3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

寒い国から来た手紙 


 

 寒い国から来た手紙 歌手:泉谷しげる 作詞:泉谷しげる

 歌詞はこちらで。

 1975年8月リリース、泉谷しげる5枚目のシングル。それまで所属していたエレックレコードを離れ、小室等・井上陽水・吉田拓郎とフォーライフレコードを設立。移籍後初シングルです。

寒い国から来た手紙

 泉谷しげるといえば、強面の顔にぶっきらぼうな態度。人の番組に乱入しては大暴れ。でも笑った目がとても可愛くて、災害が発生すれば被災された方への支援活動へ走る男気。自由奔放に生きているように見えて、人への気遣いをする繊細な神経の持ち主なんじゃないだろうかと思います。

 この曲は北国出身の若者が、都会で夢にしがみついてあがいている時に、故郷からの「帰ってこい」の手紙に心揺れる様を描いたと解釈できます。

 本人の作詞ですので、自分自身の事を歌ったのかと思いきや、泉谷氏は東京出身なのですね。では完全な創作の世界なのかというと、実はそうではなさそうです。

 泉谷氏はエレックレコードからデビューする際に、フォークシンガーとして東京都出身では、ハクがつかないので、青森出身として売り出したそうです。(実際に彼の両親の故郷が青森)

 その事を踏まえて歌詞を見てみます。

 冬の国から都のすみへ便りが届く 壊れた夢にしがみつかずに早く帰れよと

 夢はまだ醒めてないからしばらくここにいる ひねてないのにひねくれてみて無理に出す返事


 1コーラス目のAメロ部分です。

 諦めて早く帰ってこいという親、兄弟(もしくは友達)。実は主人公も潮時じゃないかと思いつつも、「まだ夢は続いている」とうそぶいて返事を出しています。

 東北出身という作られたプロフィールだと、すんなりと入ってくる歌詞です。

 でもサビの部分で泉谷氏は別の苦悩をぶち込みます。

 まぼろしよ 早く 消えてくれよ 渇いた笑顔は 僕には似合わない

 この「まぼろし」とは自分がまだ見ている夢の事なのか?そう解釈もできますが、私はこれは東北出身であるという本人の作られたプロフィールじゃないかと思うのです。

 新しいレコード会社に移籍して、これから好きな道を走っていこうとするのに「足かせ」となる詐称されたプロフィール。それを「まぼろし」、「渇いた笑顔」と表現したのかもしれません。

 創作の世界に見せかけて、自分の置かれている状況を歌った。そう解釈できないでしょうか。
 
 その後突っ走り始めた泉谷氏は、フォークシンガーだけでなく役者としても活動を広げていきます。そして前述したような多彩な顔を持つ愛すべきキャラクターを確立していったのではないかと。


 今回はかなり主観的すぎる分析でした(笑)ともあれ、初出場する紅白歌合戦でどのように暴れてくれるの楽しみです。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 寒い国から来た手紙  泉谷しげる  渇いた笑顔  まぼろし  さめない夢 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。