3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

二人のアカボシ 


 

 二人のアカボシ 歌手:キンモクセイ 作詞:伊藤俊吾

 歌詞はこちらで。

 2002年1月リリース、キンモクセイ2枚目のシングル。躍動感のあるリズムに乗った切ないメロディーが印象的なナンバーです。

全国ラジオ局が選定するパワープレイを31局で獲得し、当時の最多パワープレイ獲得数を記録した。また、この楽曲のヒットにより同年の『第53回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

 上記の情報の通り、当時FMラジオのスイッチを捻ればどの局でもヘビーローテーションで流れていた記憶があります。

二人のアカボシ

 タイトルのアカボシは明星(みょうじょう)を訓読みしたもので、CDジャケットが袋ラーメンの「明星チャルメラ」のデザインをモチーフにしていたり、PVに屋台のラーメンが登場する等の遊び心が見られます。

 明星は金星の別名で、地球から一番近い惑星。「一番星見つけた!」の一番星も金星。明け方に見えるのが「明けの明星、夕方に見えるのが「宵の明星と呼ばれ、我々に最も馴染みが深い星です。この曲の中で重要な役割を果たしています。


 歌詞の内容は彼女との別れを決意した男が、その想いを伝えるまでの葛藤を綴ったものだという解釈ができます。

夜明けの街 今はこんなに 静かなのにまたこれから始まるんだね

眠る埋立地(うみべ)と 化学工場の 煙突に星が一つ二つ吸い込まれ

 1番、出だしのAメロです。夜明けの街、今は静かでも、夜が明けて工場が稼働すれば、慌ただしい賑わいに包まれる。彼の心の内を夜明け前の街に投影させているのでしょう。これから彼女に伝えなければいけない別れ。煙突の煙が星の輝きを一つ二つ消すように彼の中にある不安が穏やかな心を蝕んでいっているのです。


 彼の心の叫びはサビに表現されています。

あの高速道路の橋を 駆け抜けて君つれたまま 二人ここから 遠くへと逃げ去ってしまおうか

 どんな事情があって別れなければいけないのか、曲中からは推察出来ませんが、これが彼の本音なのですね。恐らく彼はその気持ちを口に出せずに抱えたまま、別れを告げる決意を必死に固めようともがいているのでしょう。

 そして無情にも時は流れ、夜は明けていきます。

沢山並んだ 街の蛍達も 始まる今日に負けて見えなくなってゆく 君とも離れることになる

見渡せば青く続く信号機が 二人の想いを照らせばいいのにな 明日の僕らは何処にいる?

 「消えていく街の蛍達」「青く続く信号機」…明け方の寂しげな街の風景が想像できるフレーズです。その寂しさも今の彼には現実を残酷に突きつけているのでしょうね。


 そして彼が覚悟を決めたところで曲は終わります。

さようなら街の灯りと 月夜と二人のアカボシ 最後の想いは 君が振り向く前に話そうか

夜明けの街…

 彼がさよならを告げた「街の灯り」と「月夜」は、二人が過ごした場所や思い出。「アカボシ」は二人が過ごした時間を表していると思います。ひと際輝く明星のように二人の過ごした時間もキラキラと輝いていたのでしょう。


 普通、夜明けとは暗い夜の終わり、新しいスタートを切るためのケジメといったようにポジティブなシチュエーションが多いですが、この曲のように別れの場面として使われるケースもあります。浜田省吾の「愛という名のもとに」も然りです。夜明け独特の静寂さは別れをより切なくさせますね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 二人のアカボシ  キンモクセイ  伊藤俊吾  夜明け  明星 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

なごり雪 


 

 なごり雪 歌手:かぐや姫イルカ 作詞:伊勢正三

 歌詞はこちらで。

 1974年、かぐや姫が発表したアルバム「三階建の詩」の収録曲。1975年11月にイルカがカバーシングルとしてリリースしヒット。世代を超えて誰もが知っている名曲中の名曲。これまで多くのシンガーにもカバーされています。

なごり雪

 あまりにも有名すぎる曲ですが、この曲の世間からの扱いに少し不満があります。それは「好きな冬の曲は?」的なテレビ番組があれば必ずランクインする事です。

 でも、ちょっと歌詞を読めば分かるのですが、これはの曲なんですよね。

 確かに「雪」がテーマになっていますが、それは季節真っ只中の旬な雪ではなく、季節外れのなごり雪なのです。イメージ的に真っ白な景色の積雪と違い、チラホラと空から降ってくる寂しげな雪。の装いの人がブルっと震えながら怪訝な表情で空を見上げるのに対して「ごめんなさい・・・」と所在なさげにチラつく切ない雪なのです(多分)

 この曲の中で雪は脇役だと思うのです。それを雪が主役の如く、安易にウインターソングのひとつとする世間の扱いには違和感を感じるのです。


 作者の伊勢正三氏はちゃんと雪の前に「なごり」という言葉をつけているんですよね。タイトルに関してはこんなエピソードもあります。

2013年に日本気象協会が選定した「季節のことば36選」で、3月のことばの一つに「なごり雪」が選ばれた。これを知った伊勢は「ものすごくうれしかった。実はこの曲を発表した当時、なごり雪という言葉は存在しなかった。勝手にこんな言葉を作られては日本語の乱れを助長する。「名残の雪」に変えたらどうだとまで言われた。作り手としては<の>はどうしても入れたくなかった。曲はヒットしたがモヤモヤは残った。あれから40年近くたって気象協会の<季節のことば>に選ばれたと聞き、胸のつかえが下りた気分」と語っている。

 たしかに“名残り”に“雪”の組み合わせは名詞+名詞で日本語としてはおかしいです。それを敢えて、作品の世界観を守る為に変更しなかった伊勢氏。安易にウインターソングの仲間入りさせるのは、そのこだわりを無にするような気がするのです。


 ちょっと熱くなりましたが(笑)歌詞の世界観を分析したいと思います。

 スキマスイッチの「奏」の時にも触れましたが、駅のホームでの男女の別れのシーンを綴った歌詞です。それも素直に自分の感情を出せないまま別れてしまう二人ですね。

 場所は東京の駅。時期は季節外れの雪が降ってるので3月(4月初旬の可能性もありですね)。地方出身の女性が東京での大学生活を終えて田舎に帰るという状況が想像できます。

 では彼女はどうして田舎に帰るのか?単純に考えれば地元に就職が決まったからでしょうが、それだと新人研修等の準備の為にもう少し早い時期に帰ってしまうと思うのです。卒業試験が終わった後、2月の中旬とかじゃないかと。それだと季節外れの雪にはなりません。一旦帰ったが、卒業式出席の為に再び3月に東京に来た可能性もありですが・・・。


 彼と彼女が過ごした大学生活。若さ故に突っ走った事もあるだろうし、羽目を外した事もあるでしょう。お互いに自由を満喫した時期だったのではないでしょうか。

 でもそれは期間限定であり、社会に出れば当たり前の事ではなくなるのです。だからこそ「ふざけすぎた季節」という呼び方をしてるのだと思います。

 その季節は終わりを告げ、新たにやってきた。彼女は地元に帰り新たな生活に入る事になりました。そして迎えた別れの日。現実から目を背けたい彼は、彼女の唇が「さよなら」と動く事を直視できませんでした。

 最終的に、彼女が乗った列車は去り、ホームに残された彼が落ちては溶ける雪を見つめるところで曲は終わります。

 何故二人は遠距離恋愛という選択をしなかったのでしょうか。その答えはちゃんと歌詞の最後に記されています。

 今、が来て 君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった

 もし彼女が就職の為に地元に帰るのなら、が来て君は大人になった」という表現でいいと思うのです。しかし、「きれいになった」というフレーズには大人になった+色気という生々しさが感じられます。

 彼女が田舎に帰る理由は就職ではなく、結婚ではないでしょうか。それも本人が望んでいない親の決めた縁談の匂いが・・・。

 様々な理由で受け入れるしかなかった彼女。止める事ができなかった彼。楽しかった「ふざけすぎた季節」はすでに過去の事になり、現実と向き合わなくてはいけない二人。


 口に出せない「なごり」が雪となって空から舞い降りているのでしょうね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: なごり雪  かぐや姫  イルカ  伊勢正三   
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

3月9日 


 

 3月9日 歌手:レミオロメン 作詞:藤巻亮太

 歌詞はこちらで。

 2004年3月リリース、レミオロメン2枚目のシングル。「粉雪」と共にドラマ「1リットル涙」の挿入歌として起用されました。ここ10年程、卒業式と言えば必ず浮かんでくる定番ソングです。

3月9日

 歌詞の中にそれらしいワードはいくつかあります。「3月の風」「桜のつぼみ」「新たな世界の入口」等です。しかし直接的に「卒業」というものを歌った曲ではありません。タイトルの「3月9日」という日付が、ちょうど卒業式と被る学校が全国的にあるのかもしれませんね。


 歌詞の各パートは以下のように構成されていると思います。

 ・Aメロ…「日常の風景」 ・Bメロ…「感謝の心」 ・サビ…「決意の3つです。


 まずはAメロを見てみます。

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く(1番)

溢れ出す光の粒が 少しずつ朝を暖めます 大きなあくびをした後に 少し照れてるあなたの横で(2番)

砂ぼこり運ぶ つむじ風 洗濯物に絡まりますが 昼前の空の白い月は なんだかきれいで 見とれました(3番)

 まるで日記に綴ったように日常の風景が描かれています。淡々と書かれた平凡な毎日の内容ですが、そこには幸せが詰まっているように見えます。

 それを受ける形のBメロです。

3月の風に想いをのせて 桜のつぼみは春へとつづきます(1番)

新たな世界の入口に立ち 気づいたことは1人じゃないってこと(2番)

上手くはいかぬこともあるけれど 天を仰げば それさえ小さくて(3番)

 1番の春へ続く桜のつぼみとは自分を導いてくれる人の存在。2番は不安が入り混じった新しいスタートに寄り添ってくれる人。3番はつまづいた時にも広い心で見守ってくれる人。それぞれに大切な人への感謝の想いが感じられます。


 そしてサビの部分。

瞳を閉じればあなたが まぶたのうらにいることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私もそうでありたい

青い空は凛と澄んで 羊雲は静かに揺れる 花咲くを待つ喜びを 分かち合えるのであれば それは幸せ

 これまで助けてもらった事への感謝の気持ちから、今度は自分がそんな存在になろうという決意。そして平凡でも小さな幸せを共に分かち合っていこうという決意


 やはり、この曲は卒業ソングというよりウェデイングソングですね。実際にレミオロメンの共通の友人の結婚式の為に作られた曲で、その日が3月9日だったというしっかりしたオチがあるのですから。

 しかし堀北真希が出演するPVでは姉と思われる女性の結婚式のシーンだけではなく、高校の卒業式、春からの新しいスタートのシーンも収録されています。人それぞれの新たな門出を祝うというメッセージも込められているのでしょう。


 3月9日は作者の個人的な思い入れの日付にプラスして、「39(サンキュー)」という感謝のメッセージが込められるのではないかというのはちょっとベタすぎる解釈でしょうか。

 それならは母校に感謝、友人に感謝、先生に感謝という意味で卒業ソングという事に異論はありません(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 3月9日    レミオロメン  藤巻亮太  卒業  結婚  堀北真希  感謝  決意  日常 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

制服 


 

 制服 歌手:松田聖子 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1980年1月リリース、松田聖子8枚目のシングル「赤いスイートピー」のB面。A面と同じく作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)の最強コンビの作品です。

 80年代前半の松田聖子はB面やアルバム収録曲にも人気の高いものが多く、この曲はその代表的なものだと思います。

制服

 卒業式を舞台にした「淡い恋心からの卒業」を綴った歌詞だと解釈できます。松本隆氏は斉藤由貴のデビューシングル「卒業」でも似たようなシチュエーションを描いています。

 共に同級生の男子に素直に気持ちを伝えられない女子が主人公ですが、「卒業」のほうは相手の男子と同じ歩幅で3年間歩んできたのに対し、「制服」は一歩後ろから背中をずっと追いかけてきた感じがします。フランクに男子と話す事ができた前者。もじもじして話しかけられるのを待っていた後者。クラスには必ずいる控えめで目立たない女子の典型ですね(笑)

 二人の関係性が想像できるフレーズがいくつかあります。

 卒業証書抱いた傘の波にまぎれながら 自然にあなたの横 並ぶように歩いてたの (1番のAメロ)

 テスト前にノートを 貸してくれと言われて 抜けがけだとみんなに責められた日もあるわ (2番のサビ)

 彼女は積極的に彼に寄り添って歩けません。傘の波に紛れて自然にと横並びになるしかなかったのでしょう。何故なら彼から「ノートを貸して」と言われただけで、周りから嫉妬されるような複数の女子の憧れの対象だったのです。


 彼と並んで歩く雨の中、気持ちを告白しようかと葛藤します。波のように気持ちが盛り上がるのを自分で諌めてしまう彼女。

 このままでいいの ただのクラスメイトだから

 このフレーズに彼女の自信の無さが凝縮されていると思います。

 「憧れの対象だった彼と目立たなかった自分では釣り合いが取れないじゃないだろうか」「四月から離れ離れになり、遠距離でやっていけるのだろうか」等々。これらの思いが彼女を金縛り状態にさせたのでしょう。


 そして彼女は、告白するのは止めようと決意したのです。それが分かるのが繰り返しサビ前のブリッジ部です。

 桜が枝に咲く頃は 違う世界でひとりぼっちひとりぼっち 生きてる

 「ひとりぼっち」という言葉は腹を括った彼女の気持ちの表れだと思います。お互い違う世界で、これまでの思い出を封印してスタートを切ろうと決めたのでしょう。


 ところが!彼は彼女が予想しなかった行動に出ました。東京の連絡先を書いたメモを彼女に渡したのです。恐らく渡したあと走りさったであろう彼。雨の中残された彼女。

 雨に濡れたメモには 東京での住所が… 握りしめて泣いたの

 彼も彼女の事を想っていたんですね。彼女の涙は単純に喜びの涙かと思いきや・・・もっと複雑なものみたいです。

 そうこのままでいいの ただのクラスメイトだけで

 自分に言い聞かせているフレーズに聞こえます。彼女はこれまで以上の関係になる事を避けました。恋愛に対する自信の無さから一歩前に踏み出せなかったのでしょう。


 本当なら彼との両想いが念願だったはずなのに、彼女の自分の気持ちに素直になれないところは、今で言う「こじらせ女子」だと思います。

 ただその「こじらせ方」が、ただの卒業ソングで終わらない切なく甘酸っぱいドラマを演出しているのでしょうね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 制服  松田聖子  松本隆  松任谷由実  卒業 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。