3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


もう恋なんてしない 


 

もう恋なんてしない

 もう恋なんてしない 歌手:槇原敬之 作詞:槇原敬之

 歌詞はこちらで。

 1992年、槇原敬之の5枚目のシングルとしてリリースされました。

 槇原敬之(以下マッキーと表記)の書く歌詞は、そのシチュエーションが想像できるものが多く、まるでショートドラマを見ているような気持ちになります。

 この曲も彼女(恐らく一緒に暮らしていた)と別れて、独り身になった境遇を分かりやすく表現しています。

 ただ、それに反するようにタイトルも含まれるメインテーマの部分「恋なんてしないなんて 言わないよ」と言う表現が非常に分かりにくく、ダウンタウンのまっちゃんも「一体どっちやねん!」というツッコミを入れていたのを思い出しました(笑)

 「しない」「言わない」という2つの否定が同じセンテンスの中に並んでいます。学生の頃、「二重否定は強い肯定」と学んだ記憶があります。ちょっと強引ですが、この論法を当てはめて考えると、もう恋なんてしないなんて言わない」=「また必ず恋をするんだ!」ととれなくはない(笑)です。

 この事を踏まえて、歌詞を見ていきます。

 1コーラス目、紅茶のありががわからない」「朝食がおいしくない」等々、彼女がいなくなった生活の不便さを訴えています。これって家事全般を彼女に押付けていたトンデモ男ですよね。

 それなのに「さよならと言った君の気持ちがわからない」とか、これは彼女は出て行って当然だ(笑)

 鈍感な割に負けず嫌いで、彼女に強がりを言います。もう恋なんてしないなんて言わないよ 絶対!」=「また必ず恋をしてやる!」と。

 更に、2コーラス目の最後では「2人で出せなかった答えは 今度出会える誰かと 見つけてみせる」と新しい恋人とは絶対に幸せになってみせる的な強がりをブチかますのです。

 歌っているのが、草食系イメージのマッキーなので、それ程感じませんが、相当自分本位のワガママ男なのではないでしょうか。

 2コーラス目サビの「背中を思って 心配だけど」等と、帰りたくて迷っている彼女を心配するという上から目線も披露しています(笑)


 ところが、繰り返したサビの部分でこの男は本音を呟くのです。「本当に 本当に 君が大好きだった」と。

 その後に続く、もう恋なんてしないなんて言わないよ 絶対!」は1コーラス目とはちょっとニュアンスが違い、「もう強がらないから帰ってきて(´;д;`)」という意味なのではないでしょうか。

 「不満」→「強がり」→「上から目線」と続いた歌詞ですが、最後の最後に「本音」で終わっています。

 そう考えると1コーラス目の最初「君がいないと何にもできないわけじゃない」という二重否定「君がいないと何にもできません」の強い肯定だったのかなと、思ったりするのです。

 マッキー、恐るべしです(笑)



関連記事

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: もう恋なんてしない  槇原敬之  強がり  紅茶  二重否定 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク