3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


いとしき日々よ 


 

 いとしき日々よ 歌手:平井堅 作詞:平井堅松尾潔

 歌詞はこちらで。

 2011年5月リリース、平井堅34枚目のシングル。TBSテレビ開局60周年記念ドラマ『JIN-仁-完結編』の主題歌。平井堅の伸びやかな高音が綺麗なメロディーに映えるナンバーです。

いとしき日々よ

 
 『JIN-仁-』は大沢たかお演じる天才外科医・南方仁が幕末の江戸にタイムスリップし、薬品も道具も乏しい世界で、己の知識と経験を駆使して病に立ち向かい奮闘する姿を描いたドラマでした。歌詞はその世界観に合わせて書かれたと思われます。

 1コーラス目のAメロ。

たとえ時がうつろうと 縫いあわせた絆は決してほどけない

 「縫いあわせた絆」というフレーズ。ドラマの中で南方仁が怪我を負った人を縫合手術で救い、絆を深めていくというシーンがいくつかあります。この時の縫合で培った絆という意味合いも含まれているのではないでしょうか。

 南方仁は時代の修正力という見えない力で、幕末の時代から何度も消されかけ、結果的に現代に戻っていきます。その際に彼が想いを寄せていた武家の娘、綾瀬はるか演じる立花咲へ贈ったラブソングだという解釈が一番しっくりくるのかなと思います。

 2コーラス目のAメロ。

今も胸に残るよ 世界で一番美しい夕陽が

ああ その瞳には 不安より大きな希望が輝いてた

 これは、夕陽の中で仁が咲にプロポーズをする場面があり、その時の事を謳ったものでしょう。

 他にも
あなたの手を 強く握ることも あなたを抱きしめることも 許されない運命(さだめ)だと知ってても

その笑顔に その涙に そのひたむきな想いに触れたかった


ただ近くで 見つめあえるだけで 幸せのすべてを知った 道のさきに哀しみが待ってても

その願いを その言葉を そのひとすじの光を守りたかった いつまでも…

 これらのフレーズから、違う時代を生きる人間同士で、成就されない想いの切なさがうかがえます。

 では本当に仁から咲へ贈るラブソングという解釈だけでいいのでしょうか。私はサビの最後の部分にそれだけではないというヒントを見つけました。

 立花咲の他に、仁が深く関わった人物がいます。中谷美紀演じる花魁の野風。内野聖陽演じる歴史的に有名な坂本龍馬です。咲も含めたこの3人の事を謳ったのではないかと思うフレーズです。

忘れはしない この体が消えても

あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ あなたと追いかけた明日よ また会いたくて


 「吹く風」=野風、「咲く風」=咲、「追いかけた明日」=大いなる大志を抱いた坂本龍馬の事ではないでしょうか。つまり一人の女性に向けたラブソングだけではなく、その時代を生きた人達へ贈るメッセージソングだと思います。

 隠しキャラ的に使われたフレーズが正解かどうかは分かりません。私自身の個人的な想像ですので(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: いとしき日々よ  平井堅  松尾潔  JIN-仁- 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

4月の雨 


 

 4月の雨 歌手:aiko 作詞:aiko

 歌詞はこちらで。

 2013年7月リリース、aiko通算30枚目のシングル。夏にリリースされたのになぜ4月の雨なのかと若干疑問に思いましたが、春先からコンタクトレンズのCMソングに起用されて4月にネットで先行配信されていたそうです。

 aikoの伸びる高音が活きるしっとりしたバラードナンバーだと思います。

4月の雨

 歌詞は遠く離れたの相手の事を想う女性の心情を綴ったものだと解釈できます。単純に遠距離恋愛の歌ではない少し訳ありな感じがします。

 それは進学や就職等の外的要因で離れ離れになったのではなく、敢えて離れて暮らす事を選んだ2人のような気がするのです。


 1コーラスのAメロ部分

遠くまで届いているだろうか 時々不安になるけれど

あの日めくったページの先には あふれる程書き殴った想い

 「届いているだろうか」という不安な気持ち。これは手紙やメールに気持ちを書いて送る事ができない状況だからこその不安だと思います。「めっくたページに書き殴った想い」とは彼女自身の中にある彼への想いを日記になぞらえているのでしょう。心の中の日記帳ですね。


 2コーラスのAメロ部分

二人だけで決めた約束に 永遠の秘密を交わした

あの日から繰り返し必ず 窓の外はもう朝が来ている

 この「二人だけで決めた約束」が、お互いに連絡を取るのをやめようといったものじゃないかと思います。約束を交わした日から二人だけの時間は止まっていても、変わらずに毎日朝はやってくるのです。


 二人が約束を交わした理由は一体何でしょうか。それは繰り返しサビの前のブリッジにあると思います。

きっとあなたは きっとあなたは あなたを超える日が来る

そんなあなたを そんなあなたを 今でも想っています

 彼には何かがあり、その実現の為に彼女から遠く離れた場所へ行ったのではないでしょうか。それを彼女も承服した。そして今までの自分を超える日(が実現する日)までは連絡を取るのを止めようと約束したのかもしれません。


 固い決意で離れ離れになったはずなのに、彼女の中には揺らぐ気持ちが見えます。その何とも女性らしい、人間らしい弱さが、曲全体を切なくさせるスパイスになっていると思います。


 タイトルでありサビのキーワードになっている「4月の雨」。ひと雨毎に暖かさが増して新緑の青さを育む優しいイメージがありますが、儚く咲く桜の花を散らす少し残酷な一面もあります。

 自分の中にある「弱さ」をスパっと散らして欲しいという想いが込められたタイトルなのかなという気がします。

季節は巡るひと粒 赤い実を落として あなたを待ってる 変わらずにこれからも

季節はまた来る あなたにもあたしにも



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 4月の雨  aiko    弱さ  残酷 
tb: --   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク