3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


タイガー&ドラゴン 


 

 タイガー&ドラゴン 歌手:クレイジーケンバンド 作詞:横山剣

 歌詞はこちらで。

 2002年12月リリース、クレイジーケンバンド5枚目のシングル。2005年には宮藤官九郎脚本の同名ドラマの主題歌になっています。

 ほとんどの人が感じたのと同じく私も最初は和田アキ子が歌っていると思っていました。元々横山剣が和田アキ子に歌って欲しいと思って作った曲で、歌唱方法も寄せてレコーディングしたそうです。後にアルバムの中で彼女はカバーしています。

タイガー&ドラゴン

 ドラマに合わせて書かれた曲だと思ってました。しかしドラマよりもCDリリースが3年も早い為、クドカンが曲のイメージに合わせてシナリオを書いたのでしょう。


 歌詞の舞台は横須賀の三笠公園。そこで待ち合わせをした男と男のやりとりを綴っています。

 主人公の男が羽織っているスカジャンの背中に入った虎と龍の刺繍。因縁のある二人の対面を龍虎相搏つ(りゅうこあいうつ)という諺になぞらえて付けられたタイトルが「タイガー&ドラゴン」ではないでしょうか。

 それからもうひとつ。歌詞のラスト近くにある「俺の中で俺と俺とが闘う」というフレーズ。主人公の中にある迷い・葛藤も闘う虎と龍に喩えています。


 主人公が相手を呼び出した理由は何なのか、話したい事は何なのか、一体何を迷っているのか。聴き手は様々な想像を掻き立てられます。

 結構、深刻な事をカミングアウトするのかもしれませんが、曲全体にそこはかとなくコミカルさが感じられるのは、私だけでしょうか。

 二人の間には、1コーラスのサビの部分で分かるように金銭の貸し借りがあります。しかしそれは、①主人公が貸している ②主人公が借りている 2パターンがあり、どちらなのかは明確に分かる箇所はありません。

 ドラマでは長瀬智也演じるヤクザが借金の取立てをする設定でしたので、①パターンのイメージが強いのではないでしょうか。

 となると、金を貸している友達を呼び出す→返すアテもなくオドオドとやってきた相手→逃げ腰の相手を引き止めるように大切な話をする主人公という設定ですね。

 「俺とお前の友情は金で左右されるものじゃないだろ?」という主人公の声が聞こえてきそうです。これが“俺の話”だとすれば、男と男の美しい友情を描いた歌詞という解釈もできますね。


 ドラマでの設定の先入観を捨てて②のパターンだった場合、話は大きく違ってきます。金を借りている相手を呼び出し、貸した金の事はどうでもいいから俺の話を聞け! と叫ぶ男。

 これだと、上手い具合に話を逸らして、借金を踏み倒そうと考えている、とんでもない輩を描いた歌詞という解釈になってしまいます。

 いやいや、やっぱり②のパターンはありえないと思われる方もいるでしょう。何故なら、借金をしているのが主人公なら「貸した金」ではなく「借りた金」と表現するはずだと。

 これは頭に入る「お前が」という主語を省略しているからだと思います。借金を歌詞の中で扱う時には借りた方より、貸した方の目線で表現した方が、生々しさや悲惨さが緩和されるのではないでしょうか。

 もし、借りた金の事などどうでもいいから だと、歌詞の中からせっかくのコミカルさが消え、なんとも重い雰囲気の歌になってしまう気がします。


 ここまで書いて、改めて思いましたが、パターン②はやっぱり無理があります。消去法でパターン①の、主人公が金を貸しているって事が収まりがいいですね。

 借金問題が解決したところで(笑)この曲のコミカルさを決定づけているフレーズがこちら。

 各コーラスのサビです。

 ①俺の話を聞け! 5分だけでもいい

 ②俺の俺の俺の話を聞け! 2分だけでもいい


 1番で要求した時間が5分。2番では2分に縮まっています。きっと相手が話を聞かずに立ち去ろうとしているのでしょう。

 俺の俺の俺の と連呼するところが「ちょ!ちょ!ちょ!(待て)」と聞こえて、主人公の切羽詰まった焦りが見えて、何故か可笑しくなってきます。


 スカジャンに身を包んだ強面(こわもて)の借金取りが見せる人間臭さ。色々なドラマが想像できるいい曲です。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 00年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: タイガー&ドラゴン  クレイジーケンバンド  横山剣  虎と龍  横須賀 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

スポンサーリンク

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sanjigenkashi.blog.fc2.com/tb.php/198-fc015a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top