3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


雨のハイウェイ 


 

 雨のハイウェイ 歌手:原田真二&クライシス 作詞:松本隆


 歌詞はこちらで。

 1983年5月リリース、原田真二14枚目のシングル。矢沢永吉のナンバーに同名タイトルがありますが、個人的にはこちらの曲の方が好きです。

雨のハイウェイ

  以前、『てぃーんずぶるーす』の記事でも書きましたが、原田真二は吉田拓郎、鈴木茂、松本隆という70年代を彩ったミュージシャン達が80年代への橋渡しとして送り出したアーティストではないかと思います。


 現に、原田真二はそれまではアイドルと演歌ばかりだった歌番組に積極的に出演し、ロック系のアーティストの居場所を作りました。『ロック御三家』と言われたChar、ツイストらとの活躍が、サザンオールスターズへと続き、ライブ活動が中心だった甲斐バンドや柳ジョージ、更にオフコースやチューリップらもお茶の間に引っ張り出したのではないかと。


 大げさに言えば『ニューミュージック』というジャンルを確立させるキッカケを作った存在のような気がします。しかし時代が早すぎたのでしょうか。もっと評価されていいアーティストではないでしょうか。



 話がそれましたが、この曲は原田真二のトリプルデビュー曲以来の松本隆作品。当時ブームだったシンセサイザーを駆使したアレンジの中に、琴の音を彷彿させるような和のテイストが織り込められたナンバーです。


 遠く離れた恋人の様子が気にかかり、夜中に車を飛ばして駆けつけようとしてる男の心情を綴った歌詞になっています。


 『雨のハイウェイ』のタイトル通りにどしゃぶりの高速道路。しかも真夜中。運転席に座る彼はかなり視野が狭い事でしょう。


倖せと不倖せは 二車線の道なのさ 時だけがぼくの中を 矢のように追い越すよ


 1コーラス目のBメロです。目の前に続く二車線が彼の目には幸せ・不幸せという人生の二つの道に見えるのでしょう。ハンドルの切り方(自分の意志)ひとつで、コースは変更できます。どちらに進むか迷う間に追い越していく後続車。これが彼には『時』という待ってくれない存在に感じられたのかもしれませんね。



トラックの水煙りが ガラスを叩いても アクセルはゆるめないよ 笑顔にふれるまでは


  2コーラス目のAメロです。隣の車線から飛んでくるトラックの水煙り。視界を遮るやっかいな存在です。今の二人は遠距離恋愛だと思われます。サビの部分には二人で暮らしてた町に夜が明けるというフレーズがある事から、過去には一緒に住んでいたのに、何らかの障害があって今は離れ離れになっているのでしょう。その障害をトラックの水煙りに喩えているのではないでしょうか。今の彼には、それらを退ける強い心が感じられます。


 閉鎖された運転席と、目に映るわずかばかりの風景。そのシチュエーションをフルに使って、彼と彼女が置かれた状況を描く様は見事としか言いようがありません。正に松本隆マジックです。


 もし君を失うなら生きる価値さえない と繰り返す彼。果たして彼女の元へ辿り着いて、無事に夜明けを迎える事ができたのでしょうか。




雨のHigh Way /原田真二 投稿者 fight1960


 

ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 雨のハイウェイ  原田真二  松本隆 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

てぃーんずぶるーす 


 

 てぃーんずぶるーす 歌手:原田真二 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

てぃーんずぶるーす

 1977年10月にリリースされた原田真二のデビューシングル。フォーライフレコードの新人オーディションで、吉田拓郎に見いだされた彼は、この曲も含め「キャンディ」「シャドーボクサー」の3曲を1ヶ月毎にリリースする「トリプルデビュー」で颯爽と登場しました。

 作詞:松本隆、アレンジ:鈴木茂、プロデュース:吉田拓郎という70年代を代表するミュージシャン達が、80年代への橋渡しとして原田真二を送り出したという感じでしょうか。

 ポール・マッカートニーやエルトン・ジョンを彷彿させる洋楽っぽいメロディー、ベビーフェイス、ハイトーンのボーカル等、新しい時代を予感させるミュージシャンでした。

 元々この曲は原田真二自身がデビュー前に書いた社会派のメッセージ色が強い詞があったそうです。しかし、商業ベースに乗りにくいだろうという事で、松本隆の詞を採用したという経緯があります。

 10代の若者の繊細な心情を綴った歌詞になっています。

 「ブルース」とは昔のアメリカで奴隷として作業していた黒人たちが歌っていた歌で、「ブルー」な気持ちを歌ったものの総称です。

 そのように重い背景とまでは行かなくとも、10代の淡く、悲しい気持ちを表すために平仮名で「ぶるーす」と表したのでしょう。


 駅に走る道はで 川のように僕のズックはびしょぬれ

 ぬれた踏切から見たよ 汽車の窓に流れる君を探して

 の中を駅へ走る主人公の少年。そして、彼の目の前の踏み切りを通過する汽車。その窓に恋人の姿を探します。

 恋人は街を離れる為に汽車に乗っていたのでしょう。少年はそれを引き留めようと駅へ向かったのに間に合わなかったのです。


 冷たいレールに耳あてれば ふたりの秋が遠ざかる 泣いてる君はぶるーす

 汽車が通過した余韻を確認するかのように、レールに耳をあてる少年。恐らく季節は冬に入る頃なのでしょうか。そして汽車と共に遠ざかる二人で過ごした秋の思い出。


 
 2コーラス目で恋人が街を離れた理由が明かされます。

 みんな軽々しく愛を口にしても 君は違うと信じた

 なのに君は僕の手より 座り心地のいい倖せ選んだ

 少年にはきっと理想があったのでしょう。愛は軽々しく口にするものではないと。でも恋人にはそれが理解できなかった。ちゃんと「好き」という感情を言葉に出してほしかったのかもしれません。

 すれ違ってしまっていた二人の心。そんな時に恋人の前に新しい存在が出現したのでしょうか。それが異性だったのか、仕事だったのかは分かりませんが、彼女は街を出る事を決意したのです。


 都会が君を変えてしまう 造花のように美しく 渇いた君はぶるーす

 「自分の元を離れた恋人は変わってしまうだろう。それも見た目は美しくても、心が無い渇いた造花のように」 少年はそう思っています。今の彼は恋人の取った行動が間違いであると信じて疑わないのかもしれません。


 誰も知っちゃないさ 若さ それがこんな傷つきやすいものだと それがこんな壊れやすいものだと

 自分の信念を彼女に理解させられなかった「若さ」、自分の気持ちを分からないまま街を飛び出した彼女の「若さ」、すれ違いを修復できなかった二人の「若さ」。すべては未熟で壊れやすい、ガラス細工のようなものなのです。


 僕は愛に背中向ける 伏せ目がちのジェームス・ディーンまねながら

 それが僕のぶるーす

 ジェームス・ディーンは「若さ」「未熟さ」「繊細さ」を象徴するような俳優だと思います。ここで彼の名前を出す事で、少年の今の心情を分かりやすく聴き手に伝えています。

 それからジェームス・ディーンには「反体制的」というイメージもあります。元々、メッセージ色の強い歌詞を書いていた原田真二への松本隆の気遣いなのかもしれません。



category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: てぃーんずぶるーす  原田真二  松本隆  吉田拓郎  踏切    ジェームス・ディーン 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク