3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


Temptation(誘惑) 


 

 Temptation(誘惑) 歌手:本田美奈子 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1985年9月リリース、本田美奈子4枚目のシングル。

 本田美奈子が歌う姿を初めてテレビで見た時、かなり衝撃的でした。アイドル然とした可愛らしいルックスと華奢な体なのに声量と歌唱力・表現力の凄さ。そのアンバランスさが魅力的だったのです。

 その後「1986年のマリリン」でヘソ出しルックと際どい振付でブレイクした時、個人的には「あれれ?」でした。強烈なキャラ付けが、元々彼女が持っている魅力を消したような気がしてもったいないと思いました。

Temptation

 彼女は秋元康氏の作詞・プロデュースのイメージが強いですが、この曲はマリリンでブレイク直前の松本隆作品です。好きな人との距離を縮めたいのに、踏み出せない女性の葛藤を綴った曲です。

 海に出かけた二人。その関係性は恋人と呼ぶにはまだ早いみたいです。

 1番、2番のそれぞれのAメロ・Bメロは描かれているのは海辺での何気ない行動です。しかしそこに二人の駆け引きが見え隠れしているのです。

岬に立てば強い潮 スカートの裾じゃれついてるわ

望遠鏡で沖のヨットを 覗いた時に肩を抱くのね

 1番のAメロ・Bメロからの抜粋です。

 潮に煽られて足にからみつくスカート。結構刺激的な光景です。そして望遠鏡を覗きこんで隙を見せる彼女。果たしてこれらは彼女の思惑通りなのでしょうか。

予感通りにせまるあなたに 計算違い 髪がときめく

 彼の行動は「予感通り」なのに「計算違い」。まったく反対の意味で辻褄が合わないようなフレーズになっています。彼女自身もプチパニックに陥って混乱しているからではないでしょうか。それが分かるのが「に吹かれてときめく髪」。

 松本隆作品は登場人物の心理描写に「」がキーワードとして使われるパターンが時々見られます。例えば水谷豊の「ばーばーらいと」ではにたなびく髪を男女のすれ違う心に、寺尾聰の「ルビーの指環」では窓の外にあるの街を主人公が逃げ出したい場所に喩えています。この曲では風に吹かれる髪と彼女の心臓をかけて「ときめく」と表現しているのだと思います。さすが風使いの詩人松本隆氏です。


 彼女の混乱は心ときめかせたままサビへと続きます。

ああ誘惑して 心の中で私が叫ぶ ああ誘惑しないで 違う私がブレーキかける

ああ誘惑して 瞳で私話しかけてる ああ誘惑しないで だけど何かが邪魔をしてるの

 これも辻褄が合わない二つの気持ちが交互に綴られています。彼女の心の中で天使と悪魔が交互に囁きかけてるような光景が繰り広げられているのでしょう。


 リリース当時、思春期の女性の繊細な気持ちを表したいい曲で、それを歌いこなす本田美奈子も凄いと思いました。それだけに直後のマリリンで「あれれ?」となったのです(笑)

 しかしあのブレイクが彼女が世間から認められるきっかけになり、その後のパフォーマーとしての幅が広がったのかもしれませんね。

 まだまだ活躍を見たかったです。まさに「歌姫」という言葉がぴったりなシンガーでした。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: Temptation(誘惑)  本田美奈子  松本隆    葛藤 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

いっそセレナーデ 


 


 いっそセレナーデ 歌:井上陽水 作詞:井上陽水

 歌詞はこちらで。

 1984年11月リリースの井上陽水のシングル。本人が出演したサントリー角瓶のCMソングに起用されています。同年12月に発売されたアルバム「9.5カラット」にも収録。他のアーティストへ提供した楽曲を陽水本人セルフカバーしたアルバムでしたが、その中で唯一オリジナルな本人歌唱の曲です。

 この曲自体も高橋真梨子、小野リサ、中西保志、大橋純子といった実力派シンガー達にカバーされています。

いっそセレナーデ

 タイトルにあるセレナーデとは、

音楽のジャンルの1つで、一般的な言葉としては、恋人や女性を称えるために演奏される楽曲、あるいはそのような情景のことを指して使う。

 だそうです。日本語では小夜曲(さよきょく)と表現されますので、個人的に夜の静かな時間帯に心に響く曲というイメージを持っています。


 この歌詞は昔の恋愛体験を思い出し切ない気持ちになった男の心情を描いたものだと解釈できます。湧き上がって来た感情をランダムに表現したものだと思ってましたが、よく聴いてみるとちゃんと時系列のストーリーがあると気付きました。


 歌詞はこのような順番で構成されています。

  • 1番Aメロ:あまい口づけ~
  • 1番Bメロ:忘れたままの~
  • 1番サビ:恋のうたが~

  • 2番Aメロ:風の便りの~
  • 2番サビ:君のことを~

  • 1番Aメロくり返し:あまい口づけ~


 最初にくる1番のAメロとBメロは男の中で溢れ出ているやるせない気持ちをストレートに書かれており、そうなったきっかけこそがサビにあると思うのです。

恋のうたが 誘いながら 流れてくる そっと眠りかけたラジオからの

さみしい そして 悲しい いっそ やさしい セレナーデ


 「眠りかけたラジオ」が男の今の暮らしを表しています。

 連想されるのはひとり暮らしの生活。夜中にラジオを流していたけど、それを聴いているわけでもありません。単に寂しさを紛らわす為の「音」が欲しかっただけだと思います。

 そのままにうとうとと微睡(まどろ)んでいた男。するとラジオからふと流れてきた切ないメロディーの曲。それが男にはセレナーデに感じて、過去の思い出が一挙にフラッシュバックしてきたのではないでしょうか。

 そしてAメロ・Bメロへと繋がります。

あまい口づけ 遠い想い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか

忘れたままの 恋のささやき 今宵ひととき 探してみようか

 遠い想い出になってしまった男の恋。このまま過去のものとしてしまうべきか、それとももう一度探してみるべきか。男の中で迷いが生まれています。

 男が迷う気持ちの理由は以前の恋の辛い終わり方にあります。それが分かるのが2番のAメロ。

風の便りの とだえた訳を 誰に聞こうか それとも 泣こうか

 男の元から去って行った恋人。途絶えた風の便り=女性から拒絶されてしまったのかもしれません。

 そんな辛い過去だからこそ、男は頭の中から消去していたのでしょう。それが偶然ラジオから流れてきた"セレナーデ"によって甦ってきたのです。


 時系列順は1番サビ→1番Aメロ・Bメロ→2番Aメロという手法(倒置法?)を敢えて使っているのではないかと思います。それで男の切ない心情を強調させているのが井上陽水のセンスではないでしょうか。

 そして最終的に1番のAメロを繰り返す形で曲は終わります。

あまい口づけ 遠い想い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか

 これが男の出した結論なんでしょうね。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: いっそセレナーデ  井上陽水  眠りかけたラジオ  フラッシュバック 
tb: --   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

白いパラソル 


 

 白いパラソル 歌手:松田聖子 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1981年7月リリース、松田聖子6枚目のシングル。作曲はチューリップの財津和夫。財津氏自身もセルフカバーしています。最強コンビを組む松本隆作詞のシングル初作品(アルバム収録曲は以前に1曲だけあり。※白い貝のブローチ)です。

 この曲は「ザ・ベストテン」で初登場第一位という快挙をなしとげています。当時の松田聖子は向かうところ敵なしの最強アイドルだった事を証明するエピソードです。

白いパラソル

 発売当初はただのアイドルソングと思い、歌詞の内容を深く考える事はありませんでした。ところが時が経ち改めて聴きかえしてみると松本隆の世界観が散りばめられた深い歌詞に思えてきました。

 夏のビーチに恋人と出かけた女性。彼氏の素っ気ない態度に若干イラつく姿を描いた歌だと解釈できます。

 モノや風景に登場人物の心理描写をさせるのが80年代の松田聖子松本隆ワールドの特徴です。

 例えば1コーラス目のAメロとBメロ、“髪にジャスミンの花”“青空はエメラルド”から彼女の弾む心が読み取れます。しかしその後に続く、

あなたから誘って 素知らぬ顔はないわ あやふやな人ね

 このフレーズで若干雲行きが変わり、彼女の中に不安な気持ちが芽生えてきているように感じます。それを表わしてるのがサビに出てくる砂時計です。

渚に白いパラソル 心は砂時計よ あなたを知りたい 愛の予感

 砂時計はひっくり返した時点から砂が下に落ちて、確実に時が流れているのを感じさせます。彼女の中にある、せっかく楽しいビーチに来たのに彼氏の素っ気ない態度に時間が刻々と無駄に流れていっている焦り。それを砂時計に例えたのではないでしょうか。


 その後も煮え切らない彼氏の態度に彼女は泣いてしまいます。

を糸でつなげば 真珠の首飾り 冷たいあなたに 贈りたいの

 ここがこの曲のキーポイントだと思います。「は女の武器」といいますが、それを前面に出してしまうと重い感じになってしまいます。敢えて真珠に例える事で、重さを出さないまま、彼女の悲しさだけはしっかりと伝わってきます。さすが松本隆マジックです。

 そしてタイトルになっている「白いパラソル」は彼女のどんな気持ちを表しているのか。それは最後のくり返しサビの中に書かれています。

渚に白いパラソル 答は風の中ね あなたを知りたい 愛の予感

 目の前にいるのに、心ここにあらず的な彼氏。「俺の気持ちは風にでも聞いてくれ」のような素振り。彼女は自分が風に吹かれる白いパラソルならばその気持ちを理解できるかもと思ったのではないでしょうか。


 最終的に彼氏の本当の気持ちはこの曲に描かれていません。ただ単にシャイな為に彼女と向き合えてないだけなのか。それとも別れを切り出すつもりで彼女を海に誘ったのかもしれません。そこまで連想させる世界観が松本隆氏の魅力だと思います。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 白いパラソル  松田聖子  松本隆  財津和夫  砂時計    真珠 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

月の舟 


 

 月の舟 歌手:池田聡 作詞:森雪之丞

 歌詞はこちらで。

 1988年6月リリース、池田聡5枚目のシングル。「ブティックJOY」のCMソングに起用され、当時の深夜のテレビでヘビーローテーションされていました。槇原敬之やCHEMISTRYにもカバーされています。

月の舟

 恋に破れた女性に“そっと”寄り添う男性の姿を描いた歌という解釈ができます。あくまでもさり気なく“そっと”なのです。それを感じられるのが出だしのフレーズ。

もしも涙 あふれたら この胸に押しあてて

二度と恋は 出来ないと 自分を憎まないで

 ここにある「もしも」という言葉。これがあると無いとではニュアンスが若干変わってくる感じがします。

 この時点ではまだ女性は涙を見せていません。これから感情が高ぶり泣くのなら胸を貸してあげますよと男性は言っているのですが、前に「もしも」という言葉が付くと、涙を見せずに女性が感情を表に出さなければ表立って慰める事はしないでしょうという消極的な部分が見えてくるのです。

 表面的にゴリゴリに「慰めてあげる」感を出していないので“そっと”寄り添っているのではないかと解釈しました。でもこれってあえて自己主張しない事が大きな自己主張なのですよね。この男性は実は策士なのかもしれません(笑)


 そして女性も男性の“そっと”寄り添う自己主張を見抜いています。それが分かるのが2コーラス目のBメロ。

ふれてすぐ離れた 硝子のキスは

眩しくて脆(もろ)くて 胸を熱くする

 硝子のキスという表現が、淡い儚げな関係性を示しています。ふれてすぐ離れた事が女性が男性に対し、まだ完全に心を許していない証明ではないでしょうか。


 そしてそんな思惑の二人の頭上にはタイトルにある「月の舟」。下弦の月が海に浮かぶ小舟のように見えるとこからの「月の舟」なのでしょう。

 各コーラスのサビに登場する「月の舟」ですが、1コーラス目は駆け引きをする二人の想い、2コーラス目は男性から見た女性の想いを乗せているのだと思います。

夜を渡る 月の舟 このままさらわれて

心に降る 銀の糸 二人を結ぶまで
(1コーラス目)


愛に揺れる 月の舟 光の露に濡れ

みつめたまま 夢の鈴 優しく響くまで
(2コーラス目)

 1コーラス目は、二人の運命を夜にたとえて、月の舟の中で駆け引きをしつつ彷徨いながらも、絆の糸でしっかりと結ばれて欲しいという想い。2コーラス目は今は揺れる気持ちでも、いつかは優しい気持ちで向き合って欲しいという想いに感じます。


 曲のオリエンタルなアレンジと池田聡の甘い歌声が、幻想的でミステリアスなムードを演出しています。

 槇原敬之とCHEMISTRYのカバーバージョンも各々雰囲気があるので聴き比べしてみてはいかがでしょう。






ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 月の舟  池田聡  森雪之丞  もしも  自己主張 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク