3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

Nobody 


 

 Nobody 歌手:杉真理 作詞:杉真理

 歌詞はこちらで。

 1982年3月リリース、アルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」に収録された杉真理のナンバー。プロデュースは大滝詠一

 ナイアガラトライアングルはポップス界の大御所、大滝詠一が当時若手だった佐野元春杉真理に声をかけて共同制作した音楽アルバムです。

 このアルバムにはシングルカットされた共作「A面で恋をして」の他、それぞれのオリジナルが4曲ずつ収録されており、Nobadyは杉真理作品のトップを飾るナンバーです。
 
Nobody

 正直、この曲の存在を忘れていました。昨年末に大滝詠一氏が亡くなった事をきっかけにNIAGARA TRIANGLEを聴きかえしてみて、忘れてしまうにはもったいない名曲だったと感じています。

 ナイアガラトライアングルでは大滝氏がアメリカンポップサウンドなのに対して、若手二人はリバプールサウンド色の強い曲を収録しています。

 佐野元春の「彼女はデリケート」は「ツイスト&シャウト」風なコーラスの掛け合い。「Bye Bye C-Boy」の「ペニーレーン」を彷彿させるリズム。そしてこの「Nobody」はモロに初期のビートルズサウンドそのものです。

 歌詞は姿を消した憧れのヒーローの面影を探して彷徨う主人公の心情を歌ったもの。杉氏も明言していますがジョンレノンへの鎮魂歌です。

 パーク・アベニューは もう涙忘れかけてる ごらん泣いてるのは ただ風の音だけ

 突然暗い夜の向こうで 響く銃声 夢が終わる音


 1982年当時、ビートルズが解散して12年。その偉大さは人々の記憶に残っていましたが、時代の流れと共に体感するものから、歴史の1ページへと変革しつつあったのでしょう。そして、ジョンが暗殺されるというショッキングな出来事が起きた。ビートルズフリークの人達はかなりの危機感を感じたのかもしれません。このままビートルズが風化してしまうのではないかと。

 杉氏はビートルズを知らない世代が多くなってきている時に、このリバプールサウンドの曲を発表するのを悩んだそうです。果たして若者に受け入れられるのかと。

 しかしプロデューサー大滝詠一氏の「好きなものを躊躇せず突き詰めろ!」GOサインで発表。

 結果的に、この曲で杉真理の良さを知ったという若者が多かったのです。更にビートルズの良さを見直す機会も与えられました。(私もそのひとりでした)

 聴いていると、本当にビートルズサウンドを楽しんでいる様子が伺えます。特にサビの佐野元春のコーラスが入る部分では、まるで佐野氏がジョンレノン、杉氏がポールマッカートニーになりきっているかのようなハーモニー。


 傷ついたレコードが サヨナラを繰り返す 君の消えた街は Nobody's here tonight♪

 君の喋る言葉の 半分は意味がない 今はそれも聞けないよ It always makes me blue.


 ジョンへの哀悼の言葉の数々ですが、今はそのまま大滝詠一氏へ当てはまるような気がしています。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: Nobody  杉真理  ナイアガラトライアングル  大滝詠一  佐野元春  リバプールサウンド  ジョンレノン 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。