3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


COLORS 


 

 COLORS 歌手:宇多田ヒカル 作詞:宇多田ヒカル

 歌詞はこちらで。

 2003年1月リリース、宇多田ヒカル12枚目のシングル。トヨタ・ウィッシュのCMソング。

 目に入る「」にフォーカスして、男女の関わりや人の生き方を綴った歌詞。曲中に登場するは、灰色のモノトーンをネガティブなものとして、それに対比するようにオレンジ等の鮮やかなをポジティブの象徴としているのが印象的です。

 出てくる一人称は「僕」と「わたし」。そして二人称が「君」と「あなた」。それらが入り混じり、はっきり言って誰が誰に対して訴えかけているのか難解です。

 でもよく見ると、男言葉と女言葉の使い分けにパターンがあり、男女の掛け合いになってるのだとわかります。(推測ですよ 笑)

COLORS

 1コーラス冒頭のAメロ部分は男性側からの言葉。

 ミラーが映し出す幻を気にしながら いつの間にか速度上げてるのさ

 どこへ行ってもいいと言われると 半端な願望には標識も全部灰色


 「半端な願望=目標が定まらない生き方」なら、目先の事がを失った寂しいものであると解釈できます。この男自身、そのような生き方をしているのではないかと疑問を持っているのでしょう。


 炎の揺らめき 今宵も夢を描く あなたの筆先 渇いてませんか

 女はそんな男の内に秘めた苦しみを見抜き、「夢を描く筆先が渇いてませんか?」と指摘します。かなり鋭いです(笑)

 でも女も彩られた人生を歩んでいる訳ではないようです。それがわかるのがサビの部分。


 い空が見えぬならい傘広げて いいじゃないか キャンバスは君のもの

 人生に色が無いのなら、自分で色をつければいいと言う男。

 それに対する女の答え。

 い旗はあきらめた時にだけかざすの 今は真っに 誘う闘牛士のように

 彼女はまだまだ諦めず、内に秘めた熱さがあるようです。


 今回は少し強引な解釈になってしまいましたが(笑)この曲は片方が片方を励ます一方的な応援歌ではないようです。

 男も女も互いに人生に挫折をし、痛みを知るもの同士だからこそ、相手の弱い部分を理解し、励まし合っている歌詞じゃないかと思います。

 宇多田ヒカルが元夫との新婚旅行先のフランスで書いた曲という事から、彼女たち自身の人生が彩られたものであってほしいという願いが込められていたのかもしれませんね。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
関連記事

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: COLORS  宇多田ヒカル        灰色      オレンジ  キャンバス 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク