体験するからこそ人に優しくできるのです。その人間の本質を指摘したフレーズが2コーラス目のAメロにあります。

 柔らかな皮膚しかない理由(わけ)は 人が人の痛みを聴くためだ

 柔らかな皮膚=弱い存在なのは人の苦しみ・悲しみを理解する為なのです。

 説得力がある奥深いフレーズだと思います。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 銀の龍の背に乗って  中島みゆき    勇気  非力  未熟 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク