3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


日曜日よりの使者 


 

 日曜日よりの使者 歌手:ザ・ハイロウズ 作詞:甲本ヒロト

 歌詞はこちらで。

 2004年2月リリース、ザ・ハイロウズ22枚目のシングル。「ダウンタウンのごっつええ感じ」のエンディングテーマ、映画「ゼブラーマン」の劇中歌、ホンダのCMソング等多くのタイアップ曲として使用されています。

 甲本ヒロト独特の、小難しく考えないストレートな歌詞です。プラス印象的な“シャララ…”のフレーズがハッピーな気持ちにさせてくれます。

日曜日よりの使者

 なぜかこの曲を聴くと、昔の特撮ドラマ「レインボーマン」を思い出します。曜日に因んだ七つの化身に変身するレインボーマン。日曜日は太陽の化身。明るさと強さの象徴なのです。


 毎日の暮らしの中に「区切り」は必要ですよね。きつい仕事も勉強も一息つける日曜日があるから頑張れるのは誰もが同じでしょう。

 このまま どこか遠くへ 連れてってくれないか 君は 君こそは 日曜日よりの使者

 指折り数える程、待ち遠しい日曜日。あれもこれもやって現実逃避したい気持ち。そんな自分の思いこそが日曜日よりの使者なのでしょう。


 たとえば 世の中が どしゃぶりの雨だろうと ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者

 どりゃぶりの雨は毎日のキツイ現実でしょうか。一日だけそれを忘れてゲラゲラと笑う。辛さも悲しさも「日曜日」でリセットすれば、新たな気持ちで月曜日から頑張れるものですよね。


 流れ星が たどり着いたのは 悲しみが沈む 西の空

 そして東から昇ってくるものを 迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者


 このフレーズが曲のメインテーマだと思います。

 流れ星は涙、それと一緒に西の空に陽が沈み、辛かった一週間は終わり。

 日曜日の朝に東の空から昇って来る新たな希望。これで次の週も頑張れ!というメッセージですね。


 適当な嘘をついて その場を切り抜けて 誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者

 たとえばこの街が 僕を欲しがっても 今すぐ出かけよう 日曜日よりの使者


 更に追い打ちをかけるように訴える日曜日の重要性。仕事の話も適当に嘘で切り抜け、要請を無視してでも優先させる日曜日(笑)人の為に自分を犠牲にするなんてナンセンスなのです。


 歌詞全体から自分自身に対する優しさが伝わってきます。「人にやさしく」するにはまず「自分にやさしく」。日本人には案外出来そうで出来てないもの。

 たまにはのんびりと空を見上げながら、この曲を聴いてみませんか。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 日曜日よりの使者  ザ・ハイロウズ  甲本ヒロト  太陽  希望  リセット 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク