3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


冬のリヴィエラ 


 

 冬のリヴィエラ 歌手:森進一 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1982年11月リリース、森進一のシングル。作曲は大滝詠一。もちろん演歌ではなく、大滝サウンド全開の60年代アメリカンポップ風の曲です。

 前年、アルバム「A LONG VACATION」のヒット後、この他に松田聖子の「風立ちぬ」、小林旭「熱き心に」等、他のアーチストへの楽曲提供が軒並みヒットし、大滝詠一ブームが巻き起こっていました。

 全体的にエコーがかかったようなサウンド、シャンシャンと響くギター音。よく聴くとコード進行が同じ(笑)でも大滝サウンドには心がホッとさせられる独特の世界観があるような気がします。

冬のリヴィエラ

 タイトルにある“リヴィエラ”はイタリア語で「海岸」を意味します。舞台は恐らく港町。男女の別れの場面、男は女に黙って去っていきます。昔の日活映画のワンシーンを思わせるような世界観。石原裕次郎や小林旭の姿が目に浮かぶのです(笑)

 歌詞は主人公の男が女に対してではなく、第三者に話しかける形で進んでいきます。私の想像ではこの第三者は男と女の事をよく知るバーのマスターのような気がします。

 女と滞在していたホテルを出てきた男。桟橋で待つ貨物船で港を出る前に馴染みのバーに立ち寄って、マスターに話しかけているといったところでしょうか。

 彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ

 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ


 男が出ていく事を知らずに眠る女。せめて陽気な唄でも聞かせて、心を慰めてやってほしいという男の優しさでしょうか。

 二人が別れる理由はなんなのでしょう。1コーラス目ではまだ明らかにされていません。でも黙って出て行くのには理由があります。

 冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね

 悲しければ 悲しいほど 黙り込むもんだね


 人間、本当に哀しい時には黙り込むものなのです。感情を露わにしてしまうと、それで相手との傷が深くなるのが怖いからかもしれませんね。


 寡黙な男ですが、女はその真意を分かっていたのです。

 彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて

 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小瓶さ


 何も語らずとも以心伝心。男からもらった指輪と男の好きな酒をこっそりと鞄に入れる女。なんとも粋な行為ですよね。

 そんな二人が別れる理由は2コーラス目のサビで明らかになります。

 冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ

 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる


 そう、人生は思い通りになりません。相手の事を愛しく思えば思うほど、すれ違いが生じてくるのもまた人生。

 相手の事が嫌いになった訳ではないのです。「可愛さ余って憎さ百倍」という表現もあるように、二人の距離が縮まると生まれてくる近親憎悪的なすれ違い。気がつけばこの二人は背中合わせになっていたのでしょう。


 ※2013年大晦日、大滝詠一氏の訃報。あまりに突然すぎる為、黙って去っていく主人公の姿とオーバーラップしてこの曲を取り上げました。ご冥福をお祈りします。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 冬のリヴィエラ  森進一  松本隆  大滝詠一  別れ  寡黙 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

寒い国から来た手紙 


 

 寒い国から来た手紙 歌手:泉谷しげる 作詞:泉谷しげる

 歌詞はこちらで。

 1975年8月リリース、泉谷しげる5枚目のシングル。それまで所属していたエレックレコードを離れ、小室等・井上陽水・吉田拓郎とフォーライフレコードを設立。移籍後初シングルです。

寒い国から来た手紙

 泉谷しげるといえば、強面の顔にぶっきらぼうな態度。人の番組に乱入しては大暴れ。でも笑った目がとても可愛くて、災害が発生すれば被災された方への支援活動へ走る男気。自由奔放に生きているように見えて、人への気遣いをする繊細な神経の持ち主なんじゃないだろうかと思います。

 この曲は北国出身の若者が、都会で夢にしがみついてあがいている時に、故郷からの「帰ってこい」の手紙に心揺れる様を描いたと解釈できます。

 本人の作詞ですので、自分自身の事を歌ったのかと思いきや、泉谷氏は東京出身なのですね。では完全な創作の世界なのかというと、実はそうではなさそうです。

 泉谷氏はエレックレコードからデビューする際に、フォークシンガーとして東京都出身では、ハクがつかないので、青森出身として売り出したそうです。(実際に彼の両親の故郷が青森)

 その事を踏まえて歌詞を見てみます。

 冬の国から都のすみへ便りが届く 壊れた夢にしがみつかずに早く帰れよと

 夢はまだ醒めてないからしばらくここにいる ひねてないのにひねくれてみて無理に出す返事


 1コーラス目のAメロ部分です。

 諦めて早く帰ってこいという親、兄弟(もしくは友達)。実は主人公も潮時じゃないかと思いつつも、「まだ夢は続いている」とうそぶいて返事を出しています。

 東北出身という作られたプロフィールだと、すんなりと入ってくる歌詞です。

 でもサビの部分で泉谷氏は別の苦悩をぶち込みます。

 まぼろしよ 早く 消えてくれよ 渇いた笑顔は 僕には似合わない

 この「まぼろし」とは自分がまだ見ている夢の事なのか?そう解釈もできますが、私はこれは東北出身であるという本人の作られたプロフィールじゃないかと思うのです。

 新しいレコード会社に移籍して、これから好きな道を走っていこうとするのに「足かせ」となる詐称されたプロフィール。それを「まぼろし」、「渇いた笑顔」と表現したのかもしれません。

 創作の世界に見せかけて、自分の置かれている状況を歌った。そう解釈できないでしょうか。
 
 その後突っ走り始めた泉谷氏は、フォークシンガーだけでなく役者としても活動を広げていきます。そして前述したような多彩な顔を持つ愛すべきキャラクターを確立していったのではないかと。


 今回はかなり主観的すぎる分析でした(笑)ともあれ、初出場する紅白歌合戦でどのように暴れてくれるの楽しみです。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 寒い国から来た手紙  泉谷しげる  渇いた笑顔  まぼろし  さめない夢 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

恋するフォーチュンクッキー 


 

 恋するフォーチュンクッキー 歌手:AKB48 作詞:秋元康

 歌詞はこちらで。

 2013年8月リリース、AKB48メジャー32枚目のシングル。

 AKB48のプロデュースを見ていると、昭和のプロレスを思い出します。

 プロレスには段取りや予定調和という意味の「アングル」という隠語があります。ある一定期間に選手間での対立関係を育てながら地方巡業を回り、最終戦の大舞台で決着をつける。そして盛り上げるために裏切り・乱入等の人間ドラマを中に挟みます。それが「アングル」です。

 ファンも「アングル」という存在を分かっていながら、バカになったふりをして熱狂する。それがプロレスの正しい楽しみ方かと(笑)

 秋元康氏はAKB48の売り込みに、ちょいちょいその「アングル」を挟んでいるような感じがします。

恋するフォーチュンクッキー

 この曲でセンターを務めた指原莉乃は以前、男性関係のスキャンダルで、東京から福岡に左遷されました。いわゆる「都落ち」ですね。でもここから「アングル」は始まっていたのです。

 翌年の総選挙で本命を抑えての一位。予想を覆しての大逆転でセンターの称号を手に入れました。左遷された指原に対する判官びいきと「オラが町アイドル」を応援したいとう地方の人の心情が働いたのだと思います。

 この辺りの流れが、昭和プロレスのドラマチックな展開を彷彿させます。そしてプロレスの最終戦に当たるのがこの曲なのではないでしょうか。

 歌詞に登場する女の子は、自分に自信が無く好きな男の子に告白する事をためらっています。その子に勇気を与えるのがフォーチュンクッキーとはおみくじが入ったお菓子で、日本からアメリカに渡り、向こうの中華料理店のデザートで提供されている文化だそうです。

 人生捨てたもんじゃないよね あっと驚く奇跡が起きる あなたとどこかで愛し合える予感

 世界は愛で溢れているよ 悲しい出来事忘れさせる 明日は明日の風が吹くと思う


 このようなポジティブワードが並べられたアイドルの曲らしいシンプルな歌詞です。でも主人公を指原に置き換えてみると、ドラマが見えてくるのです(笑)


 まわりを見れば大勢の 可愛いコ達がいるんだもん 地味な花は気づいてくれない

 1コーラスBメロの部分ですが、AKB48の中で「ヘタレキャラ」の指原の立ち位置そのものではないでしょうか。

 2コーラス目には更にそうではないかと思わせるフレーズが。

 性格いいコがいいなんて 男の子は言うけど ルックスがアドヴァンテージ

 いつだって可愛いコが 人気投票1位になる 私も見て


 これは完全に総選挙の事ですね(笑)

 「ヘタレキャラ」「スキャンダル」「左遷」といったアドヴァンテージ。逆風をはねのけての一位獲得。秋元康氏はそこまで計算していたのか、それとも偶然が偶然を呼んでそうなったのか。どちらにしてもファンを巻き込んでの復活劇であり、この曲がその総仕上げなのは間違いないです。


 ツキを呼ぶには 笑顔を見せること

 くり返しサビにあるフレーズがこの曲のテーマだと思います。笑う門には福来るのです。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 恋するフォーチュンクッキー  AKB48  秋元康  指原莉乃  ツキ  ポジティブ  アングル 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

サーチライト 


 

 サーチライト 歌手:玉置浩二 作詞:玉置浩二須藤晃

 歌詞はこちらで。

 2013年11月リリース、玉置浩二25枚目のシングル。本人も出演した日本テレビ系ドラマ「東京バンドワゴン」のエンディングテーマ。劇中で演じたのは「LOVEだね」が口癖の自由奔放に生きる伝説のロッカーでしたが、そのキャラクターが玉置浩二そのもので、演技ではなく自然体な感じがしました。

 以前も書いた事があるのですが、この人は本当に歌が上手いです。

 数々の奇行でワイドショーを騒がせる事が多いですが、それもこれも凡人には理解し難い天才故の言動だと思えば納得できるほどの上手さなのです。

サーチライト

 進むべき道を見失った男。それをサーチライトのように明るく照らしてくれた人。そのありがたさに気づくという歌詞だと解釈できます。

 作詞は玉置氏と浜田省吾や尾崎豊のプロデュースで有名な須藤晃氏の共作です。浜省や尾崎の歌詞のように、まだ人間的に未熟な青年の苦悩の香りがするのは、そのせいでしょうか。


 ラムネの瓶の 中のガラス玉 どうしても直ぐに 手に入れたくて

 雨に濡れたまま 泣きながら 泣きながら 粉々に割ったんだ


 誰しもラムネ瓶の中のビー玉が欲しいという経験ありますよね(笑)目の前にあるのにどうしても手に入れられられないもどかしさ。そのためには瓶を壊さなければなりません。

 ビー玉を「地位や名声」に置き換えても同じ事が言えるのではないでしょうか。強引に手に入れようとするなら、そこで大切な何かを犠牲にしなくてはいけない。となると人間は自分の立ち位置を見失ってしまうのです。


 けなげに咲いてる ありふれた花 枯れてもいいと思ってたのに

 乾いたこの心で ちぎっても ちぎっても どうしても 枯れなくて


 ありふれた花の存在は中々眼中に入りません。家族や友人、恋人等、常に自分の身近にいてくれる存在は当たり前過ぎて、そのありがたさに気づかないものです。


 涙が溢れて とまらなくなって 小さな光を 探した夜に

 必ず僕を照らす サーチライトは そうなんだ 君なんだ 君なんだ


 自分を見失い、辛くてたまらなくなった時に、この男は自分を支えて未来への道標を示してくれた人の存在に気づいたのです。

 そして今度は自分がその大切な人を支える存在になりたいと。

 怖くて 寒くて 眠れなくなって 誰かの胸を 探した夜に

 必ず君を照らす サーチライトに 僕は なれるかな なれるかな

 サーチライトを ずっと ずっと 信じてる 信じてる


 家族愛を綴ったドラマのエンディングテーマだっただけに、そこには単に男女間の愛情よりもっと深い「無償の愛」が感じられます。

 曲を聴いていると温かい気持ちになり、自分も照らし、照らされる「サーチライト」のような存在になりたいと思ってしまいます(笑)

 やっぱり「LOVEだね」なのです。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: サーチライト  玉置浩二  須藤晃  無償の愛  LOVE 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

12月のエイプリルフール 


 

 12月のエイプリルフール 歌手:EPO 作詞:EPO

 歌詞はこちらで。

 1985年11月リリース、EPO10枚目のシングル。

 EPOは80年にシュガー・ベイブのカバー曲「DOWN TOWN」でデビュー。当時の人気芸人が勢ぞろいした「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマに起用され一気にメジャーになりました。

 よく「山下さんちのEPO子ちゃん」と揶揄されてたように、山下達郎サウンドを体現するシンガーです。

 師匠・山下達郎の代表曲「クリスマス・イヴ」よりもよりドラマチックなシチュエーションを表現したクリスマスソングがこの「12月のエイプリルフール」だと思います(かなり独断ですが)

12月のエイプリルフール

 懇意にさせていただいているブロガーさんも、この曲を取り上げてらっしゃいました。その方は「恋の終わりを感じている主人公とまだ愛しているかのように振る舞う彼との気持ちの微妙な温度差を表現」と解釈されていましたが、まさにその通りだと思います。

 舞台はすべての中。密室という空間が二人の想いの温度差をより浮き上がらせている気がします。

 こごえる空に もみの木の明り 街中は賑やかに メリー・クリスマス

 あなたと過ごす はじめてのイヴを あわい思い出に するはずだった


 微妙な空気が流れる内とは対照的に、綺麗にライトアップされた街並みと楽しそうに行き交う人達。イヴは「はじめて」訪れる筈でした。まだ付き合って1年未満の二人だったのですね。

 更に2番の歌詞の中にある 後ろの席に置いた紙袋 もらわれるあてのないプレゼント のフレーズが、クリスマスで浮かれる世間から置きざりにされたかのような彼女の切ない気持ちを表わしています。


 恋を終わらせたいのに 優しくするなんて 嘘つきだわ

 まわした手をほどいて Good-bye Good luck


 愛しているかのように振る舞う彼の行動。でも彼女はそれが嘘であると見抜いているのでしょう。

 そして最終的に彼女の下した結論、

 せつない片想いに Good-bye Good luck みのらない恋の 幕ぎれだった

 別れという幕切れを選んだのですが、ここでおやっ?と思わせるのが「せつない片想い」「みのらない恋」というワードです。

 妻子ある男性との不倫関係だったのかもしれませんね。それならばイヴも一緒に過ごす事も難しいだろうし、別れを決意している彼女への彼の優しくするという行為も「浮気心」から来たものならば納得できます。


 そしてタイトルの「12月のエイプリルフール」。本来なら「12月の嘘」でもいいはずなのに、何故、季語にならないエイプリルフールと付けたのか?

 もし私が予想しているように、この二人の関係が不倫ならば「嘘」という言葉はあまりにもトゲトゲしく生々しい感じがするのです。

 エイプリルフールは直訳で「4月バカ」。ジョークのある嘘で笑ってしまおうというイベントですよね。主人公も不倫をしてしまっていた自分の行為を、あえて「4月バカ」になぞらえようという気持ちが見え隠れします。

 「私ってバカだなぁ」という苦笑い。いや泣き笑いですよね。そうする事でこの恋に幕を引いて、次の生き方を始めようという前向きさが漂ってくるのです。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 12月のエイプリルフール  EPO  クリスマス  山下達郎    別れ  不倫  プレゼント 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

夢先案内人 


 

 夢先案内人 歌手:山口百恵 作詞:阿木燿子

 歌詞はこちらで。

 1977年4月リリース、山口百恵17枚目のシングル。阿木燿子宇崎竜童夫妻の作品です。

 山口百恵は70年代を代表する女性歌手ですが、ヒットチャート1位を獲得した曲が以外に少なく(4曲)この曲が最後の1位獲得曲です。

 デビュー前の中森明菜は「スター誕生」でこの曲を歌い、優勝しスカウトされました。

夢先案内人

 歌詞はいかにも70年代のアイドル然とした「」をテーマにしています。

 の中で好きな人との逢瀬を楽しむ女の子。夜が明けて現実に引き戻され切ない気持ちになる。私はただそれだけの歌じゃない悲しさがなんとなく感じられるのです。

 歌っている山口百恵の出すオーラがそうさせているのかもしれませんが(笑)


 1番~3番のAメロは、それぞれの中の楽しい風景。

 月夜の海に 二人の乗ったゴンドラが 波も立てずにすべってゆきます

 三日月模様 空が尖ってゴンドラも スピード上げて進んでゆきます

 月は光を朝に隠して影だけが 白く細い線になりました



 そして目覚めが近づくと共に、徐々にの終わりを告げるようなBメロ。

 朝の気配が 東の空をほんのりと ワインこぼした色に染めてゆく

 朝は半分 ビロード製の幕上げて 水の表面を鏡にしてゆく

 太陽が今 たくさんの雲従えて きらめきながら昇ってゆきます


 美しい朝の描写です。美しさが増せば増すほど、切なさもつのる。


 この相手は主人公の女の子にとっては夢の中だけでしか思いを伝えられない存在なのでしょう。果たして実生活で存在する好きな男性なのか、それとも憧れている芸能人なのか。

 しかし別のパターンを思わせるフレーズがあります。3番のラストの歌詞です。

 見つめる二人生きてることの喜びに 言葉を失くす夜明け前です

 夢の中で生きてる事を喜ぶ二人=夢の中でしか生きていない=この彼は既に亡くなった人という解釈もできます。

 現実ではもう逢えない彼とのデートを夢の中で楽しんでいる歌と捉えれば、曲全体からにじみ出てくる悲しさの意味が分かるような気がするのです。

 ちょっと飛躍しすぎな解釈ですが、山口百恵という歌手が持つ陰の部分が、単なる夢見る夢子さんの歌だけでは終わらせてはくれないのです(笑)


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 夢先案内人  山口百恵  阿木燿子  宇崎竜童  夜明け前    現実 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

アン・ドゥ・トロワ 


 

 アン・ドゥ・トロワ 歌手:キャンディーズ 作詞:喜多條忠

 歌詞はこちらで。

 1977年9月リリース、キャンディーズ15枚目のシングル。70年代後半のスーパーアイドル・キャンディーズ。彼女達のイメージはミニスカートのヒラヒラ衣装で歌い踊る元気な女の子ですが、この曲はロングのドレスに身を包んだ大人っぽい雰囲気を前面に出しています。

 以前に彼女達を取り上げたドキュメンタリー番組を見たのですが、二十歳を過ぎた彼女達に「キャンディーズ大人化計画」というのが持ち上がり、その第一弾として発表されたのがこの曲だそうです。

アン・ドゥ・トロワ

 タイトルの「アン・ドゥ・トロワ」はフランス語の「1・2・3」。バレエのレッスンで使われる掛け声として有名ですね。バレリーナのようなしなやかさ・繊細さを表現した曲かと思いきや、案外情熱的な歌詞になっています。

 ちょっと下世話な解釈をしてしまうと、思い焦がれた人と迎えた「初夜」に覚悟を決めて勝負を挑む女性の姿を描いているように思えるのです。その時の女性の高鳴る胸の鼓動を「アン・ドゥ・トロワ」と表現しているのではないでしょうか。


 あなたの胸に耳をあてれば それは真夜中の時計の響き

 こきざみに ときめくこころ


 出だしのこのフレーズから、これまでのキャンディーズの曲とはひと味違う大人の雰囲気が漂ってきます。相手の鼓動が胸から伝わる位寄り添う二人。ドキドキの大人の世界です(笑)


 時のたつのも忘れなさいと 寒い国から駆けてきた 恋という名のピエロが踊る

 ピエロが理性を捨てて道化に徹するように、見栄やプライドを捨て本能の赴くままに、時間すら忘れて身を恋人に委ねなさいと自分で自分に言い聞かせているのでしょうか。

 人は誰でも一度だけ すべてを燃やす夜がくる 今がその時 ためらわないで

 正に勝負の時(笑)なんとも情熱的なフレーズです。伊藤蘭のソロパートなのですが、彼女の艶めかしさには今でもハッとさせられます。


 2番の歌詞には駆け落ちを連想させられるフレーズがあります。

 今日からはあなたと二人 誰も知らない出発(たびだち)だから

 アン・ドゥ・トロワ 今がその時もう戻れない

 「恋愛に制限のあるアイドルが、恋に落ちた相手と駆け落ち。それまでの生活を全部捨てて、ひとりの大人の女性として新生活を始める。」といった妄想までさせてしまう程、キャンディーズの表現力は見事です。


 ちなみに「キャンディーズ大人化計画」は頓挫します。この曲を発表する2ヶ月前に「普通の女の子に戻りたい」と彼女達は引退宣言してしまったのです。

 作曲の吉田拓郎はのちにセルフカバーし、「ばいばいキャンディーズ」と副題を付けて、彼女達への惜別の曲としています。

 色々な意味で、彼女達の転機になった曲なのでしょうね。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: アン・ドゥ・トロワ  キャンディーズ  喜多條忠  吉田拓郎  大人 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク