3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


『いちご白書』をもう一度 


 

 『いちご白書』をもう一度 歌手:バンバン 作詞:荒井由実

 歌詞はこちらで。

 1975年8月リリース、バンバン5枚目のシングル。バンバンとしては唯一のオリコン1位獲得曲です。作詞・作曲は荒井由実(松任谷由実)。ヒット曲に恵まれず行き詰まっていたばんばひろふみがユーミンの曲に感銘を受け、伝を頼ってユーミンに辿り着き、書いてもらった曲だそうです。

いちご白書をもう一度


 タイトルにある『いちご白書』は1970年に公開されたアメリカ映画で、1968年にコロンビア大学で実際に起こった学生紛争をもとに制作されたものです。

 昔恋人と観に行った映画に再会した男が、過ぎ去った学生時代を思い出しノスタルジックな気持ちになるという歌詞。ドラマチックで分かりやすい内容なだけに、色々な方がブログ等で様々な批評をされているのを見かけます。

 その中で、特に多い気がするのが2番のサビの部分に対するツッコミ。

就職が決まって 髪を・・・

 「先に髪を切ってからの就職活動だろ」「順番が違う」との意見を良く見かけます。確かに歌詞をそのまま見れば真っ当な意見です。しかし、あの天下のユーミンがそんな迂闊なミスをするでしょうか。

 個人的にどうしても納得がいかず、何度も何度もこのフレーズを反芻してみました。すると自分の中である解釈が出てきたのです。

 『就職が決まって』は正確に言うと『就職する事が決まって』だと思います。時代はちょうど『いちご白書』が公開された1970年。オイルショック直前、戦後高度経済成長の最後の頃です。日本もまだまだ好景気でイケイケだったと思われます。

 そんな中で、主人公の男性も最初から大学卒業後には親族、もしくは知り合いの会社に就職する事が決まっており、それに抗うように大学の4年間は、学生集会に出かけたり、ヒッピーの真似事をしていたのではないでしょうか。

 しかし自らの運命には逆らえずに、大学卒業間近になって観念し、決まっていた就職先に行く為に髪を切ってきた。

 自由を謳歌していると思っていた学生時代は、実は期間限定の幻のようなものであり、その時に付き合っていた恋人もその中のひとつに過ぎなかった。現実の壁を打ち破る勇気がなかった主人公が、歯がゆい気持ちと悔しい気持ちの中で出た言葉が『もう若くないさ』という言い訳だったと思います。

 もし就職活動の為の散髪だったなら、本人の就職したいという意思や希望が入っていますが、すでに決まっていた就職の為の散髪だとすると、そこにあるのは喪失感敗北感だけではないでしょうか。

 だからこのフレーズは、「順番が…」とツッコミを受けるような単純なものではなく、主人公の境遇や気持ちが読み取れる深いものだと思うのです。だって天下の荒井由実ですよ(笑)


 当時の学生にあった社会への反発や自由へのあこがれの象徴が長髪であり、それを切る事は、ある意味相撲の『断髪式』のようなケジメのような行為だったと思います。

 果たして、この主人公はそこで自分の青春時代にちゃんと決別できたのでしょうか。答えは“否”だと思います。

 最後のフレーズ…二人だけの・・・ どこかで・・・

 昔の恋人にも懐かしい映画を観る事で自分の事を思い出して欲しい。今を生きてはいても、心のどこかに蘇る甘酸っぱい記憶を忘れないでいて欲しいという願望が見える気がします。「青い」と分かってはいても、抑えられないもどかしさ。

 人は多かれ少なかれ、誰しもそんな想いを抱えています。その琴線に触れたのもオリコン1位を獲得した理由のひとつだと思います。




ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 『いちご白書』をもう一度  いちご白書  バンバン  荒井由実  喪失感  敗北感  ばんばひろふみ 
tb: 0   cm: 0

△top

関連コンテンツ

 

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

スポンサーリンク

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sanjigenkashi.blog.fc2.com/tb.php/240-e6fccf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top