3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

風になりたい 


 

 風になりたい 歌手:THE BOOM 作詞:宮澤和史

 歌詞はこちらで。

 1995年3月、THE BOOM16枚目のシングルとしてリリース。パーカッションの音と陽気なコーラスが印象的なジャパニーズサンバの代表曲です。

 沖縄民謡をベースにした「島唄」等、BOOMは民族音楽を取り込み自分達の世界を形成するのが上手なバンドです。

 そこには必ずソウルフルなメッセージが込められており、音楽というものは民衆から生まれ、民衆が歌い愉しむものだと教えられます。

風になりたい

 この曲で謳われているメッセージは「自由」「」「幸せ」だと思います。

 サンバそのものが、リオのカーニバル等で奴隷解放から来る自由の象徴ですし、曲のタイトル「風になりたい」も自由を夢みる主公の気持ちが読み取れます。


 間が幸せになるのに場所は関係あるでしょうか?この曲ではそれを否定しています。

 天国じゃなくても 楽園じゃなくても あなたに会えた幸せ 感じて風になりたい

 今いる場所がどんなところでもいいのです。都会だろうが田舎だろうが、日本だろうが外国だろうが、幸せを感じるのは場所じゃないのです。そこに大切ながいて、心穏やかに暮らせれば幸せなのです。

 まさに「住めば都」。主公はそれを噛みしめています。


 何ひとついいこと なかったこの町に 沈みゆく太陽 追い越してみたい

 何ひとついいこと なかったこの町に 涙降らす雲を つきぬけてみたい

 きっと“この町”は主人公にとって相性が良くなかったのでしょう。「沈みゆく太陽」も「涙降らす雲」も主人公の中のネガティブな思い。でも、“あなた”と感じる幸せがあれば、それらも全て克服できるに違いありません。


 生まれてきたことを 幸せに感じる かっこ悪くたっていい あなたと風になりたい

 やはり、運命の人との出会いは少々のアンラッキーを全部ふっとばして、幸福感をもたらしてくれるものですね。

 天国じゃなくても楽園じゃなくても、そこに大切な人がいればオールOKなのです。それだけで「自由」さえも感じられるのです。


 夏の終わりの夕暮れに生ビールを一気に飲みながら聴きたくなる曲です。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 風になりたいTHE  BOOM  宮澤和史  サンバ  自由    幸せ 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

 


 

  歌手:竹内まりや 作詞:竹内まりや

 歌詞はこちらで。

 1987年11月リリース、竹内まりや16枚目のシングル。元々は中森明菜のアルバムの中の1曲として提供された曲ですが、色々な事情があり、竹内まりや自身がセルフカバー。後にファン投票で1位を獲得した彼女の代表曲になりました。

 歌詞の内容に一部、解釈が難しい箇所があり、元々はそれをあーでもない、こーでもないと推測して別の場所に書いたのが、このブログを始めたキッカケになった曲です。101曲目のスタートとして取り上げさせてもらいます(笑)

駅

 昔の恋人を偶然で見かけて切ない気持ちになっている女性の歌です。

 彼女の心理状態が線路に揺られる列車のように淡々と綴られています。


 1コーラス目で昔の恋人を偶然見かけた彼女。

 が降る夕暮れの。見覚えのあるレインコートと颯爽とした足どりから元彼である事を確信します。彼女は今の自分の状況を伝えたかったけど、こみ上げてくる『苦い思い出』の為に躊躇してしまいした。苦い思い出という事から、この2人はいい別れ方をしなかったと推測されます。


 2コーラス目で舞台はから電車の中に移ります。

 二人は今、それぞれの生活を築いている事がわかります。再会に気付かなければ、何事もなく互いに待つ人がいる場所に帰っていくのです。


 そして、ひとつ隣の車両に乗って涙がこぼれそうになりながら、元彼の横顔をずっと見つめる彼女。そこで別れた時には解らなかった、ある事に気付きます。

 『私だけ愛してた事』に気づく彼女…

 ここが一番解釈が難しいフレーズなのです。この「私だけ愛してたことも」の意味が2通りに取れてしまいます。

 ①彼が愛していた女性は私だけだった。

 ②彼との付き合いの中で愛していたのは私のほうだけだった。

 なにかヒントは無いかと、歌詞を何度も繰り返して読んでみて、ある事に気付きました。1コーラスの歌詞の中に「あなたがいなくても 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかった」という部分。

 もし彼女が元彼に全く愛されていなかったとしたら、こう思うでしょうか。気持ちが一方通行だった相手に「自分は元気ですよ」とアピールしても惨めな気持ちになるだけじゃないかと。


 隣の車両から彼のうつむく横顔を見つめて、涙が零れそうになる彼女。それは彼女の元彼に対する恨み辛みではなく「自責の念」じゃないのでしょうか。彼の想いに気付かず「愛されてない」と勘違いして彼女から切り出して別れたのではないかと。

 「それぞれに待つ人のもとへ…」という部分やラストの「ありふれたが…」から、それぞれ今の家庭や恋人があり、ありふれた=平凡だが穏やかな日常を過ごしているのではないかと思うのです。

 そして私が導き出した答えは①の「彼が愛していた女性は私だけだった。」です。そう考えると曲全体に漂う雰囲気が「悲しさ」ではなく「切なさ」なのが納得できます。


 元祖の中森明菜バージョンでは「切なさ」より「悲しさ」が全面に伝わってきます。どうしても②の「愛していたのは私のほうだけだった」にしか聴こえないのです。

 竹内まりやがセルフカバーした理由…プロデューサーの山下達郎氏が明菜バージョンに激怒したという説がありますが、もしかしたら、この「切なさ」を「悲しさ」に代えてしまったアレンジや歌唱法じゃないのかと思います。

 作者の竹内まりやの意図を別解釈してしまった結果じゃないかと。

 手前味噌ですが、まりやバージョンが①で、明菜バージョンが②なのかもしれません。





ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag:   竹内まりや  二年  ラッシュ      自責の念  山下達郎 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

もうひとりの俺 


 

 もうひとりの俺 歌手:矢沢永吉 作詞:青山一

 歌詞はこちらで。

 1996年11月リリース、矢沢永吉41枚目のシングル。

 このブログを始めた当初の目標は100人の演者(歌い手)による100曲を取り上げる事でした。それを達成するまでは同じ歌い手の曲はダブらせないようにしようと心に決めて(笑)

 おかげ様でこの曲がちょうど100曲目です。満を持して、スーパースター矢沢永吉の登場です。

 永ちゃんは自分のポリシーや生き様を饒舌に語ります。周りの人間を全部矢沢ワールドに染めるパワーを持った言葉で。しかし、自分の曲に関しては作詞をほとんどしていません。本人曰く「センスが無いから」だとか。

 たとえ他の人間が書いた詞でも、説得力のある歌唱で「矢沢のメッセージ」にしてしまうとこが永ちゃんの凄さだと思います。

もうひとりの俺

 人生には分岐点がいくつかあります。右に曲がるか、左に曲がるかで、その後の人生は大きく変わりますね。

 深く考えて道を選ぶ人もいれば、若さ故の怖いもの知らずで、何の不安もなく道を選ぶ人もいます。

 そのターニングポイントに立っている過去の自分に思いを巡らせる男の歌です。


 夜更けに一人で 思い出す…今も 何の不安も なかったあの頃

 大事な事さえ 置き去りにしてきた 自分を俺は 恨まないけど


 深夜の静寂は時として人を素直にも、センチメンタルにもさせます。その静寂の中で男は過去の自分の事を思い出します。怖いもの知らずだった若い頃の自分を。

 何も考えていなかったあの頃、何が大切なのかすらも分からずに手放してしまった苦い経験も。でも男はそんな自分を恨む気持ちはありません。

 もう一度 光の道を駆け抜け お前に 会いたい

 「光の道」はSF映画やドラえもん等に見られるような、時空を旅する時のトンネルのような道の事でしょうか。

 ただただ、男は過去の自分に会いたいのです。その理由は2コーラス目で語られています。


 失うものなと 何ひとつない 渇いた気分で ただ瞳とじれば

 言葉にならない 切なささえも 心の底に 押し込み生きてる


 現代人の悲哀を表現しているフレーズです。

 「失うものなんてない!」と自分に言い聞かせて勝負に出たい自分。しかし、なかなか強気にはなれないものです。

 目を閉じれば言葉にならない切なさが浮かびます。それを押し殺しながら生きています。


 I WON'T CRY 涙など見せはしない お前に なりたい

 たとえ怖いもの知らずだとしても、泣く事なんてなかった過去の自分。そんな強い自分に会って、忘れている気持ちを思い出したいのではないでしょうか。攻めの姿勢を持ったギラギラした気持ちを。


 できるなら 眼を醒まし旅に出よう 優しい夕日が 沈まぬうちに

 本当はすぐに動きたいのでしょうが、「できるなら」という前置きが、今の男の不自由さを物語っています。そのやり切れない気持ちも、過去の自分に会いたい気持ちを募らせているのでしょう。


 男は過去の自分に会う事で、忘れつつある本来の自分を取り戻したいのです。


 人生に迷ったら「原点回帰」!!


 例え作詞者は違っても、「矢沢のメッセージ」として現代人に永ちゃんは訴えかけている気がします。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: もうひとりの俺  矢沢永吉  青山一  光の道  不安  夜更け  原点回帰 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

シャイニン・オン君が哀しい 


 

 シャイニン・オン君が哀しい 歌手:LOOK 作詞:千沢仁

 歌詞はこちらで。

 1985年4月リリース、LOOKのデビューシングル。協和発酵サントネージュワインのCMソングとしてオンエアされ、約20万枚のスマッシュヒットに。

 一見、パンクロックを歌いそうなボーカルの鈴木トオルの風貌。でもこれがハイトーンボイスで徳永英明を彷彿させる説得力のある歌声。曲もピアノをメインとした美しいバラードです。

 この曲以外も聴いてみたいバンドでしたが、その後のヒットは恵まれなかったようです。
 
シャイニン・オン君が哀しい

 タイトルの「シャイニン・オン」。アルファベット表記にすると、恐らく「shining on」、輝き続けるとか照らし続けるという意味です。

 思い出の中の恋人の面影が今でも輝き続けているという内容ですね。


 消えた淡い秘め事に 今さら悲しむこともないだろう

 オンザロック 一息に飲んで 忘れよう Sing a song Billy Joel


 も見えないような夜に、パッと脳裏に浮かんだ別れた恋人の面影。でも男は彼女との秘め事(触れ合った思い出?)が徐々に記憶から薄れるのを悲しく思っています。
 「忘れよう」と自分に言い聞かせるようにオンザロックを呷る。ビリージョエルの歌を口ずさみながら。これが「Honesty」か「The Stranger」なら切なさ倍増です。


 Maybe come back 辛いことばかりで 君がいなけりゃ So Cry

 もしかしたら彼女は戻ってくれるかもしれないという淡い期待。記憶の中で輝き続ける面影が、その希望を捨てさせずにいるのでしょうか。とにかく彼女がいなければダメダメなのですね。

 「忘れよう」とする気持ちと「戻ってきてほしい」という気持ち。相反する二つの想いで揺れ動いています。


 シャイニン・オン 想い出の砂浜を 浮かべるたびに また涙があふれる だから

 シャイニン・オン せめて表向きだけ 今も君を忘れはしない


 砂浜は二人にとっての特別な場所。楽しい思い出の場所なのか、はたまた最後の別れの場所なのかもしれませんね。思い出すたびに涙が溢れる男。

 「忘れよう」という気持ちを押し殺し、表向きだけは違う顔で男は彼女を待ち続けるのです。


 悲しみに暮れる男の「心ここにあらず感」が凄く感じられる曲ですね。


 カラオケで歌いたくなるのですが、キーを5つ位下げないと無理です(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: シャイニン・オン  君が哀しい  LOOK  千沢仁  砂浜      鈴木トオル 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

WILL 


 

 WILL 歌手:中島美嘉 作詞:秋元康

 歌詞はこちらで。

 2002年8月リリース、中島美嘉5枚目のシングル。フジテレビ系ドラマ「天体観測」主題歌。

 曲の主人公の一人称は「僕」。女性シンガーに「おとこうた」を歌わせる事で少年性を際立たせた手法を取っています。

WILL

 歌詞のテーマは「過去から繋がる未来」だと思います。

 「あの頃」って僕たちは 夜の空を信じてた 同じ向きの望遠鏡で 小さな探した

 冒頭から出てくる「あの頃」。漠然とした過去ではなく、ある限られた時期としているのは、主人公にとっての思い出の深さの表れです。

 夜の空は二人の未来。同じベクトルを共有する二人が、これからの未来に夢を語り合っていたのでしょう。


 いつもそばに誰かいて 孤独の影 紛らせた 停電した夏の終わりに 手さぐりして キスをしたね

 最初は寂しさを紛らわせるだけの存在だった。相手もまた然りでしょう。ぶっちゃけ誰でも良かったはずなのです。それが停電というアクシデントに、手さぐりで相手の温もりを感じた時、心の中に芽生えた何かが衝動的にキスをさせたのです。

 この事がキッカケで、「あの頃」という特別な時が生まれたのでしょう。


 あれから僕はいくつの 夢を見て来たのだろう 瞳(め)を閉じて見る夢よりも 瞳を開きながら

 そして時が過ぎ、様々な経験を積んだ主人公。淡い夢などではなく、ちゃんと現実を直視してきたのです。


 あれから僕はいくつの 自由を生きてきただろう

 運命の支配じゃなくて 決めてたのは 僕の「WILL


 現実を生きる中で、今の自分の状況は与えられたものではなく、自分自身の「WILL(意思)」であると言い切る主人公。全ては想定の範囲内なのです。


 主人公の自信は一体どこから来るのでしょうか。それは現実をちゃんと受け入れる素直さが作り出すものじゃないかと思います。

 記憶が座のように 輝きながら 繋がる バラバラに見えていたけど 今ならわかるよ

 断片的だった過去の記憶。それをひとつずつ繋げてみたら、ちゃんとひとつの形になっていた。中には思い出したくない記憶もあったでしょう。しかし、それらを全部受け入れ、自分の過去として認め繋ぎ合わせる作業。これは案外出来るようで出来ない事です。

 そこをクリアした主人公は、大袈裟ですが「悟りの境地」に近いものがあるのではないでしょうか。


 記憶が座のように ひとつになって教える

 偶然のしわざじゃなくて 選んだのは 僕の「WILL


 自分の周りで起きている事は全て、偶然じゃなく必然だと。


 かなり哲学的な詞なのですが、中島美嘉の澄んだ歌声は、小難しく考えず「ひとつ大人になった少年」の姿だけを連想させます。

 全部ひっくるめての秋元康マジックなのでしょうか(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: WILL  中島美嘉  秋元康    過去  偶然  必然 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

Marionette ~マリオネット~ 


 

 Marionetteマリオネット~ 歌手:BOφWY 作詞:氷室京介

 歌詞はこちらで。

 1987年7月リリース、BOφWY6枚目のシングル。

 BOφWYは80年代を代表するロックバンドです。洗練された8ビートのタテ乗りサウンド、斬新なビジュアル。音楽界においては「BOφWY前」「BOφWY後」という言葉がある程、日本のロックシーンに大きな歴史を刻みました。

 何よりも2人の天才が同時に在籍していた事が大きいです。ビート系のボーカリストとしては日本一の氷室京介の声と個性的な語るギターの布袋寅泰サウンドの掛け合いは今聴いても鳥肌ものです。

Marionette~マリオネット~

 この曲はBOφWYが既に解散を決めた頃にリリース。既にアルバムの連続ミリオンとバンドとして地位を確立した時期でもあり、「BOØWYの楽曲なら何でも売れるというならこれでも食らえという意識で書いた曲」と氷室氏が語ったとも言われています。

 そう思って聴いてみると、商業的に成功を収めた自分達をMarionette(操り人形)に例えて、皮肉るような言葉が並んでいます。


 冒頭のフレーズ。 もてあましてる Frustration

 全てはここに集約されている気がするのです。欲求不満をどこにぶつけていいのか分からないイライラ感。

 きっとしたり顔でアドバイスをする連中が周りにはいるのでしょう。その輩に向かって、

 You've got an easy day (あんたらが思う程簡単な事じゃねーんだよ!)

 と繰り返す主人公。


 そしていつでもそう…Complain 諦め顔の良くできた歯車の様に

 たとえComplain(不平不満)を並べても、所詮ビジネスの中では歯車のひとつに過ぎない自分達。

 You've got an easy dayなのです。


 更に悲しい自分達の現実の姿が随所に登場します。

 疑う事をいつからやめたのさ

 汚れちまって優しさもなくした Bamboozle(ごまかし)

 しぼんだままで ごまかす様に生きるのか

 馬鹿げてる奴等のいいなりさ

 イジける事にいつから馴れたのさ

 並べただけで気が滅入ってきそうになるネガティブさ。氷室氏の「これでも食らえという意識で書いた曲」というヤケクソ感が伝わってきます。


 それでもサビの部分ではしっかりと、自分を取り戻せと訴えています。

 の中のマリオネット もつれたを断ち切って の中のマリオネット 気分のままに踊りな

 の中のマリオネット あやつるを断ち切って の中のマリオネット 自分の為に踊りな

 バンドとして成功を収めた彼らは、もつれた・あやつるを断ち切って(解散して)それぞれ気ままに自分の為の踊り(ソロ活動)に入ったというのは考えすぎでしょうか。

 この曲のクオリティは「これでも食らえ」レベルにはとても感じられないのです(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: Marionette    マリオネット  BOφWY  氷室京介  布袋寅泰     
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

宙船(そらふね) 


 

 宙船(そらふね) 歌TOKIO 作詞:中島みゆき

 歌詞はこちらで。

 2006年8月リリース、TOKIO35枚目のシングル。ジャニーズ事務所がメンバーの長瀬智也に合う曲を探していたところ、中島みゆきのこの曲に白羽の矢が立ち実現したらしいです。

 それまでのアイドル然とした曲から脱却するような、骨太な大人の男のナンバーです。

 中島みゆきは時折、熱さ・激しさをぶつける楽曲を書きます。その代表のような曲です。後に彼女自身もセルフカバーし、さらにパワーアップさせた熱さを見せてくれています。

宙船(そらふね)

 タイトルの「宙船(そらふね)」は恐らく造語でしょう。宇宙戦艦ヤマトを思わせるようなネーミングです。

 人生という航海に乗り出す。道に外れる事なく、スムーズに海を進行するのが普通のなら、空に舞い上がる気概を持つものを「宙船(そらふね)」と表現しているのでしょう。

 空ではなく、もっと上空の宙としたところにの高さが見えます。

 歌詞の中に繰り返し登場するのは、の「宙船(そらふね)」に乗った者が忘れてはいけない基本姿勢です。

 その船を漕いでゆけ おまえので漕いでゆけ

 おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな


 自分の人生を預けた船を漕ぐのは自らの。決して人任せにするな。ましてや、上げ足を取ろうと狙っているような奴に絶対に任せてはならない!

 道を切り開くのは自分自身。成功も失敗も自分の責任なのです。


 その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか その船は今どこで ボロボロで進んでいるのか

 流されまいと逆らいながら 船は挑み 船は痛み


 必死に先へ進もうと漕いでいるうちに、自分がどこにいるのか分からなくなります。気が付けばが身も心も傷だらけになっている事も。それでもを忘れずオールを動かし続ける事が大切なのです。

 すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても

 たとえたった一人になろうとも。


 そして人生の航海中に出会う理不尽さ。

 何の試験の時間なんだ 何を裁く秤(はかり)なんだ

 何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ


 何かに試されている自分。自分をスコア化する基準の不明瞭さ。自分に近づく人間の目的は何だろうか。そして、自分自身の船を動かすモチベーション維持の難しさ等々…。


 歌唱力・表現力において中島みゆきバージョンが圧倒的なパワーを見せてくれるというのが大多数の意見ですが、私はこのTOKIOバージョンも味があっていいと思います。

 世代的にSMAPと嵐というジャニーズの2大スターにはさまれたTOKIO。彼らがジャニタレとしての立ち位置を模索している姿とオーバーラップしてしまうのです。

 なんとも勝な私の聴き方ですが(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 宙船(そらふね)  TOKIO  中島みゆき    オール     
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

夏のクラクション 


 

 夏のクラクション 歌手:稲垣潤一 作詞:売野雅勇

 歌詞はこちらで。

 1983年7月リリース、稲垣潤一5枚目のシングル。ボーカルと掛け合うようなピアノの音とコーラスのハーモニーが印象的なナンバーです。目を閉じて聴くと、車でゆっくりと海岸線を走っているような心地良いメロディ。ヒットメーカー筒美京平氏の真骨頂です。

夏のクラクション

 曲の心地良さとは反するように、歌詞は恋人との夏の別れ後悔する男の切ない心情を綴っています。


 海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる…

 走り去る恋人の車を見送る男。そのカーブを曲がれば、見えなくなってしまう。そこで二人の恋は終わってしまうのです。

 余談ですが、クーペという言葉が80年代に流行したソアラやプレリュードといったハイソカーを連想させますね。


 悪いのは僕だよ 優しすぎる(ひと)に 甘えていたのさ

 傷口に注ぐGINのようだね 胸がいたい 胸がいたい


 優しい恋人にわがままばかりを言っていた男。それが別れにつながってしまった事を後悔しています。「傷口にGIN」は相当な痛さですね。


 夏のクラクション Babyもう一度鳴らしてくれ In My Heart

 恋人が鳴らすクラクション音。待ち合わせ場所へ到着した時の合図でしょうか。男にとっては胸高鳴る音だったのに違いありません。

 「夏のぉぉぉ~」と伸ばすところが、クラクション音が長いものだったと推測してしまうのですが(笑)


 果たして男は恋人にどんなわがままを言っていたのでしょうか。

 「夢をつかまえて」と泣いたままの君の 波間で手を振る

 傷跡に触れたまるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる


 現状に満足できず、次のステップを夢見ていた男。なかなか思うように行かず、つい恋人にあたってしまった。といったようなわがままじゃなかったのでしょうか。

 「夢をつかまえて」という恋人の言葉。もし彼女が素直な気持ちでそう言ったとしても、男にとっては皮肉に感じられる程、鋭い刃先を光らせたナイフを突き付けられた気分なのです。


 その後悔を含めて、もう一度恋人に戻ってきてほしい。またクラクション音を鳴らしてほしい。

 夏のクラクション に消されて もう聴こえない Leave Me Alone

 「」はその後の二人を取り巻く環境でしょうか。時が経てばクラクションはもう聴こえなくなるのです。残されるのは「孤独」のみ。

 男はそれを分かりきっています。「もう終わった事。無駄だよ。」という心の声に「Leave Me Alone(ほっといてくれ)」と呟く男。


 あの日のように きかせてくれ 躓(つまず)きそうな僕を振り返り

 夢の為に次へ進みたいのに、進めない。それどころかもう躓きかけている。男にはやはり恋人の存在が必要なのですね。もしかしたら振り返ってまた笑顔を見せてくれるのではないかと、淡い期待を寄せる男なのでした。


 過ぎ去ってわかる恋人への想い。夏も同じで、猛暑ばかり続いていやになりますが、過ぎ去ってしまうと懐かしく感じられるものなのですね(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 夏のクラクション  稲垣潤一  売野雅勇  筒美京平  別れ  後悔    孤独 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

あ・れ・か・ら 


 

 あ・れ・か・ら 歌手:ヒロスケ 作詞:文田博資

 歌詞はこちらで。

 1980年にリリースされたヒロスケのシングル。テレビドラマ「ザ・ハングマン」第一シリーズの主題歌。と言ってもリアルタイムで見ておらず、この曲を知ったのは90年代に人が歌うカラオケでした。

 メロウなメロディとお洒落なアレンジがお酒の雰囲気にピッタリで、一生懸命覚えて歌いました(笑)

 ヒロスケは70年代後半のソロデビュー後、レコードを数枚リリースし、音楽活動のため渡米。その後、社会学の勉強をし、現在NYの短大の講師をしているそうです。歌手は休業中みたいですね。

 ちなみに“ゆき姐”でお馴染みの兵頭ゆきさんの旦那さんです。

あ・れ・か・ら

 終わった恋を思い出している男。“あれ”から変わった自分、そして相手は今頃どうしているのかを案じている歌です。


 あれからこのオレも少しは もまれながら暮らした

 しくじったりけつまずいたり 世間並みってことさ


 以前の男は、世間知らずの甘ちゃんだったのでしょうか。その後、色々な経験を積み、世間の風に晒され少しは強くなった自分を女に見てほしいという気持ちなのでしょう。言い換えれば、女に会いたいが為に、それを理由にしているのかもしれません。


 Drunk by Whiskey and Game of Love あの頃覚えたけど

 まださめぬこのの なす術は知らないまま


 酒と恋のかけひきに酔った日々。それでも、女に会う理由に自分の成長を見てほしいと思うのはまだまだ“あまちゃん”ですね。


 あの人のことだから 今も気楽な暮らしだろうか 男達のこがして 笑っているだろうか

 男の想像の中でも、逞しく生きていく女のほうが一枚上手のようです。

 以前の二人も女のほうが恋愛の主導権を握っていたと推測できます。もしかすると、それが我慢できない男との間にいつしか溝が生まれ二人は別れてしまったのかも知れません。

 しかし男の素直な気持ちは戻ってきてほしいのです。


 少しずつ月日は流れ こんなに離れたけど

 伝えておくれあの人に まだ忘れちゃいないと まだ忘れちゃいないと…


 曲の冒頭と最後の締めに登場するこのフレーズ。

 タイトルの「あ・れ・か・ら」。あれは主人公にとって甘い思い出か、苦い思い出か。どちらにしても、女への想いとは別物のようです。


 色々考えると、やはりウイスキーが飲みたくなる曲です(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: あ・れ・か・ら  ヒロスケ  文田博資  Whiskey    Game  of  Love    なす術 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

リボン 


 

 リボン 歌手:槇健一 作詞:槇健一

 歌詞はこちらで。

 1995年、長崎の稲佐山で開かれた「WORLD PEACE FESTA」で槇健一が発表。

 槇健一は決してメジャーなシンガーではありません。知らない方がほとんどだと思います。

 長崎市出身の彼は1995年4月にシングル「夢の吹く丘」でメジャーデビュー。3枚のシングルと2枚のアルバムを発表した後、2002年病魔に倒れ32歳の若さで帰らぬ人となりました。

 そんな彼が発起人となり「平和賛成」をテーマに取り組んでいたライブイベント「ピースビートクラブ」。この「リボン」はそのイベントのテーマソングでした。

リボン

 槇健一の出身地である長崎が歴史上最も悲しみと苦しみに包まれた日がありました。1945年8月9日の原爆投下です。

 この曲は原爆の悲惨さ、平和の尊さを綴っています。

 被爆地長崎では、小学校の頃より平和教育で核兵器の恐ろしさ、愚かさを教えられます。更に、被爆体験のあるお年寄りから話を聞く機会等で、若い世代にも平和の尊さが行き渡っていると思います。

 槇健一氏も先人より伝え聞いた被爆体験から、大切な人を原爆で失った悲しみを表した詩を書いたのだと思います。


 素敵な街だと訪れてきた人々は言う あの石畳も上りつめれば どこか切ない夢の中へ

 異国情緒溢れる人気の観光地“長崎”。華やかさと表裏一体の切ない顔もあるのです。


 祈りを込めて今、千羽の鶴を飛び立たせよう 大地を踏みしめた平和の像も

 指を掲げている 高く高くと かかげている


 写真にある「平和祈念像」の事を歌っています。垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を表わしていると言われています。


 ひまわりが空を仰ぎ 太陽を眺め あの焼けた夏の日も咲いていたのか

 68年前のあの日も、ひまわりは変わらず咲いていたのでしょう。その平和な光景も全部一瞬で吹き飛ばされたのです。


 暮れゆく夏の空に が落ちてくる 帰らぬ友よ 無駄にはせぬと

 だから今、僕らはピースをかかげ 平和を祈りつづけよう


 戦争の一番酷いところは、大切な人を奪っていく事だと思います。残された人間は悲しみに暮れながらも、それでも生きていかなければならない。志半ばで逝ってしまった友の分も。


 最近、隣国とのトラブル等で憲法改正が論議されています。ツイッター等では「話せば分かるは通用しない!」「目には目を!」と声を荒げる戦争論者も見かけます。

 あまり思想的な内容になるのは好きではないので(笑)これ以上は語りませんが、そんな方々に是非、被爆地である広島・長崎や地上戦がおこなわれた沖縄を訪ねてほしいです。

 そしてこの「リボン」を聴いてほしいと思います。


 どんなに風の中へ悲しみ飛ばしても この長崎(まち)はあの日を忘れない

 年々、被爆体験者の数も減ってきています。それでも、長崎はあの悲しい出来事を忘れる事なく、後世に伝えていかなければならないのです。


 ※今回は、是非世界中の人達にこの曲を知って欲しく、68回目の原爆祈念日である8月9日に取り上げました。故槇健一氏の想いが永遠に歌い継がれますように。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: リボン  槇健一  長崎  原爆  平和    希望  永遠 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

ワダツミの木 


 

 ワダツミの木 歌手:元ちとせ 作詞:上田現

 歌詞はこちらで。

 2002年2リリース、元ちとせのデビューシングル。島唄独特のファルセットのこぶしを効かせた歌唱法が印象的な曲です。

 元ちとせは元々は奄美民謡の歌手です。一般的に奄美と琉球の民謡を混合してしまいますが、三線を使ったスタイルでもそれぞれの音階には違いがあり、全くの別物らしいです。

ワダツミの木

 タイトルにある「ワダツミ」の「ワタ」はの古語、「ツ」は「の」、「ミ」は神霊の意。日本神話に出てくるの神の事です。

 なんとも幻想的なタイトルです。歌詞の内容も作詞者の上田現氏曰く、「ある女性が、人を好きになるあまりになってしまう」だとか。

 まるで、人間を好きになった為に泡になったアンデルセン童話の「人魚姫」を彷彿させます。


 の神と人間との禁断の恋にたとえた、許されざる者同士の恋愛という解釈もできますね。


 赤く錆びたに 小さな船をうかべましょう

 うすい透明な風は 二人を遠く遠くに流しました


 二人の駆け落ちの姿なのでしょうか。人知れずひっそりと互いの家を抜け出し、手と手を取って遠く遠くへ旅立ったのでしょう。


 どこまでもまっすぐに進んで 同じ所をぐるぐる廻って

 二人はひたすら遠くの街へ進んでいきました。だけど、頼る宛てもない為に、ただ同じ所を行ったり来たりのくり返しなのでしょう。


 もない暗闇で さまよう二人がうたう歌 よ、もし、聞こえるなら 少し、今声をひそめて

 行く当てもなさまよう二人。それでも一緒にいられる事が幸せなのです。二人声を合わせて歌う歌を誰にも邪魔されたくない程に。


 そして2コーラス目では、何らかの理由でこの二人は離ればなれになったのではないかと推測します。

 彼女の元から姿を消した彼。彼女は今いる地に身を埋め、彼の帰りを待つと決意したのではないでしょうか。

 私の足がの底を捉えて砂にふれたころ

 長い髪は枝となって やがて大きなをつけました


 今の街を生きる場所だと決めた彼女。地に足を付けた暮らしはやがて実を結び始めたのです。


 ここにいるよ、あなたが迷わぬように ここにいるよ、あなたが探さぬように

 すべては去っていった彼の為なのです。きっと戻ってくる事を彼女は信じて、彼がいつでも自分を探せるようにしっかりとした「証」を示しているのでしょうね。


 は照らされて 伸び行くは水の上 よ、もし、聞こえるなら 少し、今声をひそめて

 優しく揺れた水面に 映る赤いの島 よ、もし、聞こえるなら 少し、今声をひそめて


 彼の為に掲げた「証」はの音さえにも邪魔されたくないのです。


 許されざるもの達の禁断の恋。彼女にとっては人生の全てをかけた恋。諦められるものではないのですね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: ワダツミの木  元ちとせ  上田現               
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。