3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

つつみ込むように… 


 

 つつみ込むように… 歌手:MISIA 作詞:島野聡

 歌詞はこちらで。

つつみ込むように…

 1998年2月にリリースされたMISIAのデビューシングル。MISIAはほとんど作詞を手掛けてますが、この曲は別の作家によるものです。

 作詞・作曲者の島野聡は、自身が男性2人組「Love Lights Fields」のメンバーとして活動していた時にこの曲を製作していましたが、同グループのボーカルの歌声で発表する事に納得がいかず断念。いつかこの楽曲を歌いこなせる歌手に巡り会うまでと、封印していたそうです。

 さすが、日本人離れした5オクターブの声域を持つMISIAです。作者の希望通りに歌いこなしているのではないでしょうか。


 歌の主人公は一生懸命に背伸びして「大人ぶる事」の虚しさを痛感しています。

 雨上がりの道を カサさして歩いた 水鏡にうつそう 幼い子供みたいに

 何かに悩んだ時は、無意識のうちに子供の頃によくやった行動をとっているものです。頭では忘れていても、体は覚えているのですね。


 いつからか大人ぶっていた 毎日に慣れてしまって ただ素直に感じあえること

 遠ざけ 追いかけ 迷い続けるのさ

 無意識に無邪気な行動を取っている時、ふと我に返れば、今の自分が「大人ぶっている事」の虚しさが浮き彫りになります。素直に感じあえる事を遠ざける必要なんてなかったのに・・・。


   君にはを そして孤独を 包み込むように

 主人公は今の自分に必要なものについて考えます。を彩る。そして(彩られた)を実現するための行動力でしょうか。もちろん恋人にはを。すべては自分が抱える孤独を包み込むためなのです。



 大人ぶっていた主人公は恋についても臆病になっていました。

 いつしか大人の恋に 臆病になってしまって

 出会うたび さよなら来ること 考えて 恐がって 逃げ続けてるのさ

 出会いがあれば、別れがあるものです。しかしそのことばかりを気にしていては、ちゃんとした人間同士の付き合いなんて出来るわけありません。臆病な主人公はきっと何度も恋人を失うような事があったのでしょう。


 明日が見えなくて 一人で過ごせないよ もがくほど心焦るけど

 音もなく 朝が来て 今日がまた始まる

 「同じ失敗を繰り返したくない。」もがき苦しむ主人公。「あしたのジョー」の明日はどっちだ状態です。

 しかし、素直に向き合った時に自分の本当の目的が見えてきました。

 君を守りたい・・・


 深く考える事はないのです。目の前にいる大切な人を守りたいという心が、今の主人公には大切だったのです。

   君にはを そして明日を 包み込むように

 を彩る花。花を運ぶのような行動力。大切は人へそそぐ情。すべてが優しく主人公を包み込んで明日へ導いてくれるのでしょう。



関連記事

category: 90年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: つつみ込むように  MISIA  島野聡          孤独  明日 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。