3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

ぼくらが旅に出る理由 


 

 ぼくらが旅に出る理由 歌手:小沢健二 作詞:小沢健二

 歌詞はこちらで。

 1996年5月リリース、小沢健二12枚目のシングル。

 彼は軽快なリズムとヘタウマな脱力系ボーカルで“渋谷系”と呼ばれ、おしゃれな音楽の代表格として90年代を席巻しました。そんな背景もあり、リアルタイムで聴いていた時は歌の内容があまり入ってきませんでしたが、今聴きかえしてみると、その歌詞の良さを実感できます。

 最近、科学の論文で“引用”という言葉が世間を騒がせています。これは無断で行うと“盗作”になりますが、ちゃんと○○の××を使用していますと宣言すれば“引用”として世間に認知されるのです。

 音楽でも昔から“引用”は存在していたと思うのです。記憶に残るところではビートルズが「All You Need is Love」のイントロでフランス国歌を“引用”しました。これは世界最初の衛星放送の為の曲で「EUに敬意を払った」と彼らが言うように特別な場合だったからだと思われます。

 つまり、クリエーターは自分の作品に人の作品を“引用”し組み込む事に抵抗があるのではないでしょうか。

 小沢健二はこの「ぼくらが旅に出る理由」のイントロと間奏にポールサイモンの「You Can Call Me Al」と「Late in the Evening」を“引用”しています。そしてサラリと宣言しているところに、他の音楽家とは違うおしゃれさを感じます。さすが“渋谷系”です(笑)

ぼくらが旅に出る理由

 曲に登場するカップル。女性が遠くへ(多分ニューヨーク)旅立つ事となり、それを見送る男性。

 心がわりは何かのせい? あんまり乗り気じゃなかったのに

 東京タワーから続いてく道 君は完全にはしゃいでいるのさ


 転勤なのか留学なのかは不明ですが、当初乗り気ではなかった女性は心変わりをしています。しかもテンションが上がりはしゃいでいる姿も。

 何故女性が旅立つ事を決意したのか。この時点で男性はそれが理解できずにいるようです。

 そして、空港へ向かう道すがらに出会った秋の風景。その後の女性からの手紙。自分を取り巻く環境等から、なぜ彼女が旅立つ事を決めたのかが理解できたのでしょう。

 それ自身がこの曲のテーマなのですが一体何なのかは、この男性は明確にしていません。2コーラス目で彼女へ書いた手紙の返事に記したのかもしれませんが、「なにを書いたのはナイショなのさ」と、聴き手をいたずらっぽく突き放しています(笑)

 くりかえすサビの部分でそれを推察できます。

 ぼくらの住む世界では太陽がいつものぼり 喜びと悲しみが時に訪ねる

 遠くから届く宇宙の光 街中でつづいていく暮らし

 そして毎日はつづいてく 丘を越え僕たちは歩く


 これらのフレーズから分かる事。

 日常は変わることなく延々と続いていきます。それが平和の証かもしれません。しかし、そこに住む人間も同じであってはいけないのです。少しずつでも変わっていく事が進化へと繋がっていく。

 こう言う事を訴えたかったのかと思います。

 女性も旅に出たからこそ分かった事を手紙に書いています。

 「こんなに遠く離れていると 愛はまた深まっていくの」と


 勇気を持って、日常から一歩踏み出すと分かる事ってたくさんあるのですね。それこそがぼくらが旅に出る理由なのでしょう。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: ぼくらが旅に出る理由  小沢健二  旅に出る理由  日常  進化  引用 
tb: 0   cm: 1

△top

関連コンテンツ

 

△top

コメント

 

これって生と死を歌っていると思うんですが・・・

#- | URL | 2016/12/08 23:34 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

スポンサーリンク

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sanjigenkashi.blog.fc2.com/tb.php/160-5a683f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。