3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

朝日のあたる道 AS TIME GOES BY 


 

 朝日のあたる道 AS TIME GOES BY 歌手:ORIGINAL LOVE 作詞:田島貴男

 歌詞はこちらで。

 1994年6月リリース、ORIGINAL LOVE6枚目のシングル。宮澤りえが出演した資生堂のCMソングとして起用されました。肩の力を抜いた軽快なリズムとチャイムを連想させるような鐘の音が心地よいナンバーです。

朝日のあたる道

 夏の夜明けに海へ向かって車を走らせているカップル。二人の間には、何か峠を乗り越えたかのような満足感(幸せ感?)が流れています。

 どことなく澄ます君と 新しい車で 海へ向かった

 前に夢見てた ことかもしれない 奇跡のよう

 恋人同士(あるいは夫婦)が二人で海へ出かける行為。ごくごく自然でありふれた光景なのですが、それがこの二人にとっては「夢のような奇跡」なのです。

 こんな当たり前の事も出来ない位、二人の関係は悪化していたと予想できます。


 ふと想う 過ぎた年月を しばらくぶりに君と 長く話し込み 夜が明けてく

 あの頃の想い 瞳の輝き 今もそのまま同じ


 お互い口をきく事すらなくなっていた二人。なにかのきっかけで話すタイミングを得たのでしょうか。夜を徹して長く話し込んで、お互いの想いが実は昔と変わっていなかった事に気付きます。

 恐らく気持ちが盛り上がり「夜明けの海を見に行こう!」と出かけたのでしょう。二人にとっては想い出深い海なのかもしれませんね。


 明ける 消え始めたを 引き連れて走るハイウェイ 前より優しい 君を乗せてる

 強すぎる風が 今は心地よい 夏のが明ける


 が徐々に消えて、白み始める。同じく二人のわだかまりも徐々に消えていきます。助手席に乗る彼女の顔を見ると「前より優しく」見えるのです。きっと晴れやかないい笑顔なのでしょうね。

 走る車に吹き付ける風も、笑顔の二人には心地よい夏の夜明けなのでした。


 いつの日よりも 今の君が一番いとおしい My Sweet Heart

 永く いつの日もずっと 今の君をこのまま愛したい My Sweet Heart


 このサビの部分は、男性の心の底から湧き出てくる想いなのでしょう。長い付き合いの中で色々あって、乗り越えたからこそ言える想いなのです。

 私はこの二人は結婚して何年も経った夫婦だと思います。永遠の愛を誓った結婚式の日に経ちかえり、これから先も愛し続けようという想い。あの日に流れていた教会の鐘の音。それが曲全体に流れるチャイムじゃないのでしょうか。

 そう、チャイムの音は原点回帰の象徴かと。


 明ける AS TIME GOES BY  明ける AS TIME GOES BY  明ける AS TIME GOES BY

 サブタイトルの「AS TIME GOES BY」。カサブランカでお馴染みのフレーズです。映画では「時は流れて」の訳でしたが、この曲では「時が過ぎても永遠に」という意味だと思います。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 朝日のあたる道  AS  TIME  GOES  BY  ORIGINAL  LOVE  田島貴男     
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。