3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


すばらしい日々 


 

すばらしい日々

 すばらしい日々 歌手:ユニコーン 作詞:奥田民生

 歌詞はこちらで。

 1993年4月、ユニコーンの8枚目のシングルとしてリリースされました。ユニコーンは約半年後に解散(2009年に再始動)、この曲が第一次活動期のラストシングルです。

 この曲を発表する前に脱退した、ドラムの川西幸一に対して奥田民生があてたメッセージソングだと言われています。

 確かに、昔からの仲間との関係性を描いてるように見えます。


 「離ればなれになった僕達 たまに会っても今は話題がない」

 昔の友だちの事を思い出した時に、その親密度が不思議でならない事があります。

 一緒に遊びに行ったり、笑ったり、泣いたり。それが当たり前の関係だったのに、ちょっと距離が出来て時間が過ぎると、どうしてあんなに自然に仲良く出来ていたのか、その時の自分の感情が思い出せない事があるのです。

 もちろん、その友だちとは仲たがいした訳でもなく、ただお互いの環境の変化で会わなくなっただけなのに。時間は意外と人と人の間に壁を作ってしまうものなんですね。


 「いっしょにいたいのは山々だけど とにかく今は時間がたりない」

 「人がいないとこに行こうよ 休みがとれたらならば」 

 時間が作ってしまった壁を取り除くには、同じく時間と場所が必要なのです。

 大人になってしまったら、どうしても仕事や家庭で制約ができて、お互い自由に会う事が出来ない。誰にも邪魔されない場所でちょっとだけ時間をかけて話せば、きっと昔の関係性を取り戻せる筈。


 すばらしい日々だ 力があふれて すべてを捨てて僕は生きてる」

 「君は僕を忘れるから すぐにその頃には君に会いに行けるはずだ」

 「全てを捨てながら力いっぱい打ち込む毎日はすばらしい日々だ」と自身の生き方を肯定しながらも、「そんな僕とは違う生き方を選んだ君には、わだかまり無く自然体に会いに行けるに違いない」と歌っているように見えます。

 奥田民生が川西幸一へあてたメッセージソングとするなら、以上が私の勝手な解釈です。


 しかし、この曲はユニコーン解散する奥田民生がデビュー前の自分にあてたものであるという説もあるらしいのです。

 そうなると「君」はすべて昔の自分。会って話がしたくても、話題もなけりゃ時間も足りないというのは、自分と向きあえる余裕がないという解釈ができます。

 「君は僕を忘れるから すぐにその頃には君に会いに行けるはずだ」

 紆余曲折、自分を忘れそうな時は、昔の自分に会って「原点回帰」するのも一つの手だよというメッセージだったのでしょうか。



関連記事

category: 90年代前半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: すばらしい日々  ユニコーン  奥田民生  解散  原点回帰 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク