3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


アンダルシアに憧れて 


 

 アンダルシアに憧れて 歌手:真島昌利 作詞:真島昌利

 歌詞はこちらで。

 1989年10月リリース、THE BLUE HEARTSのギタリスト真島昌利のソロデビューシングル。元々は彼が以前に結成していたTHE BREAKERSの楽曲。

 翌月に近藤真彦がカバーシングルとしてリリース。2曲同時にヒットチャートランクインしていた記憶があります。

アンダルシアに憧れて

 絶命しかけた男の頭の中によぎる、恋人への想いを歌った曲です。

 各コーラスのサビが現在の男の心境。Aメロ、Bメロがそこに至るまでの道のりを時系列で綴っています。映画のシナリオのような歌詞の構成です。

 この曲に関しては舞台設定や人間関係に裏読みするようなものが見当たらず(笑)そのままの解釈でズバリな気がする為、主人公の心理について分析したいと思います。


 タイトルにある「アンダルシア」はスペインの南部にある州で、太陽が降り注ぐ暖かな気候と古くからの歴史・文化が存在する観光地だそうです。


 アンダルシアに憧れて バラをくわえて踊ってる

 地下の酒場のカルメンと 今夜メトロでランデブー


 酒場の踊り子と主人公のマフィアの男。踊り子が憧れるのは夢のリゾート地アンダルシア。ランデブーという表現が二人が出かけるのはただの旅行ではないという事を示唆しています。

 カルメンと待ち合わせる場所に出かける直前、所属マフィアのボスから男へ連絡が入ります。抗争相手と決着を付けなければならなくなったと。そこで男が取り出したコルト(拳銃)に彼の決意が見えるのです。

 コルトはオレのパスポート 黒くてかたいパスポート

 スタッガーリーの頭に こいつをぶち込んでやるさ


 コルトは何のためのパスポートなのか?闇の世界から表の世界へ移る為のパスポートなんじゃないでしょうか。

 抗争相手を殺す事で、自らのマフィア生活にピリオドを打ち、カルメンと新しい人生をスタートさせようと考えているのだと思います。

 やはり、アンダルシアへの出発はただの旅行ではなく、今の暮らしからの逃避行の意味があったのですね。

 そして騙し討ちに合い、マシンガンで打ち抜かれる男。

 激しい痛みが体を電光石火につらぬき はみだし者の赤い血が空っぽの世界を染める

 自らを「はみだし者」と卑下するところに、男の後ろめたさを感じます。世間に背を向け裏社会で生きてきた後ろめたさ。愛する女(カルメン)にそんな思いをさせないように足を洗う決意をしたのでしょうね。


 誰か彼女に伝えてくれよ ホームのはじで待ってるはずさ

 ちょっと遅れるかもしれないけれど 必ず行くからそこで待ってろよ


 意識が薄れていく中での心の叫びです。自分と新たな人生を歩む為に待っているカルメン。切ないですね。


 個人的にマーシーのしゃがれた声とギターサウンドが、主人公の男のはみだし者感を演出して好きです。マッチがダークなスーツでボルサリーノを粋に決めて歌っても、主人公の心情が伝わりにくいのです。

 やはり歌は形だけではないのです(笑)


 余談ですが、歌詞に出てくるカルメンは中森明菜の事を表しているのじゃないかという都市伝説が流れました。

 スペイン、フラメンコがミ・アモーレの明菜のイメージとピッタリ重なったのでしょうね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 80年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: アンダルシアに憧れて  真島昌利  近藤真彦  パスポート  マフィア  カルメン  はみだし者 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク