3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

素直に言えなくて 


 

 素直に言えなくて 歌手:ZARD 作詞:坂井泉水

 歌詞はこちらで。

 2009年5月リリース、ZARD45枚目のシングル。2007年に亡くなった坂井泉水の三回忌に合わせてリリースされたZARDのラストシングル。

 ZARDの作品には坂井泉水自身が作曲まで手掛けた曲が4曲あり、その中の一曲です。コーラスで倉木麻衣が参加しています。

 ミィディアムテンポのイメージがあるZARDの曲では、珍しくハイテンポのロックナンバーになっています。

 “美人薄命”という言葉がありますが、坂井泉水にはそれがピッタリと当てはまりますね。見た目だけなく、ちょっと憂いが入った「切な声」のボーカルは、か弱さの中にも力強さが感じられる表現力に優れた人だったと思います。

素直に言えなくて

 恋人と別れた女性が、2つの顔を見え隠れさせる様を綴った歌詞です。

 1コーラス目は自分が今置かれた現状。

 星降る夜は いつも Lonely-night 溜め息で 霞んでる

 冷たい ベッドは少し 広すぎて 眠れない


 溜め息で霞んだ夜、広すぎる冷たいベッド。なんとも言えない彼女の孤独感が伝わってきます。


 やさしすぎるから つらくなってゆく このままずっと 気付かないふりで 笑顔に変えたいの

 その辛い状況の中で、自分を納得させようとしている彼女。「優しすぎる辛さ」とは一体どんなものなのでしょうか。優しすぎる故の破局だったのでしょうか。

 いずれにしても「笑顔の自分」に戻したい彼女。無理していい子を演じようとしている気がしてなりません。

 でも、彼女自身はそれで納得している訳ではないのです。

 “ひとりでにしないでね”って 素直に言えなくて

 これが彼女の持つもうひとつの顔。本音なのでしょうね。


 2コーラス目では過去を振り返りそうな自分を奮い立たせています。

 腕を組んで 歩いた Rainy-night あたたかさに酔って

 夢を見ていたいから うしろは 振り向かない


 思い出に浸ってしまうと、センチメンタルな自分に酔ってしまいかねません。思い出は閉じ込めてしまっていたほうが“夢”として残せるのかもしれませんね。

 楽しかったけど つらくなってゆく これからは強くなるから きっとは見せないわ

 強く生きていたいからは見せない。前を向いていく。そう誓う彼女の姿はやはりいい子を演じているように見えます。

 そしてそれを証明するように、ここでも本音をのぞかせるのです。

 “ひとりでにしないでね”って 素直に言えなくて


 ZARDは「負けないで」に代表されるように、同世代の人達に向けて“希望”や“夢”を歌い続けていた印象が強いです。

 でもこの曲は人間らしい“わがまま”を前面に出したZARDらしからぬ曲と言えなくもありません。

 坂井泉水さんも聖人君子ではなく、ひとりの女性だったのですね。

 最後のシングルとしてリリースされたのも、そのあたりのメッセージが込められているという気がします。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 00年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 素直に言えなくて  ZARD  坂井泉水  わがまま    美人薄命 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。