3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

瞳はダイアモンド 


 

 瞳はダイアモンド 歌手:松田聖子 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1983年10月リリース、松田聖子15枚目のシングル。80年代を代表するアイドル松田聖子とヒットメーカー松本隆の最強コンビに呉田軽穂(松任谷由実)が作曲で加わった非の打ちどころがない(笑)作品です。

 松田聖子は歌唱力にプラスして自己プロデュース力にも長けたアイドルです。そこが他のアイドルより抜きんでた存在になったのではないでしょうか。

 この曲はそんな彼女のターニングポイントになったのではないかと思うのです。

 つまり、それまでのシングルはアイドル然とした実年齢より下の「夢見る夢子さん」の歌だったのに対し、恋人との破局というテーマで、初めて20代前半の等身大の女性の姿を表現した作品になっています。

 歌詞の内容も松本隆マジックでオブラートに包まれていますが、男女の感情が露骨に感じられる結構シビアなものです。

瞳はダイアモンド

 主人公が恋人に語りかけるフレーズから入ります。

 愛してたって言わないで…

 これは「愛してた」という嘘を言わないでという意味かなと解釈しそうになりますが、実はそうではないのですね。

 そしてAメロに入ります。

 映画色 美しい日々が 切れ切れに映る いつ過去形に変わったの?…

 「映画色」は個人的に大好きな表現です。季節柄、路樹等でが色づく場面、セピア色の寂しげな場面、古いフィルムのモノトーンの場面等、一瞬で色々なシーンが頭に浮かんできます。

 そして「過去形に変わったの?」とは出だしの「愛してた」の言葉に対してだったのですね。彼女はまだ現在進行形のまま留まり、彼はすでに過去形になっている。二人の間に刻まれた溝が良く分かります。


 あなたの傘から 飛び出したシグナル 背中に感じた 追いかけてくれる 優しさも無い

 このフレーズからも彼のすでに醒めた心が見えます。去ろうとする彼女に対し、シグナル(信号)の止まれに従うかのように、その場から動こうとしない彼の感情の無機質さがものすごく冷たく感じるのです。

 さらに彼の醒めた心を表しているのが2コーラス目のBメロです。

 でもあなたの眼を覗きこんだ時 黒い雨雲が 二人の青空 消すのが見えた

 二人の青空という表現をしている「思い出」や「夢」。それをかき消すような冷たい視線を恋人がしていたとしたら…。かなり残酷なシチュエーションです。

 完全に心が離れている彼とその現実を受け止めようとする彼女。

 時の流れが傷つけても 傷つかない心は 小さなダイアモンド

 私はもっと強いはずよ でもあふれて止まらぬ 涙はダイアモンド


 折れそうになる自分の気持ちを鼓舞するように彼女は心と涙をダイアモンドに例えるのです。


 失恋ソングは色々ありますが、ここまで主人公がボロボロに傷つけられる歌はそうそうありません。

 今考えると、当時全盛期のアイドルに歌わせた企画にビックリです。そしてそれをしっかりと歌いこなすところに松田聖子の凄さがありますね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 瞳はダイアモンド  松田聖子  松本隆  松任谷由実  破局  映画色   
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。