3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


雪の華 


 

 雪の華 歌手:中島美嘉 作詞:Satomi

 歌詞はこちらで。

 2003年10月リリース、中島美嘉10枚目のシングル。今世紀に入って発表された中で「冬の歌」の定番と言えばこの曲を思い出す人が多いと思います。

 徳永英明はじめ数多くのシンガーにカバーされ、中には森山良子という超ビッグネームも!カラオケランキングでも毎年冬になると上位に食い込む曲です。

雪の華

 何故、この曲がそんなに支持されているのか。確かに切ないメロディーのバラードで胸に響いてくるものがありますが、私は一番の理由は歌詞にあると思います。

 季節を表す美しい表現に日本人独特の奥ゆかしさが垣間見えるのです。その辺りが若者だけではなく、幅広い年代の人の気持ちに届いたのではないでしょうか。


 のびた人陰(かげ)を舗道にならべ 夕闇のなかを君と歩いてる

 手をつないで いつまでもずっと そばにいれたなら 泣けちゃうくらい


 手を繋いで歩く若いカップル(恐らく10代)が目に浮かびます。時間の制限があり長くは一緒にいられない。でも、ずっと一緒にいたいという気持ち。誰しもが経験したティーンの頃の切ない気持ちがグッと甦ってきます。

 Aメロを聴いただけで、一気にノスタルジックになる大人がいます。ここに(笑)


 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる

 そしてこのBメロ部に曲のテーマが隠されている気がします。「日本人の照れ文化」です。

 最近はそうでも無くなってきましたが、欧米人に比べ日本人は、人前で恋人と仲良く寄り添う事ができない人種ですよね。

 この歌詞に登場する二人もそうなのでしょう。寄り添いたいけど寄り添えない。照れが邪魔をするのでしょう。

 だけど、そこに寄り添うべき理由があればどうでしょうか。「冷たい風」「寒さ」等です。「君と近付ける季節」が大義名分になり、二人は寄り添う事ができるのです。

 同じようなフレーズが昔の曲にも登場します。

 僕が照れるから 誰も見ていない道を 寄り添り歩ける寒い日が 君は好きだった

 冷たい風が二人の身体すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ

 
 上はオフコースの「さよなら」。下は尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」。
 
 二つとも寒さを言い訳にして寄り添う恋人達の情景を表しています。「日本人の照れ文化」を歌った昭和の曲がすり込まれた大人だから「雪の華」の歌詞は心に響くのかもしれませんね。


 今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って 眺めているこの瞬間(とき)に 幸せがあふれだす

 雪を、まるで華を愛でるように見ている二人。それは単に降雪という自然現象ではなく、神聖で幻想的なものなのです。美しいものを鑑賞する事で、気持ちが浄化され幸せを実感しているのでしょう。


 舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに 僕らの街を染める

 2番の歌詞で、積もり始める雪。雪は街を真っ白に染める事で、リセット作用がある気がします。色々と邪念が生じた人の心も素直にしてくれるかのように。

 甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える

 好きな相手への想いが行き着く先は何も難しい事ではなく「一緒にいたい」というものなのでしょうね。心まで真っ白に染めてくれる雪のパワーなのです。


 この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ

 これからも君と ずっと…


 雪によって素直になれた恋人達。真っ白に染められた街というキャンパスに、二人の想い出を描いていくのでしょう。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 雪の華  中島美嘉  Satomi  素直  奥ゆかしさ  照れ 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク