3次元で歌詞を読む

曲の歌詞の持つ意味を自己流で深読みして解釈しています。


スポンサーサイト 


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

九月の雨 


 

 九月の雨 歌手:太田裕美 作詞:松本隆

 歌詞はこちらで。

 1977年9月リリース、太田裕美9枚目のシングル。彼女にとって「木綿のハンカチーフ」「赤いハイヒール」に次ぐ3番目のヒット曲。また2015年時点で、オリコントップ10入り最後の曲です。

九月の雨


 舞台となっているのはタクシーの中。恋人の元へ向かう為に後部座席に座っている女性の心の移り変わりを描いた歌詞だと解釈できます。


くちびる噛みしめタクシーの中で あなたの住所をポツリと告げた

 1番のBメロのフレーズです。彼女は運転手に行先として恋人の住所を告げていますが、それは噛みしめた唇からやっと出た言葉のようです。という事は彼女は恋人の元へ向かう事を躊躇していたのではないでしょうか。これから目にするであろう現実を避けたいという気持ちがあったのかもしれません。

 その現実とは、2番のBメロに記されています。

さっきの電話であなたの肩の 近くで笑った女(ひと)は誰なの?

 これを確かめる為に彼女は恋人の元へ向かうのです。「確かめたいけど、現実を突き付けられたくない。彼の事を信じたい、でも本当はどうなのだろうetc.」 雨が降る中で彼女には色々な思いが次から次へと湧いてきたのでしょう。そしてようやく決意して停めたタクシー。乗り込んだ彼女は心も体も雨に打たれてずぶ濡れだったと思います。

September rain 九月の雨は冷たくて

September rain 想い出にさえ染みている

 タクシーに乗り込んだ時点での彼女の心境です。心にも体にも打ち付ける雨は彼女に冷たかったのです。それが2番になると少しニュアンスが変わります。

September rain 九月の雨の静けさが

September rain 髪のしずくをふるわせる


 1番で「冷たい」といっていた雨が、2番では「静けさ」が強調されています。これは彼女がタクシーの中から見た風景“雨に濡れた公園の椅子”が関係してると思います。椅子は彼女にとって彼との思い出の象徴。それにベールを掛けるようにしっとりと濡らす雨。彼女は思い出が遠ざかるような「無」に近い静けさを感じたのではないでしょうか。

 そして、1番、2番でざわついていた彼女の心が3番になると別の顔を見せるのです。

季節に褪せない心があれば 人ってどんなに倖福(しあわせ)かしら


 電話の向こうで別の女性と一緒にいるかもしれない彼。その事実なのか勘違いなのかを確認する為にタクシーに乗った彼女。でも、このフレーズからは諦めたような気持ちが見え隠れします。彼が時間の経過で心変わりしてしまった事を認めてしまっているのです。雨に対するニュアンスにも変化が。

September rain 九月の雨は優しくて

September rain 涙も洗い流すのね

 今度は「優しくて」と表現しています。最初は現実を突きつけてくる「冷たい」存在だったのが、自分に冷静な心を取りもどさせる「静か」な空間を作る存在に。そしてここでは立ち直るきっかけを作ってくれるかもしれない「優しい」存在に変わっています。

 そして前向きなフレーズが続きます。

愛が昨日を消して行くなら 私明日に歩いてくだけ


 私の想像ですが、彼女は結局、ここでタクシーを降りたのではないでしょうか。雨に濡れながら歩く様子が目に浮かびます。彼女が向かうのは彼の元ではなく、明日なのです。そのシーンを想像させるのがラストのフレーズです。

September rain 九月の雨は冷たくて

September rain 九月の雨は優しくて


 「冷たさ」「優しさ」は表裏一体。どちらの側面も持ち合わせている雨。どちらに感じるかは人間の気持ち次第なのでしょう。


 余談ですが、このようにまったく逆の意味を並べる手法、同じ松本隆作品、松田聖子の「小麦色のマーメイド」の中の“好きよ 嫌いよ”というフレーズでも使われています。人の心のうつろいやすさを表現する高度なテクニックだと思います。



ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: 九月の雨    太田裕美  松本隆 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

みずいろの雨 


 

 みずいろの雨 歌手:八神純子 作詞:三浦徳子

 歌詞はこちらで。

 1978年9月リリース、八神純子5枚目のシングル。シングルセールス60万枚で彼女をメジャーへと押し上げました。

 スティービーワンダーを意識したであろう躍動感のある16ビートとサンバホイッスル。これが切ない歌詞とは不釣り合いと思いきや、聴きこんでいると不思議な事に曲の主人公の女性の鼓動に感じてくるのです。

 八神純子の緩急をつけた歌唱力のなせる技だと思います。恐らく彼女以外の人間には歌いこなせない曲ではないでしょうか。

みずいろの雨

 16ビートのリズムが主人公の女性の激しい鼓動に感じると書きましたが、彼女が今相当なプレッシャーに晒されているからです。それが分かるのが1コーラス目のAメロ部分。

やさしい人ね あなたって人は 見ないふりしていたの 私のあやまち

ひとときの気まぐれ 通りすぎるまで 忘れてよ 忘れてよ 愛したことなど

 「私のあやまち」…彼女は恋人を裏切ってしまったのでしょう。「ひとときの気まぐれ」という様に、つい魔が差した浮気だと思われます。それを見ないふりしてくれた彼。その優しさが彼女にとってのプレッシャーになっているのではないでしょうか。

 その彼の態度を彼女はどうしても受け入れる事ができなかった。それが分かるのが2コーラス目のAメロです。

とがめる言葉なら素直に聞けたわ ほほえんでいただけのなつかしい日々

傷ついたその分 淋しい目をしてた もどれない もどれない あの日の二人には

 見ないふりをする彼の優しさに対して、逆ギレしてしまったのではないでしょうか。むしろ彼女にとっては責められた方が気分的に楽だったのでしょう。何も言わないその態度は、返って彼を傷つけてしまったことが浮き彫りにされて彼女を苦しめているように見えます。


 あやまちを犯した彼女を責めない優しい彼。表面上はそう感じても、実はもっと根深いものがあるのではないでしょうか。

 この彼はあえて何も言わない事で、彼女が自責の念に駆られるように追い詰めているようにも見えます。優しいようで実は物凄く冷酷な男性ではないかと思うのです。

 彼女はその事に気づいていて、もがき苦しんでいます。それこそが彼女のハートを16ビートのリズムのように激しく揺り動かしているプレッシャーの正体なのでしょう。


 彼女の肩に降り続く雨は一見ピュアなみずいろに見えても、降り続くうちに体を冷やし、心の結界をも崩してしまう怖さを秘めています。表面的に優しく見える彼も心の奥に同じような怖さを秘めている事を彼女は分かっているのです。


 実は男女間の怖い駆け引きを綴った歌詞であるという解釈ですが、考えすぎでしょうか。


ランキング参加中。ポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 70年代後半

thread: 歌詞 - janre: 音楽

tag: みずいろの雨  八神純子  三浦徳子  あやまち  浮気  優しさ  冷酷 
tb: --   cm: --

△top

関連コンテンツ

 

△top

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。