3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

想い出ぼろぼろ 


 

 想い出ぼろぼろ 歌手:内藤やす子 作詞:阿木燿子

 歌詞はこちらで。

 1976年9月リリース、内藤やす子3枚目のシングル。第18回日本レコード大賞新人賞受賞曲です。

 アレンジは70年代の“ザ・歌謡曲”ですが、内藤やす子の迫力のハスキーボイスが、ソウルフルな黒人音楽っぽく聴こえてカッコいいです。

想い出ぼろぼろ

 作詞・作曲は阿木燿子・宇崎竜童夫妻。山口百恵の“薄幸”路線を演出した名コンビ。

 この曲の主人公も確かに薄幸っぽいのですが、それにプラスして“やさぐれ感”が伝わってくるのは内藤やす子の表現力の凄さだと思います。


 歌詞から分かるのは、「真夜中の部屋でひとり寝ている女。そこに酔って帰ってきた男。男からは浮気の香りがプンプンしている。それを問いただしたい気持ちを抑えて、寝たふりをする女。」といったシチュエーションです。

 この二人が夫婦なのか恋人同士なのか、住んでる部屋は一軒家なのかマンションなのかは歌詞の中ではっきり触れていません。

 しかし、私の頭の中では二人は長く同棲をして倦怠期に突入したカップルで、住んでいる場所は6畳ひと間の安アパートというイメージがしっかりと出来上がっています。

 男が水道の蛇口へ直接口を付けて水を飲んだり、背中合わせで眠るシーンで、骨組みがされ、内藤やす子のハスキーボイスから伝わる“やさぐれ感”で肉付けされ完成されたイメージなのです(笑)


 女が男の浮気を問いただせない理由。

 幸せぼろぼろ こぼれるから

 涙がぼろぼろ 溢れるから

 想い出ぼろぼろ 崩れるから

 サビで語られてるのは、この3つです。


 「ぼろぼろ」には二種類の意味があると思います。

 ①物が剥がれ落ちたり、溢れ落ちる時の“ぼろぼろ”という副詞。

 ②物が壊れていたり、心身が疲れきった時の“ボロボロ”という形容動詞。



 涙がぼろぼろ流れて、幸せや想い出もぼろぼろと崩れ去っていく。“薄幸”で連想出来るのが①の副詞としての意味。

 それに“やさぐれ感”が加わると②の形容動詞としての“ボロボロ”が感じられてくるのです。

 今風に言うとズタボロですね。


 ちなみによく似たタイトルのジブリアニメ「おもひでぽろぽろ」の“ぽろぽろ”からは①の意味しか無いと思われます。

 ジブリにやさぐれ感は皆無ですもんね(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 想い出ぼろぼろ  内藤やす子  阿木燿子  薄幸  やさぐれ感 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。