3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


みずいろの雨 


 

 みずいろの雨 歌手:八神純子 作詞:三浦徳子

 歌詞はこちらで。

 1978年9月リリース、八神純子5枚目のシングル。シングルセールス60万枚で彼女をメジャーへと押し上げました。

 スティービーワンダーを意識したであろう躍動感のある16ビートとサンバホイッスル。これが切ない歌詞とは不釣り合いと思いきや、聴きこんでいると不思議な事に曲の主人公の女性の鼓動に感じてくるのです。

 八神純子の緩急をつけた歌唱力のなせる技だと思います。恐らく彼女以外の人間には歌いこなせない曲ではないでしょうか。

みずいろの雨

 16ビートのリズムが主人公の女性の激しい鼓動に感じると書きましたが、彼女が今相当なプレッシャーに晒されているからです。それが分かるのが1コーラス目のAメロ部分。

やさしい人ね あなたって人は 見ないふりしていたの 私のあやまち

ひとときの気まぐれ 通りすぎるまで 忘れてよ 忘れてよ 愛したことなど

 「私のあやまち」…彼女は恋人を裏切ってしまったのでしょう。「ひとときの気まぐれ」という様に、つい魔が差した浮気だと思われます。それを見ないふりしてくれた彼。その優しさが彼女にとってのプレッシャーになっているのではないでしょうか。

 その彼の態度を彼女はどうしても受け入れる事ができなかった。それが分かるのが2コーラス目のAメロです。

とがめる言葉なら素直に聞けたわ ほほえんでいただけのなつかしい日々

傷ついたその分 淋しい目をしてた もどれない もどれない あの日の二人には

 見ないふりをする彼の優しさに対して、逆ギレしてしまったのではないでしょうか。むしろ彼女にとっては責められた方が気分的に楽だったのでしょう。何も言わないその態度は、返って彼を傷つけてしまったことが浮き彫りにされて彼女を苦しめているように見えます。


 あやまちを犯した彼女を責めない優しい彼。表面上はそう感じても、実はもっと根深いものがあるのではないでしょうか。

 この彼はあえて何も言わない事で、彼女が自責の念に駆られるように追い詰めているようにも見えます。優しいようで実は物凄く冷酷な男性ではないかと思うのです。

 彼女はその事に気づいていて、もがき苦しんでいます。それこそが彼女のハートを16ビートのリズムのように激しく揺り動かしているプレッシャーの正体なのでしょう。


 彼女の肩に降り続く雨は一見ピュアなみずいろに見えても、降り続くうちに体を冷やし、心の結界をも崩してしまう怖さを秘めています。表面的に優しく見える彼も心の奥に同じような怖さを秘めている事を彼女は分かっているのです。


 実は男女間の怖い駆け引きを綴った歌詞であるという解釈ですが、考えすぎでしょうか。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: みずいろの雨  八神純子  三浦徳子  あやまち  浮気  優しさ  冷酷 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

4月の雨 


 

 4月の雨 歌手:aiko 作詞:aiko

 歌詞はこちらで。

 2013年7月リリース、aiko通算30枚目のシングル。夏にリリースされたのになぜ4月の雨なのかと若干疑問に思いましたが、春先からコンタクトレンズのCMソングに起用されて4月にネットで先行配信されていたそうです。

 aikoの伸びる高音が活きるしっとりしたバラードナンバーだと思います。

4月の雨

 歌詞は遠く離れたの相手の事を想う女性の心情を綴ったものだと解釈できます。単純に遠距離恋愛の歌ではない少し訳ありな感じがします。

 それは進学や就職等の外的要因で離れ離れになったのではなく、敢えて離れて暮らす事を選んだ2人のような気がするのです。


 1コーラスのAメロ部分

遠くまで届いているだろうか 時々不安になるけれど

あの日めくったページの先には あふれる程書き殴った想い

 「届いているだろうか」という不安な気持ち。これは手紙やメールに気持ちを書いて送る事ができない状況だからこその不安だと思います。「めっくたページに書き殴った想い」とは彼女自身の中にある彼への想いを日記になぞらえているのでしょう。心の中の日記帳ですね。


 2コーラスのAメロ部分

二人だけで決めた約束に 永遠の秘密を交わした

あの日から繰り返し必ず 窓の外はもう朝が来ている

 この「二人だけで決めた約束」が、お互いに連絡を取るのをやめようといったものじゃないかと思います。約束を交わした日から二人だけの時間は止まっていても、変わらずに毎日朝はやってくるのです。


 二人が約束を交わした理由は一体何でしょうか。それは繰り返しサビの前のブリッジにあると思います。

きっとあなたは きっとあなたは あなたを超える日が来る

そんなあなたを そんなあなたを 今でも想っています

 彼には何かがあり、その実現の為に彼女から遠く離れた場所へ行ったのではないでしょうか。それを彼女も承服した。そして今までの自分を超える日(が実現する日)までは連絡を取るのを止めようと約束したのかもしれません。


 固い決意で離れ離れになったはずなのに、彼女の中には揺らぐ気持ちが見えます。その何とも女性らしい、人間らしい弱さが、曲全体を切なくさせるスパイスになっていると思います。


 タイトルでありサビのキーワードになっている「4月の雨」。ひと雨毎に暖かさが増して新緑の青さを育む優しいイメージがありますが、儚く咲く桜の花を散らす少し残酷な一面もあります。

 自分の中にある「弱さ」をスパっと散らして欲しいという想いが込められたタイトルなのかなという気がします。

季節は巡るひと粒 赤い実を落として あなたを待ってる 変わらずにこれからも

季節はまた来る あなたにもあたしにも



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 10年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 4月の雨  aiko    弱さ  残酷 
tb: --   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク