3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

夏のクラクション 


 

 夏のクラクション 歌手:稲垣潤一 作詞:売野雅勇

 歌詞はこちらで。

 1983年7月リリース、稲垣潤一5枚目のシングル。ボーカルと掛け合うようなピアノの音とコーラスのハーモニーが印象的なナンバーです。目を閉じて聴くと、車でゆっくりと海岸線を走っているような心地良いメロディ。ヒットメーカー筒美京平氏の真骨頂です。

夏のクラクション

 曲の心地良さとは反するように、歌詞は恋人との夏の別れ後悔する男の切ない心情を綴っています。


 海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる…

 走り去る恋人の車を見送る男。そのカーブを曲がれば、見えなくなってしまう。そこで二人の恋は終わってしまうのです。

 余談ですが、クーペという言葉が80年代に流行したソアラやプレリュードといったハイソカーを連想させますね。


 悪いのは僕だよ 優しすぎる(ひと)に 甘えていたのさ

 傷口に注ぐGINのようだね 胸がいたい 胸がいたい


 優しい恋人にわがままばかりを言っていた男。それが別れにつながってしまった事を後悔しています。「傷口にGIN」は相当な痛さですね。


 夏のクラクション Babyもう一度鳴らしてくれ In My Heart

 恋人が鳴らすクラクション音。待ち合わせ場所へ到着した時の合図でしょうか。男にとっては胸高鳴る音だったのに違いありません。

 「夏のぉぉぉ~」と伸ばすところが、クラクション音が長いものだったと推測してしまうのですが(笑)


 果たして男は恋人にどんなわがままを言っていたのでしょうか。

 「夢をつかまえて」と泣いたままの君の 波間で手を振る

 傷跡に触れたまるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる


 現状に満足できず、次のステップを夢見ていた男。なかなか思うように行かず、つい恋人にあたってしまった。といったようなわがままじゃなかったのでしょうか。

 「夢をつかまえて」という恋人の言葉。もし彼女が素直な気持ちでそう言ったとしても、男にとっては皮肉に感じられる程、鋭い刃先を光らせたナイフを突き付けられた気分なのです。


 その後悔を含めて、もう一度恋人に戻ってきてほしい。またクラクション音を鳴らしてほしい。

 夏のクラクション に消されて もう聴こえない Leave Me Alone

 「」はその後の二人を取り巻く環境でしょうか。時が経てばクラクションはもう聴こえなくなるのです。残されるのは「孤独」のみ。

 男はそれを分かりきっています。「もう終わった事。無駄だよ。」という心の声に「Leave Me Alone(ほっといてくれ)」と呟く男。


 あの日のように きかせてくれ 躓(つまず)きそうな僕を振り返り

 夢の為に次へ進みたいのに、進めない。それどころかもう躓きかけている。男にはやはり恋人の存在が必要なのですね。もしかしたら振り返ってまた笑顔を見せてくれるのではないかと、淡い期待を寄せる男なのでした。


 過ぎ去ってわかる恋人への想い。夏も同じで、猛暑ばかり続いていやになりますが、過ぎ去ってしまうと懐かしく感じられるものなのですね(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 夏のクラクション  稲垣潤一  売野雅勇  筒美京平  別れ  後悔    孤独 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

摩天楼ブルース 


 

摩天楼ブルース

 摩天楼ブルース 歌手:東京JAP 作詞:売野雅勇

 歌詞はこちらで。

 1984年に発売されたヒット曲で、小泉今日子主演の大映ドラマ「少女に何が起こったか」の主題歌です。

 演奏していたバンド「東京JAP」は後にDJとして活躍する赤坂泰彦がドラマーとして在籍していました。

 とてもかっこいい曲で、今でもカラオケの定番になっています。80年代独特のサイドバックの髪型でゆったりとしたソフトスーツ(薄いパープルがおすすめ)を来たホスト系の男性が歌う姿がピッタリです(笑)

 タイトルはブルースですが、リズムはまったりとしたラテン調。イントロの哀愁あるハーモニカが更にアンニュイ感を演出しています。


 全体的な印象としては、「二股かけながら、男に対して後ろめたさを感じている女」と「女を疑いながらも、現実を認めたくない男」の心の揺れを表している内容だと思います。

 サビの部分で繰り返し出てくる「嘘」というキーワードがお互いの葛藤を表現しています。

 嘘の苦手な女は口づけしたまま涙を落とす。嘘の苦手な男はサヨナラ言えずに愛をつぶやく。

 嘘の苦手な女は優しい目をして愛を棄てる。嘘の苦手な男は傷つくことだけ上手くなる。

 女のほうは別れ話を切り出すチャンスをうかがいつつも、この彼との逢瀬を止める事ができず嘘で誤魔化そうとしている。

 男のほうはそんな彼女の嘘を見抜いて、別れを覚悟しつつも、現実を受け入れきれずに自分自身を誤魔化している。

 「女性→(誤魔化す)→男性→(誤魔化す)→自分自身」 このような図式が成り立っているのではないでしょうか。

 すべて分かっていながらも、どうしようもできないもどかしさ。恐らく人にこの状況を相談すれば「さっさと別れてしまいなさいよ。」とか言われそうですよね。私が相談されたなら間違いなくそう言います(笑)

 それが簡単にできないのが男と女の関係な訳で。そんなやりきれなさが1コーラスのBメロ部分に表れています。

 コンビナートがビルを背中に赤い火を吐く やりきれない恋さ

 男は吐き出せない「怒り」や「悲しみ」を内に抱えたまま、赤い火を吐き出しているコンビナートに自らを投影させているのでしょうね。

 自分もあんな風に心のモヤモヤを吐き出す事ができればと・・・。

 ちょうど時代がバブルに突入し、恋愛の主導権が男性から女性へと移りつつある事を象徴する歌だと思います。



category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 摩天楼ブルース  東京JAP  売野雅勇  ドラマ 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。