3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


PRIDE 


 

PRIDE

 PRIDE 歌手:今井美樹 作詞:布袋寅泰

 歌詞はこちらで。

 今井美樹が1996年にリリースした彼女最大のヒット曲。作詞・作曲・プロデュースは現夫の布袋寅泰。安田成美・香取慎吾主演、ドラマドク」の主題歌です。

 ドラマが異国人同士の国境を越えた純愛を描いたものでしたので、主題歌のこの曲も人を愛することの美しさを全面に出したイメージがあります。

 「純愛」と「プライド」がどのように結びつくのか?

 プライドとは一体なんでしょうか。辞書で調べてみると、「誇り・自尊心・自負心・誉れ」等の類義語であると明記されています。使用例として「プライドを傷つける」「仕事にプライドを持つ」等々。

 歌の主人公はAメロ出だし部分で、南の一つ星を見上げて「どんな時も微笑みを絶やさずに歩いて行こう」と誓います。

 それまでの彼女は恋人を好きで、好きでたまらず、自分の気持ちを上手くコントロール出来ずにいました。彼の気持ちが何処にあるのか、私のほうをちゃんと見てくれてるのだろうかという不安と切なさに苛まれながら、ただ祈るだけという「愛に怯えた」生活を送っていたのです。

 きっと彼女は気持ちの余裕の無さから笑顔すら忘れていたのかもしれません。更に、不安から来る疑心暗鬼で、ふとしたすれ違いや彼のわがまますら許せずにいたのです。

 でも、彼女は気づきました。本当の幸せは「許し合う事を知る事」だと。微笑みを絶やさずに歩いて行く事で余裕が生まれ、彼のわがままさえ愛しく思えるようになれれば本当に幸せじゃないかと。

 彼女にとって「プライド」とは「誇り・自尊心・自負心・誉れ」だけでなく、それまでの弱い自分と決別して生きていく為の「生き甲斐・道しるべ」みたいなものだと思います。

 自信を持って愛する「純愛」が、彼女のプライドなのです。

 ラストに「貴方への愛だけに 笑って 泣いてる」というフレーズがあります。笑う・泣くという反対の行為を並べるのは、嬉しい事も悲しい事もあるだろうけど、ずっと愛し続けていきますよという誓いに見えます。

 推測ですが、この当時、作者の布袋寅泰はまだ山下久美子と夫婦関係にあり今井美樹とは道ならぬ恋だったと思います。でも、自身の純愛を彼女へ証明する為に「プライド」という言葉に置き換えて捧げたのではないでしょうか。

 「あなたの胸に今すぐ 翼があったら飛んでゆくの 」

 布袋氏自身の心情だったのかもしれません。



関連記事

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: PRIDE  プライド  今井美樹  布袋寅泰  ドク  南の一つ星  ドラマ  純愛 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク