3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


ロビンソン 


 

 ロビンソン 歌手:スピッツ 作詞:草野正宗

 歌詞はこちらで。

 1995年4月リリース、スピッツ11枚目のシングル。この曲の大ヒットでスピッツは一気に世間に認知されてメジャーバンドになりました。

 聴く側の年齢層が高くなると、最新の音楽事情について行けなくなり、どちらが曲名でどちらがバンド名(歌手名)か分からない現象がよくあります。その走りがこの曲のヒットだったと思います。当時の年配者はスピッツロビンソンなのか、ロビンソンスピッツなのかで頭を悩ませたのです(笑)

ロビンソン

 “スピッツロビンソン現象”が起きた大きな原因はタイトルの分かりにくさだと思います。ロビンソンという固有名詞に一体どんな意味があるのか、曲を聴いてもさっぱり分かりません。

曲名は、作曲者の草野マサムネがタイを旅行した際に印象に残っていたというロビンソン百貨店から命名されたもので、制作時の仮タイトルだったものがそのまま正式名称に採用されたが、楽曲そのものとは関連性はなく、歌詞中にも「ロビンソン」というフレーズは一切登場しない。
(出典:ウィキペディア)

 ウィキペディアで調べるとこのような記述もあり、歌詞に関連するような直接的な意味はないようです。


 歌詞を読み込んでみると、現実逃避をする男の物語のような解釈ができます。各コーラスのAメロで実社会で辛い生活を強いられている姿が表現されています。


 (1コーラス目)

 新しい季節は なぜか切ない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた

 思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに


 新しいスタートを切ったのに、なかなか思うように行かない暮らし。ここで出てくる「君」は心の中から客観的に見ている自分の事だと思います。思い出の品と楽しかった頃にすがり、ため息を付く毎日を送っているのでしょう。


 (2コーラス目)

 片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬よせるよ

 いつもの交差点で 見上げた丸い窓は うす汚れてる ぎりぎりの 三日月も僕を見てた


 捨てられて、弱り死を迎えつつも呼吸を続ける野良猫。世間から捨てられて精神的に瀕死状態の自分に投影させています。

 交差点で見上げる丸い窓とは、様々なしがらみで窮屈な今の自分の環境の事をいっているでしょう。視野が狭くなった彼は大きな空を見渡せず、ギリギリの三日月がわずかに見えるだけなのです。


 そんな辛い毎日で彼の意識は内に内に向かっているのではないでしょうか。

 誰も触れない 二人だけの国

 二人とは前述したように客観的に見ている君である僕と、心の中の僕の二人だと思います。誰にも邪魔される事のない、自分の中に存在する世界。そこに彼は逃げ込んでいってるような気がするのです。


 しかし単なる現実逃避ソングだけでは終わらないのが、最後のフレーズです。

 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る

 今は沈んでしまっている自分も何かのきっかけで浮上する事ができるはずだという解釈ができないでしょうか。

 特に「ルララ」というスキャットが、悲壮感を消してくれてます。自分の力で這い上がってやる!のような熱血ド根性的なものではなく、「なんとかなるよ~」とちょっと能天気なフワフワ感を漂わせてるのです。


 ここまで解釈してみると、タイトルの「ロビンソン」にも本当はちゃんとした意味があるのじゃないかと探りたくなってきました(笑)

 まず思い浮かぶのが、ロビンソン・クルーソー。有名な冒険小説の主人公ですよね。

 そして、歌詞に出てくる宇宙というワードから連想するのが古いアメリカドラマ「宇宙家族ロビンソン」。これも未知の宇宙へ飛び出した家族の冒険ストーリーです。

 タイトルに冒険の意味が込められているとすれば、ただの引きこもりソングではなく、心の中の高いステージへ意識を持っていく壮大なテーマが隠されているという解釈もできます。


 でも、色々考えるよりもミディアムテンポのリズムと心地よいメロディを楽しんだほうがいい曲ですよね(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: ロビンソン  スピッツ  草野正宗  現実逃避  冒険 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

明日、春が来たら 


 

 明日、春が来たら 歌手:松たか子 作詞:坂元裕二

 歌詞はこちらで。

 1997年3月リリース、女優松たか子の歌手デビューシングル。ブームになったアナ雪の挿入歌「Let It Go」で証明されましたが、この人は本当に歌が上手いです。

 個人的に「Let It Go」のような熱唱型の楽曲より、サラっと歌うこの曲のほうが彼女の声には合っている気がします。

明日、春が来たら

 毎年、春先になるとこの曲が聴きたくなります。歌詞の中で出てくるワード「白いボール」、「スタジアムの歓声」が春の甲子園やプロ野球の開幕という“球春(きゅうしゅん)”を連想させてワクワクした気分になるのです。野球が好きな人にとっては、寒い冬が終わって訪れた春。それを体現させてくれる曲だと思います。


 この曲の主人公の女性にとっても、そんな春先の懐かしい記憶が歌詞の中に綴られています。


 走る君を見てた 白いボール きらきら 放物線描いて 記憶の奥へ飛んだ

 振り返る君遠くへ 追いかけてるまっすぐ スタジアムの歓声 夢の中で繰り返す

 想い出の中の彼は高校野球の選手、彼女は女子マネージャーのような関係性だったのでしょう。ひたすらに白球を追い続けた彼とそれを応援していた彼女。青春の甘酸っぱい記憶です。


 彼と彼女が互いに想いを寄せながらも、上手く表現できなかったのが2番のBメロから分かります。

 そばにいたら二人 なぜかぎこちなくて そばにいればもっと わかりあえたはずなのに

 同じ空間にいても、そこは選手とマネージャーという線を一本引いた関係を守っていたのでしょう。気持ちと裏腹に素っ気ない態度が妙にぎこちなく見えるのが想像できます。


 この曲は単に懐かしい青春の1ページを歌っただけではないと思うのです。あるきっかけでこの関係性は崩れたのではないでしょうか。それを想像できるのがサビ前のフレーズ。

 I LOVE YOU あれは多分 永遠の前の日

 彼と彼女にとって永遠になるはずだった思い出。それは最後の試合だと思います。その前日に、どちら分かりませんが想いを告白したのではないでしょうか。

 気持ちの整理がつかないまま最後の試合を終え、高校野球という二人の共通の青春も終わってしまった。

 そして相手の気持ちにちゃんと応えられないまま、卒業し二人は離れ離れになってしまったのではないでしょうか。


 彼女にとってはその日から冬の始まりだったのかもしれません。

 明日、春が来たら 君に逢いに行こう

 この「君」は野球部の彼の事であり、不器用で彼と別れてしまった昔の自分の事のような気がします。

 彼女も色々な経験を積み大人になり、冬を乗り切る事ができた。だから「春=素直な気持ち」になれたから、昔の自分に逢ってしっかりとケリをつけたいという事ではないでしょうか。


 夕立が晴れて時が 止まる場所をもう一度

 青春時代には突然の気持ちの変化で、素直に自分を表現できない事がありがちです。今の彼女は夕立のような感情を抜けて穏やかな気持ちで「君」に逢いたいと思っているのでしょうね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 明日、春が来たら  松たか子  坂元裕二  球春  解放 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

壊れかけのRadio 


 

 壊れかけのRadio 歌手:徳永英明 作詞:徳永英明

 歌詞はこちらで。

 1990年7月リリース、徳永英明10枚目のシングル。現在、カバーソングシンガーの第一人者、徳永英明のオリジナルソングであり代表曲。自身も出演したTBSドラマ「都会の森」の主題歌です。

壊れかけのRadio

 昭和40年代、50年代に思春期を過ごした人にとってラジオは特別思い入れのあるメディアだと思います。単に情報や娯楽を提供してくれるだけではなく、そこから流れるトークや音楽に感じる事ができる温もりや親近感。

 特に若者をターゲットにした深夜放送は、世間が寝静まった時間帯に独自の世界を発展させたサブカル的な存在で、新聞やテレビとは違い、相互通行でやりとりができる身近なものだったのです。人によっては、ただの家電ではない、思い入れがあるパートナー的存在ではないでしょうか。

 この曲は遠い記憶の中にあるラジオの存在を辿りノスタルジックになる男の気持ちを綴ったものだと解釈できます。


 何も聞こえない 何も聞かせてくれない 僕の身体が昔より 大人になったからなのか

 出たしのフレーズです。昔から聞いてた音楽(トーク)と同じはずなのに、心に響いてこなくなった。自分自身が変わってしまったからなのだろうかと疑問を感じる男。

 ベッドに置いていた 初めて買った黒いラジオ いくつものメロディーが いくつもの時代をつくった

 いくつものメロディーがいくつもの時代をつくったと言うのは、純真無垢だった少年が様々なカルチャーショックを受け、成長させられたという事を綴っているのだと思います。それだけ、ラジオは彼にとってかけがえのない存在だったのです。

 彼はそのラジオに何度も問いかけます。“本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio”と。

 現在の彼は、色々な問題を抱えて疲れているのでしょう。自分を見失っているのかもしれません。思春期に少年から大人に変わった時のようにラジオに救いを求めているのです。壊れかけているのはラジオだけではなく、彼の心もなのです。


 思春期に大きな影響を与えてくれた存在。人によって様々です。音楽であったり、スポーツであったり、本であったり。

 それらは普段は胸の奥底に仕舞われていますが、辛い時、苦しい時にふと蘇り自分を慰めてくれる「心の故郷」的なものですよね。



 若者のラジオ離れが言われていましたが、最近radikoでPCやスマホから簡単に聴ける環境により、息を吹き返してきているらしいです。Twitter等のSNSを利用してパーソナリティとリスナーがリアルタイムでやりとりできる環境も整っています。身近なメディアとして、また違う形で新しい文化になりうるかもしれませんね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 壊れかけのRadio  徳永英明  深夜放送  思春期  ラジオ 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

DEPARTURES 


 

 DEPARTURES 歌手:globe 作詞:小室哲哉

 歌詞はこちらで。

 1996年1月リリース、globe4枚目のシングル。彼らのシングル作品では最大のヒットで、歴代シングルランキングでも15位となる程の売上を記録。ミリオンセラーを連発していた90年代のCD業界を代表するナンバーです。

 竹野内豊と江角マキコが出演するJR SKI SKIのCMソングに起用され、イントロを効いただけで景色が頭の中に広がります。

DEPARTURES

 DEPARTUREは直訳すると「出発」。それにSが付いて複数形になっている事から、男女がそれぞれ新しい旅立ちを始める別れの歌だと思っていました。

 しかしそうなると冒頭の“どこまでも限りなく 降りつもるとあなたへ想い”というフレーズが、未練を立ちきれない女性が想像させ後ろ向きな暗い印象になってしまいます。更にサビの最後のフレーズ“いつだって想い出をつくる時には あたなと二人がいい”も未練たっぷりの女性の気持ちに聴こえてしまうのです。

 冷たいと女の未練・・・まるで都はるみの北の宿のような演歌の世界。90年代を代表する華やかな小室サウンドにあってはならない暗い世界(笑)

 となると何故タイトルが「出発」なのでしょう。その疑問を解決する為、マークパンサーの英語ラップ部分に着目してみました。


 When a man and woman Start to be tried to do the same thin' again and again

 Leavin' their dream,their love behind Lookin' after all those long nights to discover a new adventure


 英語は得意じゃないのですが、自分なりに意訳すると(同じ過ちを何度も繰り返してしまった男と女。愛や夢、全てを無くしてから新しい物語が始まる。)という意味だと思います。

 やはり男女の別れではない「出発(たびだち)」の歌の解釈がしっくりきます。

 すると前述したタイトルも意味合いが少し変わります。DEPARTUREの複数形ではなく、飛行機の出発便を意味するDEPARTURESなのでしょう。

 何度も別れた彼の元へ「今度こそは」と覚悟を決めて旅立つ女性。飛行機の出発便に、体だけでなく彼への想いもいっしょに乗せていってほしいと願う歌詞だという解釈ができないでしょうか。


 前向きなはずの曲なのに、なんとなく切なさが漂うのは何故なのでしょう。色々と調べてみて分かったのですが、この曲にはまた別の解釈がありました。

 映画「おくりびと」がアメリカで公開された時のタイトルが同じ「DEPARTURES」。亡くなった人の旅立ちを意味します。

 小室哲哉氏が亡くなった知人女性への想いを綴った歌詞であるという説があります。

 前髪が伸びたね 同じくらいになった 左利きも慣れたし 風邪も治った

 これらのフレーズは彼女とのエピソードを表しているらしいです。確かに、この部分はずっと意味が読み取れませんでした。


 小室氏の悲しみをKEIKOが表現している為、切なさが漂う曲になっているのかもしれませんね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: DEPARTURES  小室哲哉  globe    出発 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク