3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


秋の気配 


 

 秋の気配 歌手:オフコース 作詞:小田和正

 歌詞はこちらで。

 1977年8月リリース、オフコース11枚目のシングル。イントロのガットギターとストリングスの音色が秋風を感じさせるようなお洒落なナンバーです。

 舞台のの見える丘公園、美しいメロディ、小田和正の透明感のあるボーカル。曲全体から優しい雰囲気が伝わってきそうですが、実は小田氏曰く「ひどい男の歌」なのです(笑)

秋の気配

 主人公の男は(恐らく)の見える丘公園に彼女を呼び出します。

 あれがあなたの好きな場所 が見下ろせるこだかい公園

 男の目的はひとつ。「別れを告げる為」なのです。それをわざわざ彼女が好きな場所で行おうとする男。無神経なのか、もし確信犯ならこれほど残酷な事はないでしょう。


 あなたの声が小さくなる ぼくは黙って外を見てる

 目を閉じて 息を止めて さかのぼる ほんのひととき


 なかなか本題を切り出せずにいる男。彼女の問いかけに対してもうわの空。意識は過去に遡り、自分達の付き合いの清算でもはじめているのでしょうか。


 こんなことは今までなかった ぼくがあなたから離れてゆく ぼくがあなたから離れてゆく

 どうやら男の気持ちは彼女から離れてしまったようです。「好き」という感情は自分自身でもコントロールできないのは分かります。しかし、まるで他人事のように言っているところにこの男のズルさが見れますね。


 そして2コーラス目での彼女の言葉。

 「あのうただけは ほかの誰にも うたわないでね ただそれだけ」

 「うた」と表現していますが、これは男が彼女に対して囁いてきた愛の言葉なのでしょう。これから先、他の女に対して自分と同じように愛を囁かないでほしいという彼女の最後のわがままです。

 当然そんな事は無理なのは承知の上で、男に釘を刺すようにいうわがまま。彼女の意地でしょうね。


 あゝでもいいから ほほえむふりをして

 更に彼女へ笑顔を無理強いさせようとする男。無理ですよね(笑)


 ぼくのせいいっぱいのやさしさを あなたは受けとめる筈もない

 これもまた、「なんでやねん!」と突っ込みを入れたくなるフレーズです(笑)歌詞を見る限り優しさの欠片すら見当たらないのです。受けとめたくも受けとめられません・・・。


 タイトルにある「秋」は季節だけではなく、男女間に吹く秋風、男の寒い行為に吹く秋風を含めた意味なのでしょう。


 私の個人的な感想として、この曲は「最低の男による最低の行為」に美しい風景やメロディでオブラートをかけてどこまで緩和させる事ができるかを、小田和正氏が実験したのではないかと思います。

 考えすぎでしょうか(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 秋の気配  オフコース  小田和正  別れ    公園   
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク