3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


プラットホーム 


 

 プラットホーム 歌手:Salyu 作詞:小林武史

 歌詞はこちらで。

 2006年11月リリース、Salyu8枚目のシングル。堤真一主演の映画「地下鉄に乗って(メトロにのって)」の主題歌。作詞・作曲はMr.ChildrenやMY LITTLE LOVERのプロデューサー小林武史氏です。
 
 以前に取り上げた小林武史作品、Swallowtail Butterflyと同じように喪失感が漂っています。

 その喪失感の中でも、僅かな希望の光を信じている主人公の心情を綴ったものだと思われます。

プラットホーム

 あの頃は の向こうに見えて 音の隙間を流れていく そっと そっと 追いかける

 空の果て 世界の向こう側 そんな場所で 出会えるときが きっと きっと やってくる


 主人公が言うところの“あの頃”とは、失ってしまった楽しかったひと時のような気がします。それが時の流れで、遠い過去のものになってしまった。手を伸ばしても届かない「の向こう側」なのです。

 そんな遠く離れてしまった“あの頃”に再び出会える場所がきっとあるはずだと。


 あなたを呼ぶそのために 歌い続ければ

 隔てられた世界にも 二人のプラットホームは きっと現れる

 どんな場所にでも現れる


 一見、哲学的で難解な例えに感じますが、実はシンプルな事なんですよね。

 たとえ不可能と思える事でも、諦めず継続していけば何らかの形となって現れるというメッセージではないかと。それを“プラットホーム”と表現したのも意味があると思います。

 長い旅を終えて、たどり着くのが終着駅のプラットホーム。隔たれた場所で別々の生き方をしていても、それぞれが様々な経験を積み、終着駅に到達するものだという解釈ができないでしょうか。

 要は諦めずに継続していけば、時空も場所も越えてプラットホームは現れるものだよと。

 「プラットホーム=幸せな結末」と私自身の希望的観測も含めて解釈したいのです(笑)


 夜中にお酒でも飲みながら聴くと、しっとりとしたピアノの音とSalyuのボーカルが少しだけ過去を思い出させてくれるようなナンバーです。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

category: 00年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: プラットホーム  Salyu  小林武史      世界  継続 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク