3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


恋しくて 


 

 恋しくて 歌手:BIGIN 作詞:BIGIN

 歌詞はこちらで。

 1990年3月リリース、BIGINのメジャーデビューシングル。BIGINはこの曲でオーディション番組「いかすバンド天国」で大絶賛され、イカ天キングに。その後、曲は日産自動車のCMソングに起用されました。

 この曲を聴くと何故か海の風景が目に浮かびます。しかし、歌詞の中に海の描写は一切ありません。BIGINが石垣島からやって来たバンドという事もあるのでしょうが、三連符の心地よいリズムが寄せては返す波の音のように感じられるのです。

 恐らく、アレンジ的にインスパイアしたであろうハニードリッパーズの「Sea of Love」が私の脳裏を過るからかもしれません(笑)

恋しくて

 別れた恋人の事を振り返る男(?)の心情を歌っています。?を付けたのはこの時点で男だと断言できないからです。もしかしたら女かもしれません。

 ただ、歌詞の最後に主人公の心情を「ブルース」と表現しているところからみて男なのでしょう。偏見ですが、女性の切ない気持ちとブルースがどうしても一致しません。消去法で男とさせていただきます(笑)

 タイトルの「恋しくて」は男の気持ちの優先順位からいって3番目です。それ以前にある2つの思いは「切ない」と「悲しい」。この2つの気持ちを前面に出すと、主人公の悲惨な現状が目立ってしまう為、あえて3番目の「恋しい」をタイトルにしたのではないでしょうか。そんなところにもセンスを感じます。

 Aメロの出だしの部分

 恋しくて泣き出した 日々などもう 忘れたの(?)

 今さらは もどれない キズつけあった日々が長すぎたの(?)

 語尾に(?)を付けて疑問形にすると、誰かに対する問いかけという解釈ができます。これは別れた恋人に対してでしょうか。私は自問自答しているのではないかと思います。長くキズつけあった二人が別れたのなら、遠く離れて連絡すらついていない状況でしょう。

 周りに対しては強がって見せている男。でも本心はどうなのでしょうか。自分でも少し分からなくなってしまい、第三者的に確認しているように感じます。

 その問いかけに対する自分の答え。

 もどる気は ないなんて ウソをついて笑ってても

 信じてた もう一度 もう一度 あの頃の夢の中


 これが本心なのですね。もどる気がないというのは強がった「ウソ」だと断言しています。やはり「もう一度」(くり返しで強調)と願っているのです。

 そして過去の自分態度に対する後悔も。

 かわす言葉 ゆきづまりのウソ 好きなら好きと Say again 言えばよかった

 普段の恋人との会話の中で、ついつい格好つけてウソを付いた自分がいたのでしょう。好きという気持ちもちゃんと伝えられなかった。ズバリ「素直じゃなかった」のです。

 恋人に対する想いに加えて、そんな自分の天邪鬼だった態度が「切ない」「悲しい」「恋しい」気持ちに拍車をかけているのでしょうね。

 好きな人の前では「素直」になる事が一番大切なのです(笑)


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 恋しくて  BIGIN  恋しい  悲しい  切ない  ブルース  素直  ウソ 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

あなたに 


 

 あなたに 歌手:MONGOL800 作詞:上江洌清作

 歌詞はこちらで。

 2001年9月リリース、モンゴル800のインディーデビュー2枚目のアルバム収録曲。シングルカットはされていませんが、ライオン「トップ」のCMソングに起用されたことでアルバム自体が大ヒット。その後のこの曲は様々アーチストにカバーされています。

 2012年にはフジテレビ系ドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』のオープニング曲としてメインキャスト7名によるカバーとして起用され再注目されました。

あなたに

 80年代後半から90年代にかけて「青春パンク」というジャンルの音楽が流行しました。ザ・ブルーハーツやJUN SKY WALKER(S)に代表される音楽です。そこには本家本元のUKパンクのように反社会的や思想的なものではなく、もっと身近な若者の日常を歌ったものでした。

 身近なテーマを扱ったものであるが故、人間の心の浮き沈みや葛藤などを取り上げた繊細な歌詞が多かったような気がします。

 モンゴル800もその流れを汲んだバンドではないでしょうか。この曲の歌詞もふとした事で大切な人の存在を再認識した主人公の心の内を綴ったものと解釈できます。


 よく「若さ故の暴走」と言いますが、若い時はなかなか周りの事が見えずに自信過剰になってしまうパターンがあります。「天狗になる」という表現が分かり易いでしょうか。

 自信を持つのはいい事なのですが、己の本当の姿をわからないまま年を重ねていくのは非常に危険な事です。

 この曲の主人公は本当の自分を、人とのふれあいの中で知ったのです。


 人にやさしくされた時 自分の小ささを知りました

 あなた疑う心恥じて 信じましょう心から

 歌詞の冒頭Aメロのフレーズ。この2行に曲全体のテーマが集約されていると思います。

 自信過剰で周囲に対して攻撃的だった主人公。そんな彼を暖かい目で見守り、親切にしてくれた人がいたのでしょう。その優しさが主人公の現実の姿を気づかせたのです。

 同時に彼は、大切な人の存在を再認識しました。トンガって雑に扱っていた“あなた”。数々の迷いがあり、紆余曲折の後に辿り着いた“あなた”への想い。そして気がついた“あなた”の大切さ。


 その後は主人公のこれまでの懺悔とも取れる“あなた”への想いが綴られています。

 そして曲のラストのフレーズ。

 こんな世の中 誰を信じて歩いてゆこう 手を取ってくれますか?

 強気で突っ走っていた主人公が急に弱気になったかのように見えますが、そうじゃないと思います。

 自分の小ささを知った彼は、人と支えあわなければ一人ではこの世の中を生きていけない事に気づいたのです。

 それを踏まえての「手を取ってくれますか?」じゃないでしょうか。


 人間は己の弱さ小ささを認める事で本当の強さを手に入れるのでしょうね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: あなたに  MONGOL800  上江洌清作  モンゴル800  小ささ  弱さ  強さ 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

銀の龍の背に乗って 


 

 銀の龍の背に乗って 歌手:中島みゆき 作詞:中島みゆき

 歌詞はこちらで。

 2003年7月リリース、中島みゆき38枚目のシングル。フジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」(第1、第2シリーズ)の主題歌。

 印象的なイントロを聴くと今でもドラマのシーンが頭の中に浮かんできて涙腺がウルウルしそうになります(笑)

銀の龍の背に乗って

 歌詞に登場する主人公は、自分の未熟さ・非力さを嘆きもがいています。そんな今日までの自分と決別し、明日からは勇気を持って動いていこうという決意の歌だと解釈できます。

 夢が迎えに来てくれるまで 震えて待ってるだけだった昨日

 明日 僕はの足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」


 主人公は常に受身だったのですね。何かトラブルが起こっても、誰かが解決してくれるのを待つだけの存在だったのでしょう。

 歌詞に登場するは、主人公の中に眠っている「勇気」を象徴しているのではないでしょうか。に「さあ、行こうぜ」と声を掛けるのは、降りかかった問題に自ら立ち向かう為の決意の表れだと思います。


 では、主人公に決意をさせたのは一体何だったのか?それは歌詞の冒頭にあります。

 あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷(いた)んでいる

 苦しんで主人公へ助けを求めている人がいたのです。人は誰かに必要とされて、自分の存在価値を見出す場合があります。主人公もきっとそれが眠っていた勇気を目覚めさせるきっかけになったのでしょう。


 急げ悲しみ 翼に変われ 急げ傷跡 羅針盤になれ

 助けを求めている人の苦しみが、主人公を飛び立たせる翼になり、方向性を決める羅針盤になったのですね。


 それでもまだまだ未熟な主人公。

 わたボコリみたいな翼でも 木の芽みたいな頼りない爪でも

 明日 僕はの足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ、行こうぜ」


 翼も爪も龍としての体をなしているとは言えません。それでもやると決めたらやらにゃいかん(笑)勇気を振り絞って「さあ、行こうぜ」と声を掛ける主人公なのです。


 この主人公の姿を自分に置き換えてみると、共感できる部分が多いと思います。最初から強い人間なんて存在しません。誰しも不安と戦いながら、若干の虚勢を張って生きているのではないでしょうか。

 プラス、困難に遭遇して痛みを体験するからこそ人に優しくできるのです。その人間の本質を指摘したフレーズが2コーラス目のAメロにあります。

 柔らかな皮膚しかない理由(わけ)は 人が人の痛みを聴くためだ

 柔らかな皮膚=弱い存在なのは人の苦しみ・悲しみを理解する為なのです。

 説得力がある奥深いフレーズだと思います。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 銀の龍の背に乗って  中島みゆき    勇気  非力  未熟 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

イージュー★ライダー 


 

 イージュー★ライダー 歌手:奥田民生 作詞:奥田民生

 歌詞はこちらで。

 1996年6月リリース、奥田民生6枚目のシングル。タイトルからデニス・ホッパーとピーター・フォンダの「イージーライダー」にインスパイアされたものだと分かります。

 イージューとは業界用語で30(E10)を意味するそうです。30代を迎えた男の人生観を歌ったナンバーですね。

イージュー★ライダー

 1996年当時に30代を迎えた人は、バブル入社組と呼ばれた世代です。景気が良かった時代に売り手市場で就職し、入社数年はまだまだイケイケドンドンでいわゆる「調子に乗っていた」世代だと思われます(笑)

 ところがバブルがはじけて平成不況に突入。そして就職氷河期を勝ち抜いてきた出来る後輩からの突き上げ。さらにIT革命で何から何までデジタル化。最後のアナログ世代であるバブル入社組には苦難の時代が続きます。

 これらの事を頭に入れて歌詞を読むと、様々な事で叩かれている30代男が夢見る自由を綴っているのだと解釈できます。

 男が夢見るのは目的がない旅。そこにはテレビ・ビデオなどの世俗を反映する「縛りもの」が無い代わりに時間だけは死ぬほどあるのです。


 名曲をテープに吹き込んで あの向こうの もっと向こうへ

 現代はデジタルオーディオの時代。この曲が発表された1996年もすでに音楽メディアの主役はCDやMDへと移っており、「カセットテープ」は過去の遺物になっていました。

 でもこの30男の青春はカセットテープだったんですよね。そのカセットテープと時代から取り残されつつある今の自分をリンクさせて悲哀をサラリと演出している気がします。

 温かみを感じられないデジタル社会から逃げて自分を取り戻す為には、アナログの象徴であるカセットテープは欠かせないアイテムなのです。


 そして曲の後半の繰り返すサビで、男は自分が思う自由と青春について延々と並べています。

 僕らは自由を 僕らは青春を 気持ちのよい汗を けして枯れない涙を

 幅広い心を くだらないアイデアを 軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

 眠らない体を すべて欲しがる欲望を 大げさに言うのならば きっとそういう事なんだろう


 きっと全部、今の男が欲しいものなのかもしれません。眠らない体やすべて欲しがる欲望は究極のものとしても、汗、涙、幅広い心、アイデア、ユーモア、賢さは人間らしく生きていく為にに必要なものです。それらが不足していると考えると、男は心に病を抱えているのかも?と想像してしまいます。

 主人公の男は心の病で社会からドロップアウトした考えるとさらに歌詞に深みが出てくる気がします。


 奥田民生のキャラクターから淡々とした脱力系の曲と思いきや、案外と闇の部分が見えてくるのは考えすぎでしょうか(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: イージュー★ライダー  奥田民生  逃避行  アナログ  カセットテープ  ドロップアウト 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク