3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

常套句 


 

 常套句 歌手:Mr.Children 作詞:桜井和寿

 歌詞はこちらで。

 2012年11月リリース、Mr.Children17枚目のオリジナルアルバム[(an imitation) blood orange]に収録されたナンバー。生田斗真主演フジテレビ系ドラマ「遅咲きのヒマワリ」主題歌。

 「君に会いたい」「愛しています」という好きな人への想いを綴ったストレートでシンプルな歌詞です。しかし、曲のタイトルと絡めて聴くと奥深さが見えてきます。

常套句

 常套句とは「ある場合にいつもきまって使う文句。決まり文句。」という意味です。私個人はあまり良い意味の言葉ではない印象があります。

 「○○があの人の常套句だから」というように、マニュアル的な定型言葉の感じがするのです。何か軽いのです。

 となると、桜井和寿氏は何故「常套句」というタイトルをつけたのでしょうか。この歌詞に綴られている愛の言葉は決まりきった定型文のようなものだという皮肉なのでしょうか。

 その意図が解らずに何度も聴きかし、登場する男女が置かれている状況等も考えてみました。

 するといくつかの鍵になる部分が見えてきたのです。

 1番と2番のサビの部分にあるフレーズ。

 何していますか 気分はどう

 何していたって 君を想う


 これらから考えられるのは、好きな人がそばに居ないという遠距離恋愛的なものではないでしょうか。

 人が人へ感情を伝える手段は、言葉だけではなく、視線、表情、身振り手振り、肌の温もり等があります。

 しかし、遠距離恋愛だと電話、メールに限られる為、「言葉」だけが唯一の手段ですよね。

 言葉選びに長けた詩的センスの持ち主なら別ですが、普通の人はどうしても「会いたい」「愛している」という言葉に想いを託すしかありません。


 つまりこの歌は単に「常套句で愛を伝える男」の歌ではなく、「常套句でしか愛を伝える事が出来ない男」の悲しい歌なのです。

 そんな男の心情を最も顕しているフレーズが間奏から繰り返しのサビへのブリッジ部分です。

 今日も 嬉しさと 悲しみの間を揺れている 狂おしいほど

 「女を愛する気持ち=嬉しさ想いを言葉でしか伝えられない=悲しみ」という解釈ができないでしょうか。男は今すぐにでも女のそばに行って愛を伝えたいのです。狂おしいほどに。


 でも電話なら、声のトーンである程度の感情は伝えれれるのでは?という疑問も浮かびますよね。

 そこで、私は超個人的にシチュエーションを想定して聴いてみました。

 電話すら出来ない状況→男が何らかの罪を犯し刑務所に服役中という設定です。

 すると、恋人とのやりとりは検閲がある「手紙」しか無理ですよね。まさに想いを伝えるには常套句だけが頼りなのです。


 普通のシンプルなラブソングと聞き流すつもりが、タイトルとの絡みで色々想像させてもらいました。

 聴き手にここまで想像させる事を想定してタイトルを付けるとは、桜井氏恐るべしです。

 でも、これだから深読みは止められないのです(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 常套句  Mr.Children  ミスチル  桜井和寿  言葉  想い  嬉しさ  悲しみ 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

HERO 


 

HERO

 HERO 歌手:Mr.Children 作詞:桜井和寿

 歌詞はこちらで。

 Mr.Children、24枚目のシングルとして2002年12月にリリース。ボーカルの桜井氏が小脳梗塞で休養してからの復帰作です。

 同じ「HERO」というタイトルの曲は、甲斐バンドや麻倉未稀の作品に中にもあります。それらが「ヒーローになるチャンスを逃すな」や「燃え上がってヒーローになれ」のように、自らを鼓舞するポジティブシンキングな曲なのに対し、この曲は冒頭に自分がヒーローとは程遠い存在であるというところから始まります。


 例えば誰か一人の命と 引き換えに世界を救えるとして

 僕は誰かが名乗り出るのを 待っているだけの男だ


 一般人の意識はほとんどこの通りだと思います。だから「アルマゲドン」のように、地球の為に自らの命を差し出すという話がヒーロー映画として成り立つのですよね。

 愛すべきたくさんの人達が 僕を臆病者に変えてしまったんだ

 命をかけるとはまでは行かなくても、普段の生活の中で試されるちょっとした勇気。横暴な上司に意見したり、電車でお年寄りに席を譲らない若者に注意する等、その後の家族にかかる災難や報復を恐れて躊躇してしまいます。

 正に、等身大の「小市民」を表した歌詞です。そんな小市民の男でも絶対に譲れないものがあります。

 でもヒーローになりたい ただ一人 君にとっての

 万人に憧れ、尊敬されなくても、たった一人の愛する人にとってはヒーローでいたいのです。

 たいした事はできないかもしれないけど、あなたがつまづいたり、転んだ時には、そっと手を差し伸べる存在でありたい・・・。

 普段は愛する人に無様な姿を見られているかもしれない。だから、大それたことはできなくても、自分自身が少しでも変わって、あなたに出来る事はやってあげたいという願望なのでしょう。


 この歌の中の愛する人とは一体誰でしょう?恋人なのか、妻なのか。私はもしかしたら子供の事じゃないかと思うのです。

 2コーラス目のBメロ。

 僕の手を握る少し小さな手

 これだけでは、恋人の手なのか、子供の手なのかは断定できませんが、続くサビに人生をフルコースに例える部分があります。

 幾つものスパイスが 誰にも用意されていて

 時には苦かったり 渋く思う事もあるだろう。

 誰の人生にでも、色々な試練が用意されていて、時には苦しかったり、辛かったりする事もあるんだよと、子供に教えてあげているように感じるのです。

 最後のデザートを笑って食べる 君の側に僕は居たい

 試練を乗り越えて、君が夢を叶えた時に、パパは近くでそっと見守って居てあげたいんだよという解釈もできます。


 そして、十分な経験を積んで大人になった(であろう)男は、今の暮らしが悲しくも無く、切なくも無く繰り返される事に喜びを感じます。

 悲しくはない 切なさもない ただこうして繰り返されてきたことが

 そうこうして繰り返していくことが 嬉しい 愛しい

 前述のように、桜井和寿氏は小脳梗塞という大病から復帰後にこの曲をリリースしています。

 休養前にすでに曲は完成していたので、考え過ぎかもしれませんが、その桜井氏の状況と歌詞のこの部分が妙にリンクして聴こえてしまうのです。

 人間は病気をして初めて普通に過ごせる事のありがたさが解るといいます。たとえ、臆病者でもみっともなくても、普通に生活出来て、愛する人の為に一生懸命になれれば、誰でも英雄(ヒーロー)なのかもしれません。


category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: HERO  Mr.Children  桜井和寿  ヒーロー  臆病者  フルコース  デザート 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。