3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

もうひとつの土曜日 


 

 もうひとつの土曜日 歌手:浜田省吾 作詞:浜田省吾

 歌詞はこちらで。

 1985年5月リリース、浜田省吾18枚目のシングル『LONELY-愛という約束事』のB面。浜田省吾の代表的なバラードで、コブクロやダイアモンド☆ユカイ等多くのシンガーにカバーされています。

もうひとつの土曜日

 80年代後半から90年代初め、ちょうどバブルを挟んだ前後の時期、カラオケでこの曲を歌う男性がたくさんいました。意中の女性を口説く為の定番ソングでした。肩パッドが入ったスーツを着た男性が、ワンレンやソバージュの女性の目を見つめながら歌う場面が今も目に浮かびます(笑)

 口説きソングとして定着した一番の理由は、女性を一途に想い続ける男性の姿を描いていたからだと思います。この曲は『ひたむきな想い』を相手にアピールするには好都合な一曲だったのではないでしょうか。

 登場する女性には恋人がいます。歌詞の随所にあるフレーズ

昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて

ただ週末の僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる

 これらから、『彼女は遠距離恋愛をしており、恋人とは連絡のすれ違い等があり、イマイチ上手くいいってない』『彼女は常に彼の事を考え、会った時の喜びを糧として日常生活を送ってる』と想像できます。

 これらのフレーズを踏まえた上で、彼女の恋人目線でよくよく聴き返すと、「ん?」と思いたくなります。甘いメロディラインでオブラートされていますが、結構とんでもない歌に聴こえてきます。

 「こんな名曲に何て解釈をするんだ!」と批判の声が聞こえてきそうですが、誤解を恐れずに言うと、主人公の彼の計算高さが見えてきて、素直に「一途でひたむきな想いだなぁ」とは思えません。

 彼の計算高さとは何か?ズバリ、彼女に選択をさせているというところです。

 1コーラス目にあるCメロからサビの部分。

まだ君は若くその頬の涙 乾かせる誰かがこの町のどこかで

君の事を待ち続けてる 振り向いて 探して

 目の前で涙する彼女に対して、「もっと優しい男が近くにいるよ。ほら、探して」と促すフレーズ。なぜここで「俺は君が好きだ。俺だったら絶対に泣かさない」とはっきり言わないのか。あくまでも、彼女をこちらの土俵に上げるための伏線、更にもしダメでも自分が傷つかないための保険をかけてるように感じます。

 最終的に曲の最後で、彼は彼女に指輪を渡し、ちゃんと気持ちを伝えるのですが、この伏線を張ったようなフレーズがあるので、彼としては用意周到で、断られるリスクを最小限にしての告白ではないかと、うがった見方をしてしまいます。


 それからもうひとつ、彼の心情を表しているフレーズで気になる部分。2コーラス目のAメロです。

君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている

君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう

 喜びと悲しみというふたつの想い…彼の中にも恋人がいる女性に想いを寄せているという罪悪感が見え隠れします。しかしその後の"君を裁こうとする心"という言葉…裁くとは、恋人がいるのに、他の男に会っている彼女の罪を裁こうという事でしょうか。だとすると「お前が言うなよ」という話ですが(笑)

 まぁ、しかし彼の心情もこれくらいにゴチャゴチャに混乱してしまっているという表れでしょうね。


 『恋愛は理性を失わせる』 『心の隙間に入ってこれられたら人間は弱い』 『会えない恋人より、近くにいる異性の知り合いに心奪われる』等々、遠距離恋愛で気を付けるべき点が色々と詰まった歌だと思います。あくまで彼女の恋人目線からの解釈です。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: もうひとつの土曜日  浜田省吾   
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

人にやさしく 


 

 人にやさしく 歌手:THE BLUE HEARTS 作詞:甲本ヒロト

 歌詞はこちらで。

 1987年2月、THE BLUE HEARTSがメジャーデビュー前にインディーズで出したシングル。『リンダリンダ』と共に初期のブルーハーツの代表曲です。

人にやさしく

 ガンバレ!」と何度も呼びかけるフレーズがあるように、人へ対する応援歌ですが、そのままストレートに受け取れないもの哀しさが感じられます。

 ここ数年で人を励ます時の「頑張れ」という言葉の価値観が変わってきたような気がします。特に東日本大震災以後です。震災に合われた人に対して「頑張ってください」と声を掛けるのが残酷だという風潮が世間一般に行き渡っています。

 確かに、家や家族、仕事等大切なものを失ってしまった人、精神的に参ってしまっている人に対して「頑張れ」というのは、励ましというよりムチを打つようなものだと思います。頑張りたくても頑張れない状態の人へは酷な事ですよね。

 しかし、その方達も未来に向かって生きていかなければならない。その時には必ず頑張らなくちゃいけない時が来ると思うのです。この曲の歌詞を見ていると、そこまで相手に配慮しながらガンバレ!」と心の中で叫んでいる気がするのです。


僕はいつでも 歌を歌う時は マイクロフォンの中から ガンバレって言ってる

聞こえてほしい あなたにも ガンバレ

 1コーラス目のサビです。甲本ヒロトはストレートにガンバレ!」と言っているのではなく、マイクを通じて歌の中でメッセージを送っているのです。それを汲み取って感じて欲しいという解釈はできないでしょうか。

 疲れて沈み込んでいる人に必要なのは励ましよりも優しく癒す言葉だけではなく、頑張ってほしいと励ます心。そこをしっかりと指摘しながらも、それを素直に表現できないもどかしさを繰り返しの部分に綴っています。

やさしさだけじゃ 人は愛せないから ああなぐさめてあげられない

期待はずれの 言葉を言う時に 心の中ではガンバレって言ってる

 この部分を見ても、やはり相手の気持ちを思って配慮していますよね。

 本来、この曲は「がんばれのうた」というタイトルだったそうです。それが「人にやさしく」に変更になった。単純に相手に「がんばれ」と言わない優しさが見え隠れするからこそ、ピッタリのタイトルですよね。

 普通、応援歌は応援される側がクローズアップされますが、この曲に関しては応援する側の心の葛藤にもフォーカスさせた凄い曲だと思います。


 昨年末、『一流が嫉妬したスゴい人』という番組があり、その中でビートたけしが嫉妬した相手として甲本ヒロトの名前を挙げていました。たけしは甲本ヒロトを「パンクなんだけど悲しさを感じる」「不良になりたいけどなれない不良」と表現していました。このコメントを聞いてすぐにこの「人にやさしく」が頭に浮かんだのです。

 「不良になりたいけどなれない不良」だからこそ、人の弱さ、悲しさを見事に表現した歌詞が書けたのではないでしょうか。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 人にやさしく  THE  BLUE  HEARTS  甲本ヒロト  ガンバレ  頑張れ 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。