3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


雪が降る町 


 

 雪が降る町 歌手:ユニコーン 作詞:奥田民生

 歌詞はこちらで。

 1992年12月リリース、ユニコーン8枚目のシングル。毎年、年の瀬になると、どこからともなく(笑)聴こえてくる印象的なナンバーです。

 ファッションや食べ物等、季節感が強い物にはライフサイクルがあります。毎年一定の時期に導入期、成長期、成熟期、衰退期を繰り返しているのです。

雪が降る町

 歌にもライフサイクルがあります。卒業ソングだと2月~3月。サマーソングだと7月~8月のような感じで、長さはそれぞれです。年の瀬だとクリスマスソングが12月の頭~25日迄ですよね。

 この曲はそのライフサイクルが非常に短いです。クリスマス騒ぎが収まった26日~31日までの数日間ではないでしょうか。

 “旬”な時が短い分、儚さとレア感がビンビンと伝わってきます。


 お正月というのは、多くの仕事が休みになり、帰省したり、旅行に行ったりして過ごします。人が日常から離れ、非日常を過ごす不思議な期間だと思います。

 歌詞の中では、日常から非日常へ変わっていく流れが綴られています。

 ①人もけしきも 忙しそうに 年末だから

 ②人も車も へり始めてる 年末だから


 ①は仕事納めの慌ただしい26~29日位(日常)。②は帰省が始まり、人が減っていく30~31日(非日常)ですね。

 日本人は毎年年末にこの流れを繰り返しているのです。


 僕らの町に 今年も雪が降る 見慣れた町に 白い雪が つもるつもる

 見慣れた町(日常)を覆い隠すように降り積もる雪(非日常)。奥田民生の淡々とした歌い方が、普遍的な日本の風景を強調している感じがします。

 それでも時代は少しずつ変わっているんだよ、と皮肉ったのが最後のフレーズです。

 世の中は 色々あるから どうか元気で お気をつけて


 年の瀬のピーンと張り詰めた冷たい空気が思い浮かぶ名曲ですね。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 雪が降る町  ユニコーン  奥田民生  年末  日常  非日常 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

スポンサーリンク

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sanjigenkashi.blog.fc2.com/tb.php/197-295af848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top