3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

ルビーの指環 


 

 ルビーの指環 歌手:寺尾聰 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1981年2月リリース、寺尾聰5枚目のシングル。彼の最大のヒット曲であり、80年代のヒットメーカー松本隆氏の手掛けた曲の中で最も有名な曲ではないでしょうか。

 当時の歌番組「ザ・ベストテン」で12週連続第一位の偉業を成し遂げ、同番組が終了するまでの10年間、その記録は破られる事はありませんでした。

ルビーの指環

 恋人と別れた男の喪失感を綴った歌詞です。

 くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね

 冒頭のこのフレーズに男の現在の状況が集約されていると思います。

 松本隆氏が在籍したはっぴぃえんどの曲に登場した「風街」。近代化の中で失われる古きよき日本を例えた架空の街だそうです。平凡ながらも幸せの象徴の街ではないでしょうか。くもり硝子の外は風街。主人公の男がいるのは内側の辛い現実の世界。

 「問わず語り」とは人が尋ねないのに自分から語ることという意味。思い出したくもないのに、辛い記憶ばかりが心に浮かんでいるのでしょう。

 別れたのは夕暮れのカフェ。その時、彼女が消えていったのもくもり硝子の向こうにある風の街。男はそれからずっと、内側の辛い世界から飛び出せずにいるのです。


 キーアイテムであるルビーの指環「そうね 誕生石ならルビーなの」 この言葉がリフレインするのは何度も繰り返し、彼女に言われたからでしょうか。男はそんなしきたりに無頓着だったのかもしれません。

 ルビーが誕生石なら、彼女の誕生月は7月。実際に指環を渡して愛を誓ったのは8月。無頓着な男が、重い腰を上げて指環を用意した時は、すでに誕生月を過ぎて8月に突入していたのでしょうか(笑)

 そのすべてが今の男にとっては「」なのですね。

 別れの際に、男は指環を「俺に返すつもりならば 捨ててくれ」と言っています。しかし、この発言を後悔しているはずです。

 曲の最後で、二年経った今でも、彼女に似た女性を見かけると、指に指環を探してしまう男の姿。これは、単なる未練だけではなく、彼女が今でも付けいてくれるという事で、二人が誓った愛はではなく、現実だったというが欲しいのではないのでしょうか。



 正直、あまりにもメジャーな曲だけに、改めて取り上げるのもなぁと思っていました。しかし最近Twitterで松本隆氏のあるツイートに感銘を受けました。それがこちらです。



 どのような経緯で、この話が持ち上がったのかは分かりませんが、松本氏のこの姿勢に楽曲に対してだけでなく、同じ時代を共有した聴き手への愛情が感じられました。

 私の勝手な解釈ですが、松本氏が作詞し、寺尾氏が作曲、歌唱して作り上げた舞台。そこに当時の聴き手達がそれぞれの想いを投影して作り上げた世界観。

 曲に関わった人間、感動し支持した人間全ての共有財産だと思うのです。それをサンプリングという形で、壊したくなかったのではないのでしょうか。まるで愛情を注いで育てた子供に整形手術を受けさせるような(笑)



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 80年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: ルビーの指環  寺尾聰  松本隆  風の街     
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

スポンサーリンク

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sanjigenkashi.blog.fc2.com/tb.php/192-d2e2248b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。